« 日本交通学会 2009年交通学研究 | トップページ | 第二波なのか・・・ »

2020年5月29日 (金)

日本交通学会 2009年交通学研究(2)

自由論題のトップバッターは  は関西大学の2人に徳島大学を加えた3人組  ハイブリット車の普及を考慮した都市道路網の環境政策評価  統一テーマの一環ではあります  京都がフィールドなのよねー  🤓

東大の公共政策大学院の2人組  ん❓  一人は統一テーマの  国土交通省と同一人物だぞお  中央リニア新幹線導入が経済と環境に及ぼす影響  数式がいっぱい・・・  ✈︎への影響ですね

拓殖大学のコンビは  🇯🇵🇺🇸の物流大賞からみた物流改革最前線 コレも環境に主眼を置いてマス

JR東日本コンサルタンツの方が  鉄道の上下分離に関する分析を  とりあえず数式はなし  事業者間競争のない第1グループが 🇻🇳  インドネシア  チュニジア  競争のある第2グループは  🇸🇪  🇬🇧  🇩🇪 🇫🇷  🇦🇺  旅客・貨物を分離した第3グループ  日本のJR貨物  アメリカのアムトラック  イラン  長期コンセッションの第4は  メキシコ  だって

 

|

« 日本交通学会 2009年交通学研究 | トップページ | 第二波なのか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2009年交通学研究 | トップページ | 第二波なのか・・・ »