« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

よいお年を~

170221_154433ついに大晦日となりました 気温はちょうどいいくらいかな でも明日はまた10℃未満になるようで \(;゚∇゚)/

今月は 40リットルで615キロ走りました ガソリン価格はさらに下がっていてありがたいですのぉ (*´Д`*)

おせちは作らず スーパーでマァ で セットを買った人の中には 黒猫が 温度設定間違えて 入手できなくなったというケースも (ノ∀`) アチャー

| | コメント (0)

陽炎(16)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 朝倉でのヒアリングが終わるとタクシーで甘木鉄道の甘木駅に向かった。西鉄の甘木駅とは目と鼻の先にあり、駅舎はこちらのほうが風格を感じさせた。基山まで一両だけのディーゼルで走ったが、沿線は西鉄と同じくのどかな田園である。基山でJRに乗り換えると銀色の車体に赤と青のラインを入れた快速電車で博多駅に向かった。

 四日目は主任研究員を空港まで出迎えた。天神の地下街で昼食をしてM電機の福岡支社で話を聞いた。手土産はホテルを出る時はフロントに預けたが。残りはだいぶ少なくなった。午後三時過ぎにはN社の博多港支店に行った。ここは港湾局の隣なので終わるとヒアリングをしていることを示すために立ち寄った。

 主任研究員は博多駅から少し離れたところにあるWホテルに投宿した。カードを持っているということで泊まりの出張は大体そこである。港湾局と博多駅はバス移動だった。港湾局の海側の工事現場は前年夏に完成して波のような屋根が印象的である。主任研究員は再度博多港支店に入った。ここには研究所にもいた人が課長としているので、一緒に中州に行くためだった。私はホテルでひたすらメモを文章にする作業である。

 最終日はN社の九州支店に行った。ここは博多駅からまっすぐ海に向かって伸びる通りに面していて中央分離帯のパームが南国という雰囲気をかもし出していた。とはいえ、今の時期は北風が冷たかった。ここでは支店の人から話に加えて車で鉄道コンテナのターミナルまで案内してもらい、さらに福岡空港まで送ってもらった。最後のヒアリング先は貨物施設である。それは広島の調査でも訊ねたところだった。

 すべてが終わったのは午後四時だった。空港で夕食をして帰るのがいいなと思って。帰りの飛行機は夜七時過ぎの便、左前方の窓際を選んだ。すでに自分でチェックインする機械で座席を選べるようになっていた。駐機場を見ながら食事をできるレストランにいたら自分の乗る飛行機がクジラのジャンボとわかった。これで八回目、たぶん最後である。

 離陸滑走は案の定長くかかった。曇っているせいで夜景はまったく見えなかったが、離陸から三十分くらいして突然雲が切れて街の明かりが目に飛び込んだ。それは大阪だった。ふと神戸はと思って主翼にぶら下がったエンジンのほうを振り向くと大阪とは対照的に青白くぼんやりしたなんとも不気味な「街の影」のような姿が横たわっていた。下が見えたのは一分程度で、また雲が広がった。

| | コメント (0)

ネット上で見つけた

ネット上で
ネット上で
画像を二つ 上は引き胴 体勢が海老のようになってますねぇ 下は面を受けて胴に返すところ どちらも中学生の試合かな (*゚▽゚)ノ

| | コメント (0)

陽炎(15)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 福岡でのヒアリングは最初の三日間は私一人でやり、四日目以降は主任研究員が同席となった。羽田を午前十時に出る飛行機で、セキュリティエリア内でヒアリング先への手土産を買った。クジラジャンボをあしらったチョコレートクランチは「普通のA空輸塗装」になる前の最後のチャンスである。カードで購入したので10%オフ、領収証も切ってもらった。今回のヒアリングの仮払金は10万円である。

 747は二階の左窓側である。機内は満席で、羽田を飛び上がるときもいつもよりも滑走が長かった。山陽新幹線は大阪と姫路が途切れているため、東京から岡山・広島・山口に臨時便が出たし、大阪と岡山・広島を結ぶ路線まで設定された。この日は天気が悪く、関門海峡の手前からようやく下界が見えるようになった。

 空港でランチを食べて、博多駅に行き、午後に回る二箇所以外の手土産をコインロッカーに預けた。クジラジャンボの大きな袋と小分けした袋で後に回るところのものはバッグに入れた。最初は駅から歩いて十分の福岡県トラック協会だった。地震で高速道路が使えないため、急ぐものは飛行機という状態だと聞かされた。

 次に行ったのは明太子のF社である。ここでは冷蔵輸送のことを気にしていた。駅前のバスターミナル地下の食堂で夕食をして宿も駅の近くである。部屋ではヒアリングの内容をメモから文章にした。ノートパソコンでもあれば作業も迅速になるのかなと思った。問題はワープロとパソコンで文書が別々になるということだった。

 二日目は少しでも安くしようと新幹線ではなく、在来線で小倉に向かった。特急料金が500円ということで国鉄時代の車両を真っ赤に塗っただけの車両である。小倉駅の北口からタクシーに乗ってN社の北九州支店に行った。途中コンテナ貨物の駅もあり、トラックターミナルのエリアへと入った。

 ここでは貨物の内容とか流れ、そしてヒアリングできなかった住宅機器メーカーT社のことも聞いた。ようやく「大便」に行きたくなってヒアリングのあとスクワットタイプを借りてそれからタクシーで小倉駅に戻って駅の食堂でランチである。次は黒崎にあるM化学だった。電車で移動してここも駅から十分くらい歩いた。

 三日目は博多から久留米に向かった。また特急を利用である。メタリックのフランス新幹線という車体で内装はシックな趣をかもしだしていた。タイヤメーカーのB社は駅から歩いて十五分くらいの場所である。これが終わると朝倉にある農業関係の団体に向かった。航空輸送で有名になったネギや果物で有名なところである。今度は西鉄の電車で甘木に向かい、そこからタクシーだった。

| | コメント (0)

海軍有終会「幕末以降 帝国軍艦写真と史実」吉川弘文館

大正二年に設立された現役・退役海軍士官の団体だそうで・・・ 460ページで6800円 

ミリタリーオタクには お勧めです ミーツー 

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

あと二日で今年も終わり

150530_122928帰省ラッシュに冷や水が・・・東北新幹線がトラブルで 東京駅では入場制限に (ノ∀`) アチャー

今日もまだ寒かったです ところで インドネシアでの火山噴火による津波 火山が三分の一になってしまっていたんだって ∑(゚∇゚|||)

福岡県知事選挙の候補選び 小川さんは 修Ю館の大先輩の山崎氏とか 古賀さんとかに・・・ セカンドフロア幹事長にもいろいろと そうなると県連の決定が 党本部でくつがえされるのかな でも アッソー閣下は だって 知事になった時点で支援してもらった恩を 「かわいさ余って憎さ百倍」という諺もあるし (・∀・)ニヤニヤ

ブログの記事数は 1万18747件 容量は63%に入りました ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

| | コメント (0)

陽炎(14)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 室長が会場のロビーに現れたのは一時過ぎだった。「こだま」で時間がかかってしまったということだった。外郭団体の事務局の人も「一瞬、羽田と名古屋の飛行機はあったのかな」と言っていた。大阪に実家があるという局員の人は近鉄名古屋線を利用したそうである。会議は予定どおりに始まって二時間後に終了した。

 ロビーに号外が置かれていたので手に取ったら横倒しになったクリームと赤の阪神電車とすぐそばで燃える住宅の写真が目に飛び込んだ。これは大変だと思って紙面に目を走らせた。既に1000人近い人の死亡が確認され、阪神高速道路の高架が横倒しになったり、バスが桁から転落寸前の状態で止まっている写真があった。

 名古屋駅に着いたのが午後四時過ぎで、運転は「こだま」のみ、京都までは再開した。旅行の中止をお願いしたいというアナウンスが繰り返されていた。私たちは東京に戻らないといけないので、改札をくぐった。ホームの人影はまばらになっていて非常事態で予定をキャンセル人が多いことを感じさせた。

 東京まで三時間かかった。「のぞみ」も「ひかり」も運転していないのにダイヤ通り、各駅で退避のために四分程度止まったためである。自宅に戻るとテレビニュースをつけて最新の情報を得るように務めた。大阪の実家は問題なかったのかとりあえず夜九時過ぎに電話して問題ないことがわかった。

 それから毎日、死者の数は増え続けた。JRは新幹線・在来線ともに被害を受け、東西の交通が遮断された。私鉄も被災して加古川や姫路から大阪に通勤することは不可能になった。高速道路も一部を除いてで通行できるが、通れないところでは迂回する必要が生じて大渋滞が発生した。

 鉄道貨物の委員会は二十日に予定通り行われた。とりあえず、札幌と八戸のヒアリングをすることとなったが、実施できるのは二月以降というところである。運輸省自体が震災対応でてんてこ舞いの状態であり、最後の委員会の日取りを決めて散会した。二十一・二日も職場に顔を出してひたすらワープロ作業である。

