« Today is Mother’s Day. Rainy (@_@) | トップページ | Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) »

2024年5月13日 (月)

日本交通学会「交通学研究」67号(4)

福井県立大学の山本涼平准教授 🚅と在来線の競合と共存の可能性に関する研究 沿線地域ですのぉ😸 これも研究💴を若手研究者支援を利用して・・・Pocket  moneyなんてとてもじゃないけど というか研究報告するために学会に1万円納付だそうな 30年くらい前は必要なかったとか で・・・結論は 並行在来線での 特急連写存続はlocal  trainのserviceを⤵️させるので 結局は特急を🔚ということ Thunder  birdも しらさぎ もなくなって地元から😡の声はあるけど

流通経済大学の眞中今日子准教授 青森公立大学の橋本悟教授 中央大学の後藤孝夫教授のトリオ 乗り換えを考慮した航空と高速鉄道の競争関係に関する分析 例えば 福岡〜仙台だと 直行する🛩️か 東京駅で「はやぶさ」「のぞみ」をリレーするか 💰や⏰などを考えると・・・ それで やはり🚅乗り換えの有無で✈️が直行による需要取り込みにsuccessするであろうとの結論が 一方で航空側での乗り継ぎ 例えば 福岡〜中部〜仙台vs東京駅乗り換えでのbattleは考えてなかった と反省の弁が

関西大学の 井ノ口弘明准教授と秋山孝正研究員 徳島大学の奥嶋誠嗣教授の3人組による 都市高速道路の時間帯別料金の実証的な設定方法についての研究 これってデジャ・ビュなimpressionがあるんだけど💦 阪神高速をfieldにしたと思いますが Σとか見た日にゃ もうついていけない😪 で・・・現行の同一料金でも変わらないんでは? と読み取れるような結論でした 阪神エリアでの 🚙 🚌 🚚の交通量って Tokyoに比べたら・・・  時間帯別に細かくする手間の法が・・・だったり

慶應義塾の助教 中村知誠氏 訪🇯🇵旅客の消費単価と地方周遊の関係 inboundというUP  to  dateなThemaで 科学研究費をもらったようですねぇ そしてWebでアンケートを実施 回答者に🎁はしましたかぁ? そのための💸が必要ですけど conclusionは 消費単価は旅客の所得⤴️に比例 滞在期間が長いと増加 羽田・成田・関西から入国する人が周遊するほうが効果が高い local空港利用者はマア・・・ で課題として 周遊エリアの定義 周遊といっても限られていることもあるし そして物価の地域差 というのも今後の研究課題だと 

 

|

« Today is Mother’s Day. Rainy (@_@) | トップページ | Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Today is Mother’s Day. Rainy (@_@) | トップページ | Today's Fukuoka. Clear. but windy (・・;) »