« 連休最終日 | トップページ | 日本交通学会 2001年交通学研究(6) »

2020年5月 7日 (木)

日本交通学会 2001年交通学研究(5)

愛知大学の二村先生  貨物自動車の経由消費に対する重課税の効果  なんだか🚛がトレンドになってますのう  環境問題も・・・  そして数式が

野村総研の方が環境保全のインセンティブ機能を念頭においた自動車関連税制の検討  これも数式でアタマが痛い😓  自動車と環境問題という点では  この年の流行り

岐阜大学の2人組  渋滞シミュレーションを用いた都市高速道路の混雑料金に関する実証的分析  数学的センスが必要なのは同じく均一料金から⏰
によって料金を変えるという検討が始まっていたのね

専修大学の太田先生と三菱総研の2人組の共同  交通データによる景気動向の短期的予測  これも数学の世界  ところで昨今のコロナによる急激な↘️  こういうのって  不連続  とかいうんデス

|

« 連休最終日 | トップページ | 日本交通学会 2001年交通学研究(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休最終日 | トップページ | 日本交通学会 2001年交通学研究(6) »