 神戸市から受託した空港の貨物施設の調査を峰岸がやっていた。ヒアリングの話を電話でしていたら「こんな時期にやっている場合ではないだろう」と言われている雰囲気だった。私の福岡の調査も果たして予定通りに対応してもらえるのか不安が広がった。とりあえずヒアリング先への手土産は羽田で購入しておくということで主任研究員と話がついた。

| | コメント (0)

橋の工事(3)

橋の工事
橋の工事
信号機がひとつ撤去されてました 迂回して 通行止めの手前から ここは出会いがしらに注意ですね・・・ いびつな形の区画のために こんな狭い路地が抜け道になっているという現状 (-゛-メ)

| | コメント (0)

陽炎(13)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 3連休はすべて職場に行ってワープロを打っていた。業務関係だけでなく、コラムや個人的研究も含めてである。十六日の午後五時には名古屋に持っていく資料をプリント・コピーしてスーパーに寄って帰宅した。十七日の朝六時に目覚まし時計が鳴るようにセットしていたらその前にちょっとした揺れで目が覚めた。

 東京ではよく震度3程度の揺れがあるので、またかなと思っただけである。目覚ましが鳴るとテレビをつけた。関西でやや強い地震があったとニュースが告げていたが、すぐにローカルニュースに変わった。朝八時くらいの新幹線に乗るつもりだったのでパンと牛乳にポテトサラダで朝食をし、朝七時前には家を出た。

 室長とは名古屋のワーキンググループが行われるホテルのロビーで落ち合うことになっていた。開始時刻は午後一時半となっていた。通勤定期ではなく、東京・名古屋の回数券で小岩駅の有人改札を通った。銀色の車体に黄色の帯を入れた一番新しいタイプの電車で錦糸町まで行き、東京駅に直行する快速に乗り換えた。

 マリンブルーとクリームに塗られた電車は満員だった。江戸東京博物館の脇で地下にもぐり、東京駅の地下ホームの上のトイレで大便を済ませた。隣の個室では「うんこをしながら」自分から携帯電話をかけている人がいた。私はまだ携帯電話は持っていなかった。隣の個室から「新幹線が止まっている」という声が聞こえた。

 東海道新幹線への乗り換え改札をくぐると午前六時発の予定だった「のぞみ」からストップという状況である。構内アナウンスが「関西地方での地震の影響で東海道・山陽新幹線は運転を見合わせています」と繰り返していた。私は公衆電話で職場にコールしたら峰岸が出た。

 名古屋のワーキングには運転が再開され次第向かうと告げてとにかくホームで待つことにした。「のぞみ」の次に出る予定の博多行き「ひかり」を名古屋止まりで運転再開の一番列車にするというアナウンスが八時半くらいから始まった。八・九号が二階建てで自由席は一から五号までであるが、すべての車両が自由席になると案内された。

 一号車まで歩いたが、座席は既に埋め尽くされていた。仕方なく通路に立って運転が再開されるのを待つことにした。列車が動き出したのは九時十分である。名古屋まではノンストップになるが、名古屋より西は線路の点検状況によるというアナウンスだった。また、「ひかり」はこの列車だけで、「こだま」だけの運転になるということも知らされた。

 二時間で名古屋に着くと腰が痛かった。とりあえず名古屋駅にある食堂で「きしめん」を食べた。再び職場に電話をすると先輩の研究員が室長が新横浜から向かうという連絡があったことを知らされた。そして「神戸を中心にかなりひどいことになっているみたい」と知らされた。

 

| | コメント (0)

尾脇秀和「刀の明治維新」吉川弘文館

著者は昭和五十八年京都生まれ 神戸大学の研究員 この人もねぇ  288ページで1800円

刀を差すことがどういうことなのか  という考察のようで ところで・・・稽古に行くときに 小太刀をベルトに差してた私 

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

今日も寒い

130529_182413_m一日でした  元日はどうなりますやら (=´Д`=)ゞ

来年の春に行われる福岡県知事選挙 自民党の県連は 元厚生労働省だった 四十七歳の武内氏を押すそうで 元財務省で九大の大学院教授より若いから さらに年上の現職は・・・アッソー閣下の機嫌を損ねたもんねぇ でも 保守分裂になってしまって いったい誰を 現職は 修Ю館でしょ Ф岡? 筑◎丘? 敷設? ラ☆ール? 出身高校で決めちゃおうかなぁ m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

大河ドラマの ラスト 歴史ファンは怒り心頭なようで だってまた史実と異なる演出 別府晋介の解釈で割腹 したのに 腹を撃たれて死亡・・・じゃねぇ こういう時代考証をいい加減にしているのは 歴史を捏造しているアノ国と同列 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! 

| | コメント (0)

陽炎(12)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 平成七年が明けた。鉄道貨物の調査はコンテナ流動状況、そして東京から札幌までのルートの様々な問題点洗い出しをワープロでまとめる作業、福岡市はヒアリングのアポイントメント、N社のテーマは全国の営業所からゴルフ・スキー宅配便の伝票を社内便で送ってもらい、発着と曜日のデータ作成を始めていた。長野・山形・北海道にあるスキー場へのヒアリングはチームリーダーがやり、私は千葉・埼玉・神奈川のゴルフ場を訪ねるということになった。

 一月十三日の金曜日に羽田空港の貨物施設と整備場の見学会があって忙しい中だが、参加させてもらった。研究所とN本社の若手があわせて十五人、午後1時にマイクロバスで秋葉原の本社前を出発して首都高速経由で空港に行き、まずN社の羽田空港支店の入る新しいビルから空港を眺めた。これは沖合い展開の一環で作られている新しい埋め立てエリアの部分にあり、東京・横浜を結ぶ首都高速湾岸線をはさんでターミナルビルや完成塔を見ることができた。

 まだ滑走路が出来ていない埋立地の先は東京湾である。色とりどりのコンテナを積んだ貨物船が大井埠頭に向かってゆっくり進んでいた。新型高速貨物船をいったいどこにつけるのかは問題だった。東京湾内ではなく、茨城県や静岡県のような外洋に面した港から陸送することが提案されていたが、それでは輸送コストが大きく跳ね上がった。これも博多から日本海ルートを推奨する最大の要因である。

 次に空港内の貨物施設に向かった。コンテナの自動仕分け施設の手前ではコンテナ越しに政府専用機が見えた。村山総理が訪米から帰国したばかりでまだタラップがついた状態だった。私は持ってきた使い捨てカメラで機体を写し、さらに施設の写真も取り捲った。これらは資料に使えるはずだと思った。

 整備場に移動するときはターミナルビルにつけられた飛行機の後ろをバスで走った。クジラの747がちょうど貨物の積み下ろしのために胴体の下のドアをあけているところだったので、これもカメラに収めた。747は1500キロ積めるLD3というタイプのコンテナを30個積めた。コンテナの一部は胴体の曲線に合うようにカットされた形である。

 整備場ではA空輸の古いタイプの747が整備されているところを見た。新型に比べると二階席の部分が小さく、「男根」を思わせるのが特徴である。新型のコックピットはコンピュータ画面だが、旧式はアナログ計器が並びパイロット二人の後ろにはエンジンの計器をチェックする機関士も乗っているが、内部は見られなかった。

 帰りは秋葉原まで戻ると夕方の渋滞が大変なので希望者は品川駅でとなったら全員が下車した。三連休も職場に出てワープロ作業をするつもりなので、小岩に直行し、スーパーの弊店にぎりぎり間に合った。

 

| | コメント (0)

閉店から三ヶ月の

閉店
イオン福重店 建物はいつまで残るのだろうか ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

| | コメント (0)

陽炎(11)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 鉄道貨物の委員会が十一月に入ってすぐに行われた。座長は国鉄から東大教授に転身した人で「私は鉄道オタク」と公言していた。運輸省の会議室で運輸省の鉄道局や貨物流通企画局、JR貨物の幹部にн社の通運部長がメンバーで、そんな中で私は日本の鉄道貨物の現況をレポートした。資料は地域間の流動で、コンテナは関東と北海道・関西・九州、石油やセメントなどの車扱は地域内の短距離というところである。

 調査の方向として、関東・北海道のコンテナの課題を今年度は進めていくことになった。JR貨物には隅田川と札幌・八戸のコンテナ取り扱い状況のデータを出してもらうこととなった。八戸も出す理由は苫小牧から八戸まで船で運んで陸送するケースが多いという指摘からである。また、列車のダイヤも提供してもらうこととなった。縦軸に駅、横軸が時間という表には斜めの線が張り巡らされ、それを見ると専門家には一目瞭然というものである。

 メタノールのほうは峰岸のところが給油所の分布、私は東名・名神の通行実態をグラフ化することになった。名古屋で、トヨタ自動車の副社長を委員長にしたワーキンググループがあり、そこに石油連盟やトラック協会などが加わってまず十一月に顔合わせ、二回目が年明けの一月十七日に開くということが決まった。

