« Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) | トップページ | Today’s. Fukuoka. Clear ^o^ »

2024年5月14日 (火)

日本交通学会「交通学研究:67号(5)

中央大学の中村彰宏教授と後藤孝夫教授 それにknockout義塾の中村知誠助教のトリオで 自動運転車両に対する安全面での受容性と社会変化 多分これから先の🚗に関する研究の先駆けとなるんでしょうなぁ 中央台の共同研究projectで after コロナにおける交通と通信の相互依存の学際的研究なるものの成果だそうで アンケートを行って 自分が乗るより 大切な人(家族とか)が乗る場合に より高い安全性を求める という結果が得られたそうで・・・それと支払い意思では 現在と同程度の安全性 が最も多い 今後の研究課題としては 他の車両と混在する現実の道路状況や 死傷事故 だから この先 実際に走って でしょうね〜

名古屋大学の院生 落合真由さんと 研究員の松原光也氏 市職員を対象としたノーマイカーデー施策の効果と影響要因の検証 岐阜県飛騨市での事例ということで ここは⛄️が降りますよねぇ🚍や🛤️の便は? こういった情報提供が協力意思の強化に多少は資するけど 仕事能率⤴️という成功体験がヤハリ必要 という結論かな

運輸経済研究所の5人組 代表として榛名史久主任研究員 地域特性が異なる各地域のデマンド交通の事例における利用者増加をもたらした要因んらび課題について メチャ長いtitleだわ😂 日本財団に💰を援助してもらい 高齢者等の移動手段確保策に関する研究 とisて行った となると 大都市・地方都市・過疎地の3categoryでは やはり過疎areaが・・・これも集落の分布とか商業施設などとの位置関係とか 綿密に調べる必要があると

そして学会賞なるものが2点に 一つは 「交通学研究」66号 中村知誠氏の 維持管理における近隣効果の分析 bridgeというインフラ問題に心惹かれた会員が多かったようで もう一つは去年2月に出た「運輸政策研究」 山本卓登氏 不採算🚌路線に関する特別交付税措置に性質とその問題 これも各地で問題になっているlocalの🦵確保の問題です

|

« Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) | トップページ | Today’s. Fukuoka. Clear ^o^ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) | トップページ | Today’s. Fukuoka. Clear ^o^ »