2018年5月18日 (金)

運輸と経済 2001年1月号

二拾一世紀最初のものとして まっ 交通と直接関係内のも多々 モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

120306_120206_m興味深いのは 戸崎先生の航空法改正くらいなものか・・・ 経済的なものだけでなく テクニカルなものもね でも文系ですから (・∀・)ニヤニヤ

山口先生は鉄道の上下分離 そして大阪市立大学の文学部の先生が ターミナル文化のリノベーション 地元の阪急電鉄からはじまって 都市は住民のみならず 一時的に滞在するツーリストのものでもある・・・と (* ̄0 ̄)ノ

海外トピックスでは ルフトハンザが鉄道との複合輸送による航空貨物をやっているということ これはスイスによるアルプスのトラック通行規制とかかわりが フランクフルトとイタリアの間で φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

運輸と経済 2000年11月号

2000年のものはここまで・・・そうそう 何回か前の論稿に 書いていたらよく似たものがあったと でも発表する異議はと書いていたのが どうせ せっかく書いたのにもったいない というのが (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

九州の鉄道 ローカルとグローバルはJRの石井会長と九州大学副学長の矢田先生の対談です そして地域交通に関する有識者 これは三回で完了 (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

131102_115440_m日本の路面電車の経営状況 これは日本政策投資銀行の方が 経営支援策でくくっておられますが ということは ご商売の一環ということですなぁ * ´З`)σ

フランス国鉄グループというのは 運輸調査局の方 1937年に五つの私鉄が統合したんだそうな (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

運輸と経済 2000年10月号

巻頭では 勝利をもたらす敗北の認識 まっ オイルショックを乗り切ったというのは勝利でもなんでもないと この文章を自虐と捉えるかどうかはまぁ (・∀・)ニヤニヤ

150101_133642座談会は 人口減少社会の展望 藤井・清家両先生はノックアウト義塾 なぜ少子化になったのか 女性の社会進出 子供を持つことのメリットとデメリット でも 経済学者にかけている視点 幼い女の子にしか興味もたなくなる男が増えた これは社会学かな 心理学かな モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

二十世紀の総括では 日通総合研究所の塩畑氏が物流に関して 二年前とそれほど・・・ 柳田邦夫を引き合いに鉄道の旅と「風景の窓」なるもの そして 明治大学の戸崎先生が 航空シャトルのことを このころでしたねぇ でも新幹線とのバトル結局どうなったんだろ あとはオーストラリアの鉄道 パリでiCカード導入とかドゴール空港に鉄道が乗り入れることが決まったとか φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

運輸と経済 2000年9月号

巻頭では岡野先生が 道路運送法改正で関西のタクシー事業者が 法案つぶしを働きかけていたと・・・ いったい何方に金を渡したんでしょうねぇ 東京武道館第八審査場で六段もらった方かしらぁ (・∀・)ニヤニヤ

座談会は 車社会の鉄道維持・活性化策で 群馬県 上毛電鉄 沿線の自治体トップが・・・ 角本先生が都市交通 香川大学の井原先生が四国の観光など φ(・ω・ )メモメモ

140330_115629_m榊原先生による新世紀へ向けての航空輸送の課題 国内では新幹線とのバトル 機材の小型化が・・・確かに →は 国際的には 海運のように 飛行機も便宜的に他国に・・・これはどうもカポタージュともからむんですけど 超音速と超大型は ううううん コンコルドの後継まだだし エアバスのA380も頭打ちの観が モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

アメリカの航空産業における通信手段の発達と反トラストは コンピュータ予約システムの法律的な問題を取り上げています あとはオーストラリアの鉄道とかも ´ω`)ノドモ

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

運輸と経済 2000年8月号

巻頭ではJR九州の石井海峡が 二十一世紀の鉄道への三つの視点 すなわち情報化 大競争 これは旅行に消費者をどうひきつけるか いろんなものとライバルにということで そして 国際化 鉄道って とくに日本は国内に「ひきこもり」になりがちなのよね ι(´Д`υ)アセアセ