 福岡市の調査については十一月にも出向いてヒアリング先の選定と報告書の方向性を話し合った。博多港と関東・関西は関門海峡通過がどうしてもネックで日本海も考えること、国際の可能性というところである。新型高速貨物船はジェットふぉいるとホバークラフトの二種類が開発中でジェットは神戸沖、ホバーは長崎で実験した。ホバーのほうが有望ということも盛り込むところだった。ヒアリングは一月の終わりまでに福岡市・北九州市・久留米市などを回るのだが、どこで一週間まるまる使うのかが問題である。

 関東運輸局の調査はヒアリングを文章にするとあとは報告書にするだけとなった。佐賀のテーマも二回目以降のワーキングは主任研究員だけが出席というところである。そうして新たに加わったのはN社テーマの旅行事業のスキー・ゴルフ用具宅配利用の調査だった。これは観光にも手を広げたい渡しには渡りに船である。

 個人としての研究では物流学会で報告したイギリスの鉄道貨物を年俸に掲載してもらうための査読を受けた。とりあえずは「ドーバー海峡トンネル開業に伴う変化」を今後の研究課題とすることでクリアした。交通学会についてはイギリスの航空自由化への対応ということで他国への進出をどのように図るかとか格安のエアラインというところから手をつけ始めていた。旧ソ連にも興味はあったが、これはコラム記事への寄稿にとどめた。

| | コメント (0)

友田昌宏「東北の幕末維新」吉川弘文館

著者は昭和五十二ねんん埼玉県生まれ 東北大学の研究員って こういうケース多いねぇ  270ページで2800円

米沢藩の視点から見たものだそうで 

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

今日は御用納め

140330_115629_mそれにしても寒かったなぁ 山が白くなってました どうやら初雪になったみたい そして明日からの帰省にも影響ありそう 車の方々はくれぐれも・・・ 飛行機も一部のエリアでは欠航になったり (ノ_≦。)

韓国海軍の駆逐艦が海自の哨戒機に射撃レーダー照射した問題 「単純なミスです」と誤れば ここまで大事にならないのにねぇ 火に油まで注いで・・・ 謝罪もできない者は 軽蔑の対象にしか ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

| | コメント (0)

陽炎(10)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 送迎デッキからは滑走路をはさんでJRの線路が見えた。札幌と空港を結ぶ快速はターミナルビルの地下に入るが、かつては千歳空港駅と長い歩道橋でつなぐ形だったそうである。かつての空港駅は南千歳駅と改名され、苫小牧方面に向かう場合はここで乗り換えという形である。

 線路をコンテナを積んだ貨物列車が走った。札幌から室蘭までは電化されているが、そこから函館までは電化されていないため、ディーゼル機関車が引っ張っていた。運輸省の調査では関東・北海道の輸送力強化を検討するということだった。貨物列車が走り去ると、室長たちが乗った釧路行きの飛行機が動き出した。D航空のMD81という飛行機で胴体の後ろにエンジンが二つついた小型のジェットである。

 私が乗る予定の羽田行きにはクジラの塗装をした747が入った。これで六回目の搭乗である。ずっと羽田と福岡の間だったが、新千歳は初めてだった。早めに座席指定して二階席を指定していたが、クジラになるとは思わなかった。午後四時に出発して羽田には六時前に到着、そのまま小岩に直行した。スーパーはぎりぎりのタイミングだった。

 佐賀と福岡に持っていく資料は月曜には用意して家に置いていた。佐賀は私と主任研究員を含めて八人のワーキンググループで、航空貨物や九州の貨物の動向をA4で五枚程度にまとめたもの、福岡市のほうは先方とこちらの四人分で、ヒアリング先の候補となる企業のリストや実験船の最新動向だった。

 木曜日の朝九時に羽田を出発するA空輸の747に乗った。主任研究員とは佐賀駅前のワーキングを行うホテルのロビーで落ち合うことになっていた。左翼より前の窓側に座って富士山を目にした。降りると佐賀に向かう高速バスに乗った。駅前で見つけたハンバーガーショップでランチを済ませ、午後一時半から始まるワーキングに臨んだ。

 二時間くらいで終わると高速バスで福岡に移動してホテルに入った。翌日はまた昼からなので、気分転換に大宰府まで行ってみた。高校の修学旅行で訪れて以来である。そして港湾局での打ち合わせでは、福岡市や久留米市だけでなく、北九州市も含めて欲しいと要望された。国内なら北九州からは逆方向になるが、国際航路ならばである。

 帰りの飛行機は早めにチェックインして左の窓側を確保した。午後七時に出るので夕食は空港の食堂で済ませた。天気がよいので、関西では高度一万メートルからの夜景が見事だった。すぐ下には関西国際空港、大阪も神戸も空に向けてさまざまな色の光を放っていた。

| | コメント (0)

橋の工事(2)

橋の工事
橋の工事
通行止めを始めたけど 撤去作業は年が明けてかなぁ (* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0)

陽炎(9)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 関東運輸局に委託された調査では十月半ばに関東と関西・九州・北海道を結ぶ航路のヒアリングが行われた。九州は別の研究室の主任研究員がやり、室長と私は関西・北海道の担当となった。関西は和歌山港と大阪港だが、和歌山出張の交通手段をどうするかで九月に完成したばかりの関西国際空港を利用することとした。

 東京・大阪の移動は新幹線移動が原則だが、和歌山は大阪からさらに一時間以上かかるということから「飛行機利用の前例を作る」ということにした。時間はJALしかなく、渋々それで飛び、最初のヒアリング先である和歌山県庁には空港からの連絡バスに乗った。鉄道なら乗り換えだが、バスは一時間で直行できた。海上の長い連絡橋に阪和自動車道からの紀伊平野の眺望が新鮮だった。大学時代に和歌山に足を運んだときは阪和線の電車利用である。

 県庁の次に和歌山港のN社の海運事業所を訪ね、和歌山港駅から難波までは特急「サザン」を利用したが、指定席ではなく、前方の自由席に座った。室長は心斎橋のホテルに投宿し、私は実家に泊まった。これが出超での帰阪の最初だった。大阪府庁と市の港湾局、N社の海運支店に行って室長は新幹線で戻ったが、私は交通学会前日ということで実家にR大学での学会に出て東京に戻ったが、旅費精算は室長と合わせた (A;´・ω・)アセアセ

 月曜日はヒアリング内容のワープロ打ちをして火曜日は北海道に出撃である。今度はA空輸の747だった。新千歳に着くとバスで苫小牧まで一時間かけて移動した。苫小牧港にあるN社の支店で話を聞き、茨城県の大洗と結ぶフェリーの事業所も訪ねた。そして特急列車で札幌に向かい、駅近くのホテルに泊まった。ススキノに繰り出すというようなことはなく、部屋でヒアリングのメモを文章にする作業をした。そうしないと福岡市・佐賀・運輸省の鉄道貨物に対応する時間が取れなくなるのである。

 水曜日は小樽に向かった。関東運輸局の職員と小樽の出先機関で待ち合わせて一緒にヒアリングするという形である。札幌からは普通電車で移動した。小樽の駅から港までは一直線の道路で観光客もちらほらいた。運輸局職員と室長は釧路に行ってここと日立を結ぶ牛乳輸送船の関係を訪ねるが、私は木曜の佐賀、金曜は福岡市というスケジュールが入っていた。とりあえず新千歳までの快速電車に乗り、カウンターで別れると見送りも兼ねて送迎デッキに上がった。

| | コメント (0)

吉岡誠也「幕末対外関係と長崎」吉川弘文館

著者は昭和五十九年 長崎生まれで佐賀大学で研究員 380ページで1万1000円だって 

長崎奉行の組織改革とか 港内警備体制の再編などが 

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

今年最後の原北稽古は

Dsc_7748_convert_20140318065242体育館がかなり寒かったです 無事に元日のK高校を迎えられそうですが゛モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

国際捕鯨委員会からの脱退 ビーバー総理や セカンドフロア幹事長の地元が 捕鯨で生計立てている有権者いるのもあったみたいですなぁ まっ ごく少数の利益のために 国際協調が (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

死刑囚二人が執行されました 新しい法務大臣になって初めて とにかく「棚おろし」しないとねぇ Σ(;・∀・)

| | コメント (0)

陽炎(8)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 二年目になって福岡市の新型高速貨物船に加えて関東運輸局の「内航貨物輸送システム」とメタノール自動車普及が加わった。関東運輸局は横浜にあり、室長は横浜市南部に住んでいるのでこれは室長や他の研究室との共同作業となった。メタノールのほうは通産省の外郭団体からの委託で、峰岸は一年目から関わっていた。初年度は関東、二年目は関西、三年目が中京エリアで、私が関わるのは三年目からである。

 峰岸はまだ少数派の携帯電話保持者だった。彼が出先にいるときにメタノールの関係から「至急連絡が欲しい」と言われて彼に電話をしたら「トイレットペーパーをちぎる音」や「水を流す音」が聞こえたことがあった。彼の形態電話番号は部内だけの秘密だった。そうしないと電話に追い回されるというのが彼への配慮である。携帯電話よりも安い「パーソナルハンディホン」なるものの実験は「トラフィックオペレーション」で経験した。それを持って小走りしながら通じるかどうかをやらされたが、私の足が遅いので時速20キロは超えなかった。それを超えるとつながりにくくなるというのがNTTの研究者の話である。

