« 日本交通学会 2005年交通学研究(2) | トップページ | 日本交通学会 2005年交通学研究(4) »

2020年5月26日 (火)

日本交通学会 2005年交通学研究(3)

岐阜大学のコンビが  交通均衡分析を用いた都市高速鉄道の対距離料金制度の研究  阪神高速を想定して  数式とかがいろいろ😓

愛知大学のコンビが  中京圏の国内外輸送は効率的か?  物流それも名古屋港を  分析対象として・・・  中部空港は出来たばかりだもんねー  👓

運輸政策研究所の方は  国際拠点空港における臨空物流基地の展開に関する研究  賃貸価格で見ると  成田が1平方メートルの年額が800円  関西空港  3000円  中部は3700円  ソウルと上海が1000円程度💦  シンガポール  2100円だって

東京海洋大学の遠藤先生  航空輸送産業における海外進出に関する規制緩和と企業行動の考察  ヨーロッパにおける状況ですね  🇬🇧  🇩🇪の企業がアグレッシブに・・・

|

« 日本交通学会 2005年交通学研究(2) | トップページ | 日本交通学会 2005年交通学研究(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2005年交通学研究(2) | トップページ | 日本交通学会 2005年交通学研究(4) »