2024年2月28日 (水)

谷釜尋徳「スポーツの日本史」吉川弘文館

Publishはlast  October  224ページで 📖体価格は1700円

著者は 1980年に🗼で生まれて 現在は東洋大学法学部の教授です 法律じゃないのかなぁ ここ数年で出してるのが 江戸のスポーツ歴史事典とか ⚾️と日本人 江戸の旅人 とか江戸の女子旅って

相撲や蹴鞠 外国から伝来したものに独自の工夫をした ⚔️は入っているのかニャ いやこれはsamuraiの文化だと思うけど 

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

本庄総子「疫病の古代史」吉川弘文館

Publishは last  Julyです 216ページで📙体価格は1700円

著書は 1982年 京都府生まれ 現在 京都府立大学文学部准教授 🏥ではないのねぇ 大宝2年戸籍 とか 律令国家とか 歴史がご専門なんでしょか

単なる自然災害? 社会構造の問題? 疾病対策 そういえば 奈良時代には 天然痘が流行しましたよね 遣唐使も派遣されていたから 海の向こうから色んな Virusが🇯🇵に来たのかも

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

平野多恵「おみくじの歴史」吉川浩文館

去年暮れに出た📘です 282ページで本体価格が1900円

👩ですが1973年生まれと・・・富山県出身で 現在 成蹊大学文学部教授

吉とか凶とかには惑わされないで と言われますが ヤッパリ機にするよねぇ いつから始まったのかとか 作っている舞台裏 何度引いてもいいのか?とか 昔は神社仏閣が今のtheme park みたいなものだったし entertainment  なのかねぇ 🎢

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

岸野久「中国を目指すザビエル」吉川弘文館

Publishは last  December  288ページで📗体価格は9000円です

著者は 1942年 🗼生まれ 元桐朋学院短大の教授 1988年に岩波で イエズス会と🇯🇵  1998年に吉川で ザビエルと🇯🇵  2015年には同じく吉川から ザビエルと東アジア を出しておられます

布教って結局は 文化・魂への侵略ですからねぇ これに対して反感を持つのも当然で 🇨🇳で急死 まぁ 推測でモノ言うのは控えますが 今の communist  administration  は宗教を 麻薬みたいなものと考えてますから accidentとかに見せかけて 😆

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

今枝愛真「道元」吉川弘文館

去年11月に出た📕です 224ページで本体価格が2200円

著者は1923年に静岡県に生まれ 東大の名誉教授 興隆寺の住持 住職とは何が違うんだろぉ 🫨 2010年にお亡くなりです

只管打坐 正法眼蔵 といったkey word  う〜ん ワープロに出ませんねぇ ⚔️の道でも禅との関わりが 自力本願 の重要性が説かれるのは 鎌倉時代だけでなく 現代でも変わらない 自助努力 とね

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

高島正憲「賃金の日本史」吉川弘文館

去年8月に出ました 320ページ 📖体価格2000円

著者は 1974年 大阪府の生まれ 現在 関西学院大学経済学部の准教授 ご専門は 経済史になるのか🐈

正倉院の賃金記録から明治の職人までの記録を元に 生活水準との関わりを分析 🍔で各国の比較も こんなとこかなぁ こちらは🕰️軸で・・・

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

高柳友彦「温泉旅行の近現代」吉川弘文館

last  Novemberにpublishされた📙です 236ページで本体価格が1700円

著者は 1980年 🗼生まれで現在 一橋大学大学院経済学研究科の講師 ん?ストレートに学究の道を歩いたのか? それとも JTBとかを経たのか ニャー 2021年には東大出版会から ♨️と経済史 資源管理や地域経済という視点で・・・

江戸時代からコロナ禍まで 旅行形態 費用感 交通・情報インフラの変遷を取り上げています 迎える側の対応にも ところで 自分の🏡にいながら温泉に入った気になれるvirtual  tour  温泉の素ってどう取り上げているんでしょうかぁ 😇

 

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

乾淑子「着物になった〈戦争〉」吉川弘文館

last  Novemberにreleaseされた📘です 272ページで本体価格は1800円

著者は 山梨県出身 元東海大学国際文化学部の教授です 着物のデザインから 社会的背景を読むというviewpoint  近代史や美術史も絡めて 過去の著作には 戦時下の暮らし とか 戦争画としての🍑太郎の着物 といったものも・・・

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

牛米努「明治の地方ビール」吉川弘文館

last  Novemberにpublishされた📗であります 272ページで本体価格は3800円

著者は 1956年 福島県のお生まれで 日大大学院の博士課程単位取得退学 それから税務大学校の租税資料室の研究員 すると🍺の税がご専門なのねぇ 現在は明治大学や立正大学で非常勤講師を

🇯🇵各地の醸造所と銘柄の一覧があります 福岡県では 桜ビール だって アサヒビール・サッポロビール・ヱビス そして🦒も 前身はここからなんでしょうかぁ

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

兒玉州平・手嶋泰伸「日本海軍と近代社会」吉川弘文館

last  Novemberにpublishされましたぁ 318ページで本体価格は1万円 📕

兒玉先生は 1980年 🇺🇸生まれで 現在 大阪経済大学の准教授 手嶋先生は 1983年に宮城県お お生まれで 龍谷大学の講師

軍事史のみならず 国際関係や政治・経済など多面な角度からnavyを解明しようとしたそうで ところで 🚽というviewpointは あるのかニャー 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