 他には海上コンテナの大型化に伴う車高制限緩和についてトラック教会から受けた調査の手伝いもした。これは委員会の録音テープを議事録に落とすというものである。とにかくいろいろな分野を手がけて知識は少しずつ広がった。先輩の研究員からある雑誌のコラムを引き継ぐように言われて、とりあえず「整備新幹線」「トラックから海運へのシフト」「航空貨物施設」で書くネタを得られた。7777円の原稿料は源泉がひかれて7000円になったが、少し生活の足しにはなった。

 夏休みに大阪に戻ったとき、父の計らいでO産業大学の新しい学部の準備をしている教授に引き合わしてもらった。物流に関する科目を作る予定もあって、現在やっているイギリスの鉄道貨物研究は国際物流にも関連するものだった。新学部は平成八年に始まり、三年生の科目が始まる平成十年から移れるという見通しである。それまでに研究論文をあと二本は書いておこうということになった。十月の物流学会は神奈川県、交通学会は京都のD大学、あと関東部会は研究所から歩いて十五分のC会館でやっていた。とりあえずは九月にC会館で「整備新幹線と貨物」の報告である。

 十月からは運輸省による「長期的展望にたった鉄道貨物の課題」と佐賀県のトラック組合からの委託調査にも関わることとなった。運輸省の建物に入って夜十時近くまで打ち合わせとなったが、外に出ると霞ヶ関一帯の明かりがまだ煌煌としていた。丸の内の旧国鉄本社ビルにも入った。ここは貨物会社が入っているが、近いうちに移転するそうである。理由は旧国鉄本社ビルの解体処分の方針だった。

| | コメント (0)

橋の工事

橋の工事
橋の工事
迂回の指示と仮の歩道です ((w´ω`w))

| | コメント (0)

陽炎(7)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 福岡市と山口県の調査では月に一度のペースで出向いた。どちらも別々の日となるパターンになってそのたびに往復である。私はA空輸のマイレージカードを作った。クレジットの機能もつけて仮払い金は引き落とし口座に突っ込んだ。三月の末にはもう貯まったマイルで景品をもらうことができた。アメリカでは航空券になるが、日本では認められていなかった。私はクジラの特別塗装がらみのリュックサックを選んだ。これは地震に備えての非常持ち出し服として使うこととした。

 山口県の仕事は地元の大学の先生を座長にした委員会に出る形で、県内企業へのアンケート、それを集計し、最後は報告書に仕上げた。この仕事は単年度で終わったが、福岡のほうは次の年度にも続くこととなった。一年目は新型高速貨物船の開発状況や他の自治体の誘致動向をまとめ、二年目は博多港に導入するための課題の洗い出しということになった。

 十二月以降はワープロ打ちの作業が増えて土日も職場に出ることが多くなった。大学院生の時はT社のものを使い、東京にも持ってきたが、職場のワープロはF社のものである。ワープロは各自の机にあるが、研究部には五台のパソコンが置かれ、アンケートの集計作業にはこちらが使われた。山口県のものについてはアルバイトの女性にデータを入力してもらっていた。

 N本社から受託したものはいずれも東京都内と神奈川までのヒアリングで済んだ。こちらもワープロで文書を作るというものである。それと平行しながら「イギリスの鉄道貨物」の個人研究を進めた。運輸省の外郭団体が毎月出す雑誌は研究論文の宝庫となっており、これは大学院時代から重宝していた。この雑誌に寄稿できるようにならないといけないなと思いながら職場で文章をまとめていた。

 大阪には正月に新幹線で戻った。父からO産業大学で新しい学科を設ける構想があると聞いた。物流や観光を設ける可能性があるので、物流だけでなく、観光にも広げることをアドバイスされた。本社からの受託テーマの提案が所内で募集されたが、旅行事業部に対するものはなかったなと気づいた。とはいってもどのような課題があるのかはイメージができていなかった。

 季刊誌に出した論稿には交通の専門雑誌から寄稿の依頼をもらった。それから交通の学会の関東部会でも夏にこの問題で発表させてもらえることとなった。鉄道に造詣のある研究員として物流学会のほうに「イギリスの鉄道貨物」で報告したいと申し出ると認められた。

| | コメント (0)

東日本大震災(3222)

 東電の元幹部3人に 金庫5年が休憩されtんだって・・・

伊達 12月20日 最大値 0.67 さらにしたぞお 

那須塩原 12月25日 市役所 0.08 

JR東日本 冬の味覚祭り 盛岡8:55 都11:16 さんりく宮古号で 帰りは 宮古16:07で普通列車 1月27日限定 40人 盛岡からで4500円 

国土交通省 津波防災地域づくり支援チームを立ち上げ 

東北大学 2月13日に 防災力・減災力向上をめざして というシンポジウム 定員150人 

福島県 12月26日 15時 福島市 0.14 郡山市 0.08 南相馬 0.07

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

ついに日本も

自国ファーストを実行 商業捕鯨を頑として認めない国際捕鯨委員会からの脱退を決断しました まっ トランプの真似ですわな ( ^ω^)おっおっおっ

161031_121116今日の天気は小雨が降ったり止んだり そして明日からは寒くなるみたいです (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

日産の ゴーン容疑者と一緒に逮捕されていた ケリー容疑者が保釈されました で入院だそうな ( ´_ゝ`)フーン

| | コメント (0)

陽炎(6)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 個人としての研究はまず十月上旬に物流学会に加入して初めて参加した。会場は茨城県龍ヶ崎のR経済大学である。ここはN本社が設立に関わり、研究所のOBが何人も教鞭をとっていた。私は新入会員として紹介してもらった。整備新幹線と鉄道貨物という論稿も研究所の季刊誌編集部に提出し、冬の号に掲載してもらえる道筋がついた。

 十月下旬には交通学会が国立のI大学で行われ、大学・大学院の先輩で研究所を入れ替わりに退職して奈良県の大学の講師となった人の発表を聞いた。テーマは「イギリスにおける郵便バス」というもので、ローカルバス路線の維持に郵便物を運ぶようになったというものである。これを聞いた私はイギリスの鉄道改革と貨物輸送を次のテーマにしようと思った。ちょうど国鉄の経営形態が変わり、線路などのインフラを保有する会社と、インターシティ、ロンドン通勤路線、貨物という具合に運行会社が分離された。

 トラフィック・オペレーションリサーチの研究会ではJR東日本の議事録を作って、当番のときに配布した。暴走半島への新型特急車両についてだが、ワープロの変換ミスで赤面する羽目になった。成田エクスプレスと車体デザインは同じだが、成田は白・赤・黒、こちらは白に菜の花の黄色と海の青と塗りわけ、成田では海外旅行客の大きな手荷物を置くためのスペースを暴走ではサーフボードやサイクリング、そして一番の自慢は同じ車両で喫煙・禁煙を一緒にしつつ、空気のカーテンで分けるというシステムだった。

 当番の発表は同じ研究部の経済分析の人に「貨物輸送の見通し」という話をしてもらった。これは年二回、発表しているもので研究所の看板とも言えるものだった。発表した人はW大学の出身で、A学院大額の非常勤講師もしていた。

 学会と重なってしまったのが、組合のレクリエーションだった。バーベキュー大会を昭和記念公園でやったのだが、ちょうど交通学会とぶつかってしまった。メーデーのときは代々木公園の中央集会に参加してそのあとフレンチレストランでランチをして解散だった。経済圏九部には同期入社が他に二人いた。峰岸は参加したが、深井は交通学会に新しく入ったということでこちらを選んだ。

| | コメント (0)

今日から橋の工事

今日から橋の工事
今日から橋の工事
朝九時半にはマダ通行できましたが 昼には迂回の表示が (;´▽`A``

| | コメント (0)

陽炎(5)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 山口県庁での打ち合わせが終わったのは午後三時前、宇部空港に向かうバスが出るまでの空き時間には昔の県庁だった建物の「県政資料館」を覗いた。バスで宇部空港までは約四十分だった。小郡駅の新幹線口に寄ると対面通行の自動車専用道を走ってターミナルビルの前で降りた。ビルの前の駐車場は車がずらりと並び、車をここに置いて飛行機で出張というパターンも多いことが窺い知れた。

 夕食はターミナルビルで済ませた。出張の際は仮払金をもらって精算する形で、今回は5万円を先にもらっていた。もう足が出ている状態であるが、カウンターで航空券を買ったのは採集の出る三十分前、主任研究員は飛び乗るが、私は最終便にして窓側の席を頼んだ。富士山は期待できないので、右の窓でもよしだった。

 午後八時に離陸すると中秋の名月を見ることができた。着陸する前には東京ディズニーランドから打ち上げられる花火も目に入った。宇部との便はターミナルビルに直結ではなく、バス移動と「迫害」されていた。この路線は福岡のように三社の競合ではなく、A空輸だけ、機材も少し小さいボーイング767である。