座談会は 交通規制緩和と競争政策 法学部の先生一人を経済系の三先生が寄ってたかってというか まぁ 独占禁止法とのからみですなぁ 結局 スカイマークの参入に対して既存大手がやった対抗値下げをどう解釈するのかが (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

220pxflorence_2009__0952イタリアの鉄道 というのを財イタリア大使館の一等書記官の方が・・・ この人 鉄チャン外交官なのか 運輸省から出向なのか それはなんとも 東京商船大学の寺田先生はフィンランドのバス規制緩和を 山口大学の沢先生は二十一世紀に向けての自動車交通行政 欧米依存云々で じゃぁ 日本独自は・・・ 結びの大方の批判 ってたぶん (・∀・)ニヤニヤ

エアラインにおける顧客サービス これはシンガポールです 日本地区の広報担当の方が・・・ 1972年に設立された当初は 707と737 15機からスタート 機材はできるだけ若くして・・・ あっ 失敗例もあげておられます 歌手を乗せての機内ライブ エンジンの音があまりに大きくて スロットマシン これは故障が相次いで・・・だって (=´Д`=)ゞ

あとは ローカルバスとして 浜松のオムニバスタウンに東急トランせ 上海の交通ネットワークでは ふうん 上海鉄道大学ってのもあったんだぁ (o・ω・)ノ))

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

運輸と経済 2000年7月号

Koala座談会は むしろ対談かのぉ 四国旅客鉄道の会長と 香川大学の井原先生 ふうん四万十川が清流として全国に名がとおっているけど 地元の人は穴場が・・・だって (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

スイスと公共交通 この国は以外に鉄道が 面積は日本の一割強なのに 鉄道は5000キロ 日本の二割程度 だからツアーでも・・・かな アジアにおける港湾とかいうん シンガポールと香港は 東京・横浜・神戸を束にしても約三倍 プサンがほぼ同じ・・・これでは (;´д`)トホホ…

城下町金沢 ここは江戸時代の旧市街と 新しい町とのつながりかたが問題のようで マイカーの都心乗り入れをストップしてバスに キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

ドイツと観光 同じ経済大国なのにどうして日本とこう違うのかなぁ と┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

運輸と経済 2000年6月号

座談会は 鉄道旅客輸送の動向と課題 JR東日本 西日本 九州から・・・ いかにして 子殿のときから鉄チャンにしてしまうか・・・ということが必要 という結論にsmile

有識者によるシリーズは六回で完結 東北・北陸と東京の社会的距離に関する考察 これはまた telephone faxtoとの関連性ですね でも 新しく参入した会社がデータ好評にあまり協力的でなくて・・・というのがネックに だってさ

山口大学の澤先生 福岡大の博士課程の学生は 元ゼミ生かにゃ heart03 競争化における地方空港の課題 山口宇部は当時全日空の単独で 特定便割引では 福岡に比べて 冷たく扱われ・・・つまり割引率が小さいとか もしかしたら 割引適用の座席割合も低く その推測はたぶんあたっているんだろなぁ・・・ で 先生自身が宇部じゃなくて 新幹線で福岡空港まで行ってたんだってさ

路面電車については 広島電鉄の方が・・・ carの起動内乗り入れが提示運行のネックになっていたというのは 警察に交渉して再度・・・ 新型車量の導入とかも 

東日本国際大学 そのどこにあるのぉ 福島県のいわきだって 石炭産業の衰退で観光に とりあえず 温泉とかでなんとか でアクセスは 常磐線の列車は不便で マイカーが七割と thunder

ほかには fujiの北側の観光とか マレーシアのリゾート アメリカの高速列車アセラが好調というのも 六両の客車を機関車が前後に 一両がビジネス 一両がカフェ専用なんだって

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

運輸と経済 2000年5月号

180314_124848座談会は 技術革新と交通 山之内秀一郎氏に森谷氏の対談みたいな感じ 経済学の岡田先生は何のためにいたのかわから・・・ m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

