« 日本交通学会 2000年交通学研究(6) | トップページ | 全ての緊急事態宣言が »

2020年5月25日 (月)

日本交通学会 2005年交通学研究

慶應義塾で  観光と交通を統一テーマに・・・  まず会長の公園  交通研究が抱える問題  大学のカリキュラムで  難解なものが切られる傾向にあること  というか✈️や🚃が好きなデッカイ幼稚園児  ならば  数式の羅列は地獄以外何物でも・・・

奈良県立大学の麻生先生  閣下と関係あるのかな???  ストック消費と観光旅行需要  所得であるフローから  資産であるストックに移行しつつあることを述べておられます

国土交通省の総合政策局  貨物流通局なんだけどね  訪日外国人観光客の行動の把握手法  アンケートをやってですね  🇰🇷からは福岡の人気が・・・  他の国は  東京・大阪なのよねー

専修大学の太田先生は  ツーリズムサテライト会計  まあ数式はありませんが  企業会計というところですかねえ  👓

慶應義塾の中条先生と  共栄大学の方  観光立国への疑問  外国人の関心は  伝統文化よりも買い物とかモダンなもの  そしてマイナス面を色々と  それはコロナのいまを  予見していたのかも  さすがに  感染症リスクは💦  文系だもんね・・・

|

« 日本交通学会 2000年交通学研究(6) | トップページ | 全ての緊急事態宣言が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2000年交通学研究(6) | トップページ | 全ての緊急事態宣言が »