« 今朝の梅は | トップページ | 今夜は原北稽古 »

2019年1月24日 (木)

陽炎(60)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 懇親会は午後五時から16階建ての最上階にある食堂で行われた。ランチは学生向けの食堂で食べたが、こちらは教員向けというような感じである。窓からは福岡ドームやタワー、高層ホテルが見えた。F大学の学長は交通学会の会員で、この分野の第一人者の一人である。

 外は夕暮れから夜景へと変化して行った。バイキング式の食事を次々にほお張りながら先生方と挨拶して回った。物流に続いて観光のテキストの共同執筆の話も出た。とりあえず交通の部分を担当するということで後日調整である。さらに新北九州空港のシンポジウムも開港の後に東京で行われるが、貨物のパネラーを頼まれた。

 同じホテルに戻る人と一緒に会場を出た。天神での乗り換えは大変なので、手前の薬院というところで降りてバスに乗り換えようということになった。いろんなルートを見てみるのもいいかと思って同行した。博多駅から100円で行ける範囲にあり、バスは地上に出ると目の前に止まった。ただし博多駅のほうは反対側なので少し歩くことには変わらなかった。

 翌日は薬院でバス乗り換えとしたが、空港に向かう際は天神の地下街を歩いた。東京へ飛行機で戻る参加者とターミナルビルの食堂まで一緒だったが、天神の乗り換えはよくないという点で一致した。このひどさは町田でのJRと小田急に匹敵すると言っていたが、その人は相模原から都心の大学に通勤していた。 

 物流学会のほうは行かなかった。やはり次の年は奈良ということが決まり、これは出ないといけないなと思ったが、何を発表するか手持ちはなかった。やるとしたら海外というところであるが、とりあえずは共同執筆というのが次の目標である。コメンテーターを頼まれれば引き受けるし、関西の理事として再任されているので、粗製乱造と言われないことのほうが大事だった。

 学会発表の次の週末には関西学生剣道新人戦が行われた。山田は個人と団体の先鋒として出場した。個人はベスト8、団体はベスト4まで進み、さらなる飛躍を期待させる成果だった。このころから長男を近くの小学校で行われている稽古会に連れて行ってみた。小学校に入る前でもOKというのは昔に比べて子供の数が少なくなっているという危機感の裏返しでもあった。長女もそのうちにというような話になった。

|

« 今朝の梅は | トップページ | 今夜は原北稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今朝の梅は | トップページ | 今夜は原北稽古 »