で 二十一世紀への交通課題に JR四国の営業 特急も利用できる定期券が意外に好評だったとか 四国新幹線の期待はフリーゲージなんだけど それがねぇ あと 高知空港連絡鉄道という構想もあったけど (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

広島大の奥村先生は 情報通信手段の発達と都市間交通という論稿を・・・ これは電話などの通信があって 交通につながるという考え方 地域間の通信と交通の流動が比例しているのではないか という仮説です まぁ確かに でも固定電話を前提でデータ分析してても もうネットや携帯にシフトしていたからなぁ モジモジ(。_。*)))

角本先生が 車と道路からみた二十世紀の東京 あらぁ 鉄道だけではないのねぇ 1930年時点で 車は2万7000台 それで死者300人 最悪だった1960人が1100人くらいなのでこれは モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

運輸と経済 2000年4月号

巻頭では法政大学の今橋先生が 二十一世紀への課題という一文を やはりインフラの問題「橋をいつかけるの?」「今でしょ」なんて趣旨ではございません m9(^Д^)プギャー

131119_122830_mその交通課題は 座談会 有識者と続きます それから JR吸収の営業戦略 都市間や都市圏 ちょうど福岡に若者が出てきて楽しむという「かもめ族」の時期ですなぁ まだ←豪華列車は意識してないし 新幹線も八代・鹿児島までもう少しといったところ モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

東名高速道路の長期的動向 高速道路調査会の方が・・・ 1979年の日本坂トンネル事故はやはり影響しているけど 事故直後に料金値上げもしていたのねぇ また普通車から軽自動車を分けたら利用が増えたとも ´ω`)ノドモ

140330_115629_m航空再編をめぐる現状と論点 これは明治大学の戸崎先生 国際的にはアライアンスが そしてインターネットによる代理店中抜き 羽田の発着配分の問題 カボタージュ解禁 これは外国企業にも国内線をということ 認めては?という論調ですが 現在も実現してましぇーん あと日本は大型機の比率が高く ←を30%も 英・仏は一割 アメリカなんか4%しか その一因に 大型機ほど乗務手当が高いという指摘もされてます 組合との関係がここにも ( ゚д゚)ポカーン

そして山口昌弘先生が 規制緩和後の参入規制の性質 憲法の 経済活動の自由と 公共の福祉のバランスってことですなぁ 

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

運輸と経済 2000年3月号

巻頭で藤井先生が 少子均衡社会と交通市場という一文を 投資の問題がやはり・・・ ノックアウト義塾の経営は ブランドと卒業生の母校愛が通用する限り m9(^Д^)プギャー

150530_122352座談会は 鉄道を考える 社会文化論の視点から 人文科学の先生方によるものです ヨーロッパでの馬車が鉄道へと それで移動空間での過ごし方が問題に 貴族の人たちは 読書ということで そして現代人は ネットの世界に あと興味深かったのは 柳田邦夫が昭和初期に飛行機にのってそれで 民俗学のヒントを得たこと 当時は低空を飛んでいたし 鉄道もまた それが新幹線となってしまったら もはや ((ノ)゚ω(ヾ))

JR北海道の顧客の志向と営業展開 都市間の特急はスピードアップしたし 札幌都市圏でまぁ しかし 新千歳空港アクセスの件まで 筆が回らなかったので 別の機会があれば・・・と その機会は来ましたかな (-.-)zZ

地域レベルの都市交通研究者の生態 まっ 大学と地域とのかかわりをどうすべきが いろんな先生方が悩んで折られたんですなぁ モジモジ(。_。*)))

物流における大型トラックの役割 これは国際会場コンテナ輸送とのからみですが 日本の道路インフラは貧弱で 港と荷主企業のアクセスで苦労しているということ 通れる道が限られていて遠回りしないといけないとか コンテナの重量制限クリアのために 港で一部を積み下ろしでコストアップになっているとか (ノ_-。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