 タラップを降りてバスに乗り、ビルの真ん中まで運ばれた。歩く距離としてはビルの端よりはマシとも言えた。地下のモノレール駅に降り、空港の南側を回りこんで地上に出ると空港の明かりが見事だった。反対側は川をはさんで石油コンビナートになっていてこちらも昼の殺風景さが幻想的な明かりに変わっていた。

 再び地下にもぐって天空橋、ここは横浜方面に向かう人なら京浜急行に乗り換えである。発車するとまた地上で整備場のエリアとなった。以前のモノレールとはようやく同じルートに重なった。湾岸のエリアを走って浜松町に着いたときには午後九時を大きく回っていた。それでも山手線は座ることもできなかった。

 秋葉原で階段を上がって総武各駅停車に乗り換えてもやはり座ることはできなかった。東京がいかに人だらけなのか思い知らされた。福岡の地下鉄は昼間ならば楽々座ることができたし、大阪の阪和線もこの時間帯なら座ることは可能である。結局、小岩まで立ちっぱなし、夜十時に到着した。

 冷蔵庫は空にしていたので、翌日の昼食として食パンと牛乳を買った。どちらもスーパーに比べると割高だが、仕方なかった。風呂はわかさずにシャワーで体を洗い、夜遅いが洗濯機を回して室内に下着を干した。翌日からは福岡・山口での打ち合わせを元に資料作成の開始である。

 

| | コメント (0)

上田純子編「幕末維新のリアル」吉川弘文館

七人の研究者が手がけたものです 代表の方は昭和四十三年愛媛県生まれ 七月に出たもので296ページ 2200円 

日本国内のみならず 外国からの視点というのも 大事ですよねぇ 

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

今日も色々あって

151003_123037天気はますまず・・・ でも年末年始は寒くなるそうで (ノ_-。)

株価が二万円割りました 米中対立に トランプ政権の危うさ 前途多難ですわなぁ ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

日産の問題 ゴーン容疑者の側近が 保釈されることに 7000万円で・・・まだ検察が何するかわからないけど・・・

野党議員 ゴーン容疑者をどのように取り調べていたんですかぁ (*^ω^*)ノ彡

法務大伸 ロープに竹刀 冷たいバケツ入れた水に電気ショックの器具で r(^ω^*)))

野党議員 それじゃ中国と変わらないじゃないですか Σ(`0´*)

法務大臣 違います 中国だったら竹刀じゃなくて 鉄パイプ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

| | コメント (0)

陽炎(4)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 10月になると新たに福岡市と山口県からの委託調査、さらにN本社から受託する調査として流通加工と銃脈物流の四つに加わることとなった。福岡市は博多港に新型の高速貨物船を導入、山口県は流通センターの整備、流通加工というのは物流の流れの一行程で静脈物流というのは廃棄物輸送のことである。

 福岡市と山口県への出張は一泊二日で打ち合わせに行くという者でチームリーダーの主任研究員とは現地で落ち合うということになった。理由は主任研究員は別のテーマで先に北九州市に行くことになっていたのである。福岡市の港湾局には午後一時、それで朝八時過ぎに羽田を出発するA空輸に乗り込んだ。

 九月から機体をクジラに見立てた特別塗装を施したジャンボがデビューしたが、それに当たった。私はまた主翼前方の左窓側に座った。羽田のターミナルビルも十月から場所が移転してつい十年前は海だったところに南北400mの建物となった。前の出張では羽田はバスで飛行機とターミナルビルを移動したが、直接乗り込めるようになった。

 左の窓からは富士山が見え、大阪湾、瀬戸内海の島々が楽しめた。特別塗装の機内はシートが海中をイメージした青に統一され、搭乗券の隅の番号での抽選があったが外れた。関門海峡、北九州市の工業地帯は徐々に高度を下げているのが実感できた。内陸に回り込む着陸で翼の先端が建物に触れそうに見えるスリルも感じた。

 地下鉄で博多駅まで移動し、バスに乗り換えて海岸近くの港湾局の建物に行った。ロビーで主任研究員と待ち合わせ、計画課の係長と係員と一時間半に渡ってどのようなレポートを作るか話あった。新型貨物船は開発中のもので最高速度は時速90キロに及ぶものである。

 窓の外では大掛かりな工事が行われていた。それは国際的な展示場であると先方から言われた。博多湾東部の干潟を埋め立てて新しい街と港湾施設を作るグランドデザインの資料ももらった。バスで博多駅まで移動してホテルに泊まった。次は山口県庁に午後一時という予定である。

 博多を九時に出る「こだま」に乗って小郡に移動した。これは主任研究員と一緒である。時刻表を調べて山口までディーゼルカー、駅のそばの食堂で昼食をしてタクシーで県庁に向かった。のどかな駅前の風景を見た主任研究員は「定年になったらここに住むのもいいかな」と呟いた。

| | コメント (0)

仮設の歩道が

仮設の
仮設の
今の橋の隣に 明日から来年八月末まで歩行者はここを通るそうです (o・ω・)ノ))

| | コメント (0)

陽炎(3)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 初めての出張は広島だった。秋に移転する新しい広島空港の航空貨物に関連した施設整備のプロジェクトで、リーダーの主任研究員と七月の初めに広島県庁に出向いた。春のダイヤ改正で東京・博多を一時間に一本「のぞみ」が走り始めたが、移動は飛行機だった。主任研究員はスモーカーだが、私は吸わないので座席は別々となった。

 禁煙席は前のほうで私はD航空のA300の左翼より少し前の窓際に座った。広島空港へは市内の上空を旋回して入るコースで、原爆ドームを上から見ることができた。降りると後ろの席にいた主任研究員が出てくるのを待った。県庁まではタクシー移動で十五分くらいだった。

 ヒアリング調査で成田・伊丹・福岡の三空港の貨物施設にあるN社航空事業部の支店を回ることになり、まず成田に行った。行きは日暮里からスカイライナーを利用し、帰りはJRのエアポート快速で市川まで来て小岩の家に直行した。スカイライナーは運賃に特別料金がプラスだが、帰りは運賃のみである。

 伊丹への出張旅費は新幹線利用で精算だが、実際は航空機を使った。新幹線のエコノミーきっぷとはなお差額があるが新大阪と空港のバス利用と日当で埋め合わせができた。日帰りの出張で私はA空輸、主任研究員はJALと別々に利用した。盆休みのときは新幹線エコノミーが使えず、東海道をゆっくり行けばいいと思って在来線乗り継ぎで戻った。

 八月の終わりには広島周辺および福岡空港のヒアリングを行った。初めて「のぞみ」を利用したが、270キロでの横揺れはいつか大事故を起こすのではないかという予感がした。岡山で「こだま」に乗り換えて福山の衣料品販売のA商事を訊ね、それから広島に移動してまず一泊である。

 宿泊費はヒラの研究員で一泊9400円だった。宿はそれより2000円くらい安く、差額は得する勘定である。運賃も精算は東京・福山、福山・広島だが、東京・博多を一括すれば特になるという「暗黙の了解」を駆使した。二日目はN社の広島支店、M食品、S商事でM自動車の関係と回り、夜は研究所のOBで大学教員に転身した人を交えての夕食となった。

 三日目はスポーツ用品メーカーのあと、芸備線の急行「ちどり」を利用して三次に行き、電子メーカーを訊ねた。急行券は旅費精算のためということにして手元に残すと新幹線で博多に移動し、翌日の午前に空港でヒアリング、午後、主任研究員は福岡支店の知り合いに会うということで私一人でA空輸のジャンボに乗った。

| | コメント (0)

竹井英文「戦国の城の一生」吉川弘文館

著者は昭和57年生まれ 東北大学に二文字プラスの准教授です 九月に出たばかり 224ページで1700円

築城 壊されて 作り直し リサイクルされていたんですねぇ 目的に応じて 要塞から行政の拠点など 

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

陽炎(2)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 出社するとまず出勤簿に判子を押した。それから研究部スタッフの予定が書かれた黒板を確認に行った。休みを取っていたり出張や出先立ち寄りなどがわかるようになっていて電話応対の参考にしたし、誰がどんなプロジェクトに関わっているのかも少しずつわかるようになった。

 自宅の水道やトイレットペーパーを節約したいこともあって排便は職場に来てからだった。それはもう高校以来の生活リズムである。本社ビルは昭和三十年に作られ、和式便器の水が落下する部分は水溜りではなく、穴になっていた。トイレの前は職場の掲示板になっていて会社や組合からの通知が貼られていた。

 最初の半月は人事部による研修で、研究所の業務、さらに本社と合同のビジネスマナーや現場体験だった。現場は京葉線潮見に近い宅配便のセンターで、仕分け作業と配達を経験した。そして研究所の配属先に来たが、新年度に切り替わったばかりで、これといった仕事はまだなかった。

