« 日本交通学会 2000年交通学研究(4) | トップページ | 宣言解除の方向に »

2020年5月24日 (日)

日本交通学会 2000年交通学研究(5)

国際通信研究所の方が  事前購入割引の考察を  ✈️にいかに安く乗れるかが関心事だったのよねー  まあ予定の立てやすさが🔑  というか  マイル交換も・・・

開催校となった明治大学の藤井先生  明治20〜30年代における交通論の形成過程  交通研究の基本は鉄道とされますが  まさにその通りです  🤓

こうべだいがくの方と外国人  🇨🇦のようで・・・  大手私鉄の多角化戦力について  不動産や小売がどれだけ稼いでいるかというもの  あ  レジャーとかも

拓殖大学のコンビはジャパニーズと外国人  アジアかな❓  トラック運送会社の環境への取り組みの評価  メタノール自動車の導入では  日通がトッポだったと

|

« 日本交通学会 2000年交通学研究(4) | トップページ | 宣言解除の方向に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2000年交通学研究(4) | トップページ | 宣言解除の方向に »