« 今日も寒い | トップページ | 陽炎(13) »

2018年12月30日 (日)

尾脇秀和「刀の明治維新」吉川弘文館

著者は昭和五十八年京都生まれ 神戸大学の研究員 この人もねぇ  288ページで1800円

刀を差すことがどういうことなのか  という考察のようで ところで・・・稽古に行くときに 小太刀をベルトに差してた私 

|

« 今日も寒い | トップページ | 陽炎(13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も寒い | トップページ | 陽炎(13) »