 修士論文は「国鉄改革における貨物輸送の転換」というタイトルで、これが研究所採用の決め手となった。ちなみに学部の卒論は「国鉄改革における地方交通線」である。整備新幹線の問題にも興味が出て、研究所が年四回出している季刊雑誌に書いてみたいと申し出た。夏は製作中、秋も編集方針があるので、出せるのは冬号というところである。

 学会は交通だけだったが、新たに物流にも入ることになった。研究所もこれを手伝っているので、秋の全国大会、年四回の関東部会には参加というところである。さらに室長が加わっているのが「トラフィック・オペレーションリサーチ研究会」で、旧国鉄を引き継いだ東日本、Nを代表して研究所、JAL、道路公団、NTT、日本郵船が持ち回りで研究報告する会のメンバーとなった。

昼休みは地下三階の写真食堂で昼食をして、北は上野の西郷隆盛の銅像、西はかんだ明神、南は交通博物館まで散歩した。南にはチケットショップがあり、先輩の使いでテレホンカードや鉄道のプレペイドカードを買いに行くこともあった。主任研究員の一人は駅の券売機で間違ってテレホンカードを入れた失敗から、電車の写真のテレホンカードはタブーと言った。

 六時過ぎには退社して秋葉原駅に向かい、駅ビルのデパートが開いている関係で、今度は総武線のホームまで一気に上がった。デパートは三階建てでその上がホームである。小岩に着くと北口の前にあるスーパーは七時弊店なので、惣菜や弁当には値下げシールが貼られていた。これも生活には手助けとなった。

| | コメント (0)

クリスマスイブですが…

161121_114827特に クリスチャンでもないし (=´Д`=)ゞ

今日は日差しが出ていました そんなに寒くは (*゚▽゚)ノ

大阪府知事と大阪市長がダブル辞任するんだとか・・・ また都構想を争点に でも これは一度却下されたんだよね 果たして 有権者はどう判断しますのやら (・_・)エッ....?

ゴーン容疑者の特別は委任は リーマンショックでの損失が原因らしい それで どんな取調べしているんですかねぇ まさか ロープに竹刀 冷たい水入れたバケツ そして電気ショック与える器具 「取調べ中に急死しましたぁ」 そしてすぐに火葬しちゃうとか アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

| | コメント (0)

陽炎

また新しい作品を作りたくなりました 

 小岩駅の階段を上がっていると秋葉原方面に向かう電車の到着を知らせるブザーが鳴り出した。朝八時二十分を過ぎてラッシュのピークは過ぎつつあったが、ホームの上は通勤の客でいっぱいである。正面が黄色一色の一番古い車両が入ってきた。いつもは階段脇の少し狭いところを通って前に行くが、そのまま一番近いドアから乗り込んだ。

 大阪で生まれ育った私は地元の私立大学の経済学部で大学院まで過ごした。父は府立大学の経済学部で経済政策を担当していて私も同じ道を考えた。交通経済の大家とされる先生のゼミに所属したが、博士まで行くか研究機関に籍を求めるか悩んだ末に物流最大手のN社のシンクタンクに入ることとなった。

 N本体のような社員寮はなく、東京都の一番東になる江戸川区の駅から歩いて十分の賃貸アパートに住むことにした。家賃は月七万近くで、給料の三分の一が飛ぶ生活である。まだ結婚は頭になく、とにかく学会に研究論文を発表してどこかの大学に移れたらというのが希望だった。

 隣の新小岩を出ると中川と荒川を渡った。二つの川にはさまれるように首都高速が走っていた。川の水面は堤防の外の地面よりも高く見えた。平井を出ると線路の北にはN社平井支店と倉庫があり、並走する貨物線が上を横切って亀戸である。貨物線は海のほうへと離れて行き、錦糸町に到着した。

 ここでいつも快速線から多くの客が移ってきた。隣の両国で、快速は地下に下りて東京駅へと向かった。両国は高架が秋葉原や新宿に向かう形だが、北には行き止まりのホームがあって、風格のある駅舎が建っていた。隅田川を渡って浅草橋、そして秋葉原に滑り込んだ。約11キロを通常は十五分程度で走るが、ラッシュ時は三十分近くかかった。

 秋葉原駅は黄色い電車の総武各駅停車と山手・京浜東北がクロスする形になっていた。山手・京浜東北が南北に走り、その上を総武各駅が東西であ。職場には下のホームに下りてさらに階段を下りなければならなかった。駅の北側には広場があり、西に少し歩くと電気街のある中央通である。

 中央通に面した黒い八階建てのN本社ビルまでは駅から歩いて三分だった。研究所はビルの四階にあり、通用口を入ると階段で上がった。配属された経済研究部はフロアの東、中央通に面したところにあった。五つの研究室があって、スタッフは総勢二十五人である。室長の下に主任研究員が二人、主査一人、研究員は二年先輩と私の六人という所帯だった。

| | コメント (0)

橋の工事で

橋の工事
橋の工事
片側交互通行が・・・ 二日後にはここは通れなくなります その前に迂回路模索ですのぉ ( ´艸`)プププ

| | コメント (0)

丸山○成「前近代日本の交通と社会」吉川弘文館

今年の十月に出たものです 著者の名の一部がどうしても 昭和八年生まれで九大の名誉教授です

606ページでなんと1万4000円 五街道・脇街道・長崎街道とか日本橋や箱根関所とかを

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

平成最後の天皇誕生日

Img038今日もどんよりした天気でした 皇居の一般参賀は過去最高だったとか 私は一度だけ行きました モジモジ(。_。*)))

陛下が言及された「今年も多くの災害」 インドネシアでは昨夜 火山噴火が原因の津波で多数の死者が モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ゴーン容疑者が元日まで拘留されることに さらに長くなるでしょうねぇ 保釈されて日産本社に現れたら 血の雨が降ったりで ならば 拘置所の中で病死していただく でも「殺したな」と海外は見るだろなぁ 特捜部は落とし前で 解体 ( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0)

吉川弘文館 オンデマンド版の続き

大久保利通の孫 利謙氏って 歴史学者だそうで 昭和61年から平成元年にかけて八巻の全集を・・・1万2000円から1万6000円で 

原田勝正氏が平成10年に出した「鉄道と近代化」 208ページで2300円 の時代までは行ってないのかな

同じ年に出た 白崎昭一郎「森鴎外」は224ページで2300円 軍医として 脚気に取り組んだ姿が 

これも平成10年 川村湊「文学から見る満州」198ページで やはり2300円  どんな作家がどんな作品を・・・

平成十一年初版の 江後迪子「隠居大名の江戸暮らし」208ページで2300円 結構優雅な生活だったようで 

同じ年に出た 阿部猛「太平洋戦争と歴史学」208ページで2300円

これも平成11年 菊池勇夫「エトロフ島」 240ページで2300円 

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

今年最後の…

170411_1144133連休がstart どんよりした空でした 気温は十一月並みだとか (*´Д`*)

アメリカはまたまた混乱 メキシコとの壁建設費用を認めないなら 暫定予算は署名しないとあのお方が・・・ そのため政府機関が一部閉鎖に そうそう 国防長官が交代するんだって もはや 暗☆するしか ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

中国はカナダ人を三人拘束 でも人質取られても アメリカの要求には・・・だろなぁ ところでフランスはゴーン容疑者の取り扱いで「中国よりひどい」とか言っているそうな そのうち パリで拘束される旅行者が出たりしてね (*≧m≦*)

美祢市の市長が台湾で 女の子をホテルの自分の部屋に連れ込んで辞任することに だけど出直し選挙に出るつもりらしい 若すぎる女の子なのかどうか inspectする必要があるかも キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

| | コメント (0)

吉川弘文館 オンデマンド版だって

をスキャナで読み込んで そのデータを注文受けて販売という手法だそうな 重版にするには需要少ないとか 絶版だけどどうしても欲しいという要望を受けて・・・ 注文から三週間はかかるそうで

まっ いろいろとあるけど 私が興味ひかれたものをいくつか 

2005年に出た 青井哲人「植民地神社と帝国日本」 384ページ 1万2500円  植民地の都市に作られた神社だそうだけど 中心部ではなく 山の稜線に作られた・・・ん~ たぶん現地に見せ付けるという意図だったのかもねぇ

同じく2005年の初版 寺島孝一「アスファルトの下の江戸」224ページで2300円 こちらはリーズナブルな価格設定だと思うけど  絵画や文献とも照らし合わせて庶民の暮らしを・・・

2007年に出た 季武嘉也「選挙違反の歴史」240ページ 2300円 まっ昔も今も・・・ ところで ポスターにずうぅぅぅと昔の写真使うのってどうなのかな 元部の○○クンにはふさふさの時代はありません 

初版が25年前というのもあります 宇田川武久「東アジア兵器交流史の研究」 日本に火縄銃が渡来して さらに日本からもというようなストーリー これは474ページで 1万4000円 

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

今年も残り十日

Venus雨がちょっと降ったかと思うと止んだりで 結局傘は使わなかったけど (;´Д`A ```

日産を食い物にしたゴーン容疑者 勾留延長が却下されて保釈かと思われたら えっ 特別背任で再逮捕 これでフランスはまたまた щ(゚Д゚щ)カモォォォン

下関で行われていた 将棋の竜王戦で 羽生さんが敗北 これでついに無官に ハブ時代の終焉ということで歴史の転換点になりましたなぁ 舞台は下関 ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (0)

