« 日本交通学会 2009年交通学研究(3) | トップページ | 日本交通学会 2009年交通学研究(5) »

2020年5月30日 (土)

日本交通学会 2009年交通学研究(4)

一橋大学の院生と運輸調査局のコンビが  鉄道貨物輸送と🚛輸送の特性比較  後半は数式で・・・  トラックは全品目をカバーしているけど  鉄道は  農林水産関係が0  トラックの距離帯では  石油関係は500kmを超える輸送はないけど  工業・農水産品は1000km以上でもあることが

神戸大学の研究員  鈴木氏  地域の自動車利用に対する費用負担の分析  これは⛽️とは別にどんな方式をとるかという問題意識ですね  

九州産業大学と運輸政策研究機構のコンビは  交通アクセスの改善が観光地の入込客数に与える影響  サブタイトルが幹線交通の整備  浜田自動車道と長野新幹線と  ♨️地の関係を・・・  5割くらいの観光地は変化なかったんだって・・・

東京海洋大の遠藤先生  航空会社における事業の国際化と経営業績との関係についての分析  数式はなし  10年前にカボタージュを書いた人いたけど😏  外資規制緩和のことを触れています  ということはこの10年は進展なかったということの証左

 

 

|

« 日本交通学会 2009年交通学研究(3) | トップページ | 日本交通学会 2009年交通学研究(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本交通学会 2009年交通学研究(3) | トップページ | 日本交通学会 2009年交通学研究(5) »