2017年7月24日 (月)

水沢光「軍用機の誕生」吉川弘文館

250pxjapan_airlines_boeing_787846_d一月に出たもので 208ページ 本体1800円 日本の陸海軍の飛行機開発の話です (*゚∀゚)=3ハァハァ

著者は 1974年生まれで 中央大学の講師 商学部 まっ 飛行機マニア ですよね ( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日)

田崎信雄「日本陸軍の対ソ謀略」吉川弘文館

二月に出たもので 216ページ 本体価格は 2800円 日独の防共協定の役割とかが pencil

著者は1953年生まれ あらぁ ビーはー総理の母校で bleah

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

石井元章「明治期のイタリア留学」吉川弘文館

一月に出たもので 344ページ 本体価格は3400円 芸術の分野のようで art

著者は 1957年生まれで 大阪芸術大学教授 やっぱり smile

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

西田友広「悪党召し取りの中世」吉川博文館

二月に出たもので 228ページで本体価格2800円 歴史でも習ったけど 悪党といわれる人たちの取り締まりの話 bleah

著者は1977年生まれ 灯台の飼料編纂研究上で 助教なんだって pencil

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

海野聡「古建築を復元する」吉川博文館

2月に出たもので 272ページ 本体価格 1800円 平城宮 四天王寺 登呂遺跡などが取り上げられています book

著者は1983年生まれで 奈良文化財研究所の研究員だそうです happy02

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

吉川博文館「れきはく」

五巻シリーズで九月から 一巻86ページでオールカラー 1000円 小中学生向けだとか schoolの図書館とかに そろえてもらおうという魂胆ですかねぇ

国立歴史民俗博物館によるものです flair 

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

刑部芳則「明治をつくった人びと」吉川弘文館

四月に出たもので 362ページ 本体価格が 3400円 宮内庁所蔵の 1000人あまりの 肖像写真だって coldsweats02

著者は 1977年生まれで 中央大学で学び 今は日本大学で教鞭を eyeglass

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

城倉正祥「デジタル技術でせまる人物埴輪」吉川弘文館

千葉県の九十九里から出土したものを取り上げています 208ページ 本体価格 2700円 book

著者は 1978年生まれ となると こういうものは smile 早稲田で博士 そして 准教授に

| | コメント (0)

吉浜忍「沖縄の戦争遺跡」吉川弘文館

六月発売です 296ページで 2400円 沖縄戦から七十二年たって 記憶を風化させないためというのが出版の目的だとか despair

著者は 1949年に宮古島で生まれて 大阪教育大学に 高校教員を経て 沖縄国際大学の教授に eyeglass

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

林裕「紛争下における地方の自己統治と平和構築」ミネルヴァ書房

四月に出たばかりです 256ページ 本体4500円 1972年に福島県で生まれて中央大学 ナイジェリア大使館に勤務したり 灯台大学院に行ったりして 今は関学 book

アフガニスタンがメインテーマになっているようです heart01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