« 日本交通学会 2000年交通学研究 | トップページ | 日本交通学会 2000年交通学研究(3) »

2020年5月23日 (土)

日本交通学会 2000年交通学研究(2)

北海道大学の佐藤先生ほか2名  ニセコ・洞爺湖における空港立地計画  どうせこじつけで  不要不急エアポートを作ろうというものの  お先棒担ぎ    言い過ぎたかな💦

神戸商船大の松本先生  国際航空分野におけるハブアンドスポーク   まずソウルが・・・  ノースウェストが成田を アジアと🇺🇸の中継地にしてることに触れたけど  今は✈︎の性能アップでダイレクトになっているんだよねえ  そして  アムステルダムが🇬🇧の地方都市からのハブになっている事にも

のちに色々と報告されている手塚さん  この時は一橋大学の院生  株式市場に見る経済的規制の緩和による影響  これは斬新な視点です🤓  全日空とJALの株価がどうなったか  数式だらけなのが・・・

富山大学の青木先生  国際物流拠点としてみた地方空港の現状  貨物専用の✈️が今の北九州空港に来ているけど  当時は  成田か関西に運んでが合理的と

|

« 日本交通学会 2000年交通学研究 | トップページ | 日本交通学会 2000年交通学研究(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2000年交通学研究 | トップページ | 日本交通学会 2000年交通学研究(3) »