ラスト昭和(14)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 昭和64年が明けた。初詣は春日大社、二日は高校の稽古初めに顔を出した。同期は県庁に入る者、理系だが銀行に入る者、高校の教員になる者とさまざまだった。そして七日の朝、昭和の終わりが報じられた。街は一気に沈んだ空気が漂った。

 大学には十日になって足を運んだ。本館は夏休みに外壁が改修されてクリーム色に化粧直しされ、時計のある中央のガラスは熱戦反射ガラスになって鏡のようにきれいになっていた。

 ゼミ仲間の中には卒業旅行に出かける者が多く、大阪・北京の航空路線が出来たのを利用して中国に行く者、ヨーロッパの鉄道フリーパスを利用して一ヶ月も旅する者という具合である。敦はパスポートを取得するでもなく、ちょっと九州に足を運んでみようかなというところである。

 卒業式の前に部の「追い出しコンパ」が行われた。開会のときに師範から免状を渡された。日付は昭和63年の合格した日である。

「じゃあ、次は平成4年になるようにがんばってください」

 パラパラと拍手が起こって敦は「剣業一如」でがんばると応じた。それはK鉄道の剣道部のモットーで、もう部のほうから話は来ていた。

「そっちはどこ勤務なのかわかるの」

 敦は吉野に尋ねた。彼は大阪を引き払っていったん福岡に戻っていた。

「神奈川県の太井町の寮に荷物を送れという指示だった」

「会社の剣道部には入るの」

「いやぁ、なんとも・・・」

 その返事にこれは離れるつもりかなと思った。めぐり合わせがあればまたやることもあるかもという言葉は出さず、宴は続いた。

 ここでといたします

 

| | コメント (0)

ラスト昭和(13)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 四段の審査も大相撲が行われる体育館だった。敦は無事に合格したが、算段までと違って率は下がっていた。特に年配の人には厳しいように見受けられた。吉野は結局見送ったが、社会人になると早いうちに受けたほうがいいと感じた。

 十月一日に内定者全員が受けさせられたTOIECという英語能力テストの結果は一ヶ月たって送られてきた。敦のスコアは大学卒業の新入社員の平均400を少しだけ上回る成績だった。海外出張には600、大学留学には730、大学院は860が目安になるとあったが、海外事業をしている会社でないのが幸いなのかなと思った。

 三商大は今年は主催校として臨むことになった。会場は教養部内の体育館である。他大学の剣士も立て看板やヘルメットにタオルで顔を隠した「門番」を見ることとなった。それが心理的にどんな影響があるかだが、いつもK大の優勝に終わった。

 まずK大と敦たちが対決した。敦は大将で五勝五敗四引き分けで回ってきた。相手の大将の三年の新キャプテンである。敦は面抜き胴で一本勝ちして優勝の可能性を引き寄せた。I大学に対しては六勝二敗六引き分けで回された。向こうは守りに入っていたが、敦は攻め崩しての逆胴と抜き胴を決めて結果を待つことになった。

 女子はKが優勝で二位がIとなった。KとIの対決はKが九勝をあげたため、優勝はKに決まった。

 天皇陛下の病気ということで、いろいろな催しが自粛されていたが、この試合のセレモニーも簡素なものだった。昭和がいつ終わってもおかしくないという雰囲気で優勝の賞状も「昭和63年」ではなく「1988年」で作られていた。

 三商大が終わると敦は道具を引き上げた。稽古の場所も家の近くの小学校時代から通った道場に・・めというところである。免状は大学で受け取ることになるが、それは二月の追い出しコンパのときになるのだろうと聞かされた。免状の日付はたぶん昭和最後、64年は来るのかどうかと言うのは不謹慎として批判されかねなかった。

| | コメント (0)

金栗四三ミュージアムだって

来年の大河ドラマは日本マラソンの父と呼ばれる 金栗さんに・・・ そして恒例の ドラマ館が 故郷の熊本県玉名に 来年一月十一日から再来年の一月十三日まで 入場料は 600円 

生まれた家も 同じ日から十二月二十三日まで公開されます こちらは300円 なお 周辺の道路は狭いため が入れないという注意も・・・

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

今宵は原北に

180727_125814今年はあと一回ありかな 元日に向けてハイ 大学院生が久々に・・・ それで少しパワーを 心拍102でした r(^ω^*)))

ゴーン容疑者の拘留延長を裁判所が却下 フランスから 圧力もといプレッシャーでもあったのかな 政府を通してなら 裁判官も忖度しないとねぇ (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

トランプ大統領が シリアから手をひくと宣言 これ ロシアは喜んでいるみたいね 議会は与野党そろって o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

| | コメント (0)

ラスト昭和(12)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 夜は精進料理にビールだけついた。四年生は進路のことを発表した。九人のうち、一人は司法試験のために留年、一人が大学院に進むために受験、指導教員は引き続いてである。残り七人は地方公務員の結果待ち三人で、二人は地方銀行から内定をもらっていた。そして四人の行き先は敦のK鉄道、S銀行、F火災、M電器である。

 十月末のソフトボール大会のことも話に出たが、主力は三年生である。そして男女分けての部屋割りで一夜を明かしたが、宿坊では朝五時から「お勤め」という行があった。参加は自発的ということだが、起きれたら出てみるという感じである。敦が目覚めたのは午前四時半で、便意が強かったためだった。

 まだ静まり返った宿坊の二階の手洗いには「個室」が三つ並び、ひとつは戸が閉まって中からリズミカルな音と少し荒れた息遣いがしていた。煩悩は怖いものだなと思いながら入り、和式の真ん中から少し後ろの穴に校門の位置が合うようしゃがんだ。かなり太くて長い塊が出て「ヒューーーー、ボタァァァァン」と宿坊に響き渡った。

 朝食は朝七時半で九時には出立した。三年のときは奥の院観光をして帰ったが、午後からのクラブに顔を出したいので、高野山行きのバスに乗った。ケーブルカーで極楽橋に降りて難波行きの急行に乗って三国ヶ丘で阪和線に乗り換えた。駅前の食堂でランチをして武道場に着くと吉野が着替えているところだった。

「高野山どうだった」

「あちらは秋が早く来てるなぁ。十月一日はどんな指示があった」

「うちはまた東戸塚の研修センターに行く。今度は内定者全員が集まって一泊するんだって」

「俺のところもそうだ」

 四段審査を念頭に剣道形をすることになった。吉野も四段を受ける資格はできたが、受けるかどうか迷っているようだった。F生命にも剣道部があるので、就職してからでもいいかという気持ちと稽古の絶対量が減る前に取ったほうがいいというジレンマを抱えていた。

| | コメント (0)

ラスト昭和(11)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 9月5日の面接解禁日は実質入社意思確認日のようなもので、敦はK鉄道の本社に行き、観光バスで橿原神宮に連れて行かれた。拘束は一日だけで、そのあとゼミ合宿で一泊二日の高野山行きとなった。三・四年合同のゼミで三年が発表ということである。例年高野山の宿坊が使われた。

 集合は難波駅のロケット広場だが、直接高野山に向かうのも可能だった。集まったのは十一人、先生は京都に住んでいるので、こちらに来ることとなっていた。ロケット広場にはN2型の実物で長さが35mもあった。一堂は9時50分に出発する特急「こうや」に乗ることとなった。全席指定で運賃プラス特別料金である。

 難波駅は和歌山に向かう本線と高野山に向かう路線でホームが九本あった。一番端から四両編成の赤と白に塗られた「こうや」が出ることになっていた。敦はS銀行に内定した者と並んで座った。発車するとすぐ右にホークスの本拠地である大阪球場があり、しばらく和歌山への本線と並走した。

 隣の者との会話はどんな接待を受けたかである。かなりのアルコールを飲んで酒の強さを見られたなと言い合った。紀伊山地にある林間田園都市を出ると線路は複線から単線になり、橋本を出ると山の中に入った。時速100キロで大阪平野を突っ走った「こうや」は30キロくらいのペースに変わった。

 極楽橋に着くと隣のホームには四両編成の急行が止まっていた。こちらは運賃だけで乗れた。和歌山から来ている者はもちろん、岸和田や泉北ニュータウン周辺に住む者はこれを選んだ。彼らは「こうや」の到着をケーブルカーへの乗換え口で待っていた。赤と白に塗られたケーブルで高野山駅に上がるとバスに乗り換えて町の中心部に移動した。

 食堂で昼食をして金剛峯寺の近くにある宿坊に入った。まず大広間で三年生三人による発表である。「ワイセツ文書」では野坂昭如が取り上げられた。この人は一年のときに大学祭に呼ばれて講演もしていた。「ソ連の刑法」では経済犯罪で死刑になった事例や同性愛は自然に反する行為として処罰対象ということが紹介された。先生はソ連の刑法にも造詣があった。「交通安全に対する罪」では汽車・電車転覆でガソリンカーは?となった裁判から航空機の登場を想定していない明治時代の刑法の問題点、そして改正刑法にまで言及したものだった。

| | コメント (0)

東日本大震災(3221)

 予報ではも降るとか・・・

北茨城 十一月 での最大値 0.10

浪江 2万519人中 町内 617 まだ3%しか 県内 1万4276 県外6243

山田町 道の駅での新商品 6個324円の菓子 でもオイスターが原料なのは私には  町の人口は 1万5669人

伊達 12月13日 最大値 0.65 いったい何が 

那須塩原 12月17日 市役所 0.08 

JR東日本 3月のダイヤ改正 常磐線の広野・木戸間に新駅 Jビレッジが 

東北大学 1月26日に講演会 震災後の健康と 備えの重要性 気仙沼で 

福島県 12月19日 15時 福島市 0.14 郡山市 0.08 南相馬 0.07

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

久しぶりに…

161121_114827日射しが出ました 気温も少しだけ上がったかな (◎´∀`)ノ

大阪で起きた中学生男女の殺害事件 犯人に死刑判決が出ました 当然といえば当然 (;-ω-)ノ

ソフトバンクの携帯電話子会社が上場 先日の通信障害の影響もあって さえない値動きに・・・ それでも二兆円以上のキャッシュが転がり込んだとはねぇ ( Д) ゚ ゚

| | コメント (0)

ラスト昭和(10)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 敦は通学で利用しているK鉄道に入ることにした。N電鉄やAビール、F生命にも内定をもらったが、選んだのはここだった。F生命には吉野が入ることになった。二人とも西日本大会の後に大阪南支社にいる法学部の卒業生と個別に会い、大阪北支社で面接を受けた。八月二十日から敦は二泊三日で会社の研修施設で接待や施設の見学をしていた。

 八月も終わりに近づいて大学のクラブが再開された。体はすっかりなまっていたが、十月の半ばに行われる四段審査と十一月の三商大が締めくくりとして大事だった。素振りはしていたが、面をかぶって稽古するのは一ヶ月ぶりである。夏休みで実家にまだいる者もいて参加者は三分の一程度だった。それでもコート二つしかない剣道場なのでちょうどよかった。残りの半分は柔道である。

 基本のあと試合稽古になってようやく吉野が現れた。彼と顔を合わせるのは八月になって初めてである。彼は面もかぶらず剣道着までで素振りをしながら稽古を見学していた。三年生二人、二年生一人と五分程度の稽古をすると一年生の高校でも後輩だった者と竹刀を合わせた。四段を意識して面での勝負から入ったが、足の動きが鈍いなという感はぬぐえなかった。

「ラスト一本勝負」

 敦はとんな技が来るかを見てみようと思った。前の三人にはいずれも出小手を打たれた。間合いと呼吸を計りながら剣先でタイミングをうかがっていると相手が剣先を沈めて間合いを詰めてきた。そこを面に乗ったら、相手の姿が視界から消えて、右わき腹から臍の左下にかけて両断された。すれ違ってきちんと構えたところで敦はうなづいた。

 稽古の後、吉野と専門の食堂まで歩いた。教養の食堂は天井か低くて暗いのがどうしても好きになれなかった。夏休みのためか日替わりはなく、カツカレーを選んだ。普通のカレーは240円、カツカレーだと290円である。それでも足りなく思ったので、チョコレートのアイスクリームも買った。

「F生命はどんなだったの」

「東京まで新幹線で連れて行かれて東戸塚というところにある研修所に二泊した。ディズニーランドに行ったり、本社ビルも見せてもらったよ」

「ディズニーかぁ」

「会社がスポンサーになっているアトラクションだけは乗るようにした。三時間待ったけど」

 

 

| | コメント (0)

ラスト昭和(9)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 博多に着くとQ大学に足を運んだ。大会の会場は市民体育館だが、前日の調整はQ大学の武道場で合同稽古ということになっていた。武道場は地下鉄駅の中間点にあって歩くのが少しトレーニングにもなった。Q大学の他に長崎や鹿児島の国立大も来ていた。

 敦たちの大学も近くを大阪空港に降りる飛行機が低空で飛んでいたが、こちらも福岡空港に降りるコースのそばで、ひっきりなしに轟音が響いた。基本練習のあとに練習試合もしたが、敦はQ大とは引き分け、熊本・鹿児島の大将には負けた。チームは三戦三敗という結果である。

 合同稽古の後は博多駅近くのホテルに移動した。大会に関西や中国・四国から参加するチームも来ていて「呉越同舟」のようだった。市民体育館も地下鉄駅のすぐ近くで隣は県庁があった。 

 最初の相手は地元のS学院大学だった。前の四人が二勝二敗で一本差でリードという状態で回してきた。敦は冷静に相手の動きを観察し、面を取りにきたところを胴に返して一本勝ちした。

 次の相手も地元のF大学である。今度は一勝三敗で負けが決まった状態で回された。敦は面勝負で小手を取られての一本負けだった。試合が終わってから帰りの新幹線までの時間はかなり残った。とりあえず優勝がどこになるかを見届けることにした。決勝は関西で優勝したD大学と福岡にある教育大学となり、D大学が勝った。

 帰りの新幹線も座席が四列というタイプだった。真ん中に二階建て車両が組み込まれたタイプは東京・博多を一番早く結ぶ「ひかり」に使われていたが、その最終は出たあとだった。

 大学剣道は秋の三商大を残すのみとなった。あとは四段を受けるかどうかであるが、その前に就職が決まらないといけなかった。幹部交代は九月で、三年生は工学部で地元のS高校から来た者が有力である。

 

| | コメント (0)

JTB ロシア7日間

六回残ってます 24万9900円から27万9900円 冬場は安いねぇ  上級エコノミーは片道4万 往復で7万円の追加 ビジネスは14万円 そしてお一人様は4万円アップ  サーチャージ込みで空港税が5400円ほど・・・

JALで成田を十一時前に出発 午後三時にモスクワに着くとへ 二日目はクレムリンとモスクワ市内 でも寒いからモスクワ大学とか体験はオミット 三日目は モスクワから一時間半のセルギエフ・ポサーとに行って でサンクトペテルブルクに

四日目 エルミタージュと市内観光 五日目はエカテリーナ宮殿と血の上の教会に 六日目の午後帰国の途につきます フリータイムはなさそう モスクワに飛んで午後五時には成田へと 到着は朝八時半 

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

今日もどんよりした

空模様でした 風も冷たくて \(;゚∇゚)/

Mycar日産と「レナウルト」の間で 後任会長人事をめぐる協議がアムステルダムで さて どうなりますのやら (-.-)zZ

防衛対抗が新しく 宇宙やサイバー空間も対象に そして 護衛艦「いずも」の空母化も ところで あの国 改革解放路線の四十年式典をやってます 増長の基点 というところかな ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

西鉄が また新たな発表 高速バスのデザインを Nと五線譜をイメージしたものにするんだってさ ( ´艸`)プププ

| | コメント (0)

ラスト昭和(8)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 新大阪駅の20番ホームで博多行き列車の車内清掃が終わるのを待つ敦たちの真上を大阪空港に着陸するジャンボジェットが通り過ぎた。四つのエンジンから轟く音がハラワタを揺さぶった。五月の末に福岡で行われる西日本学生大会に出るため、新幹線で移動するところである。

 三年の時は先鋒で出場して熊本の大学に一回戦で破れた。敦は面で一本負けしてチームの出鼻をくじいてしまった。今年は大将として臨むことになっていた。行きは昼過ぎに博多に到着する列車で、帰りは午後七時に博多出発、奈良まで戻るのは深夜になる見込みである。

 車内清掃が終わってドアが開いた。一同は指定席に乗り込んだ。生協で手配したのだが、この列車は航空機との対抗として普通車でも横四列というゆったりを売り物にしていた。途中停車は岡山・広島・小倉でこれも航空機に対抗するためである。敦はA席で、隣には吉野が腰を下ろした。

「電鉄受けるためかい」

 防具袋から交通経済論の先生の著書を取り出した敦に吉野が声をかけた。それは「日本の私鉄経営」というタイトルで、先生の研究テーマであった。授業では国鉄改革がテーマでこちらに関する著書は先輩から譲り受けた。今読んでいるのは図書館で借りたものである。

「業界研究もしないとね」

「グループ面接は目立ちすぎず、おとなしすぎずがポイントみたいだよ」

 先輩から聞いた情報では電鉄が動くのは六月ということだった。すでに総合商社やメーカーの一部が学生と接触を始めているようだったが、銀行・保険はまだである。吉野は金融を軸に考えていると言っていた。

 山陽新幹線は高校の修学旅行以来二度目である。奈良から京都までバス、そして博多まで新幹線、九州では大宰府、長崎、阿蘇、別府と回って小倉から新幹線で京都という行程だった。

 大阪平野から六甲トンネル、新神戸を通過していくつかトンネル、明石から姫路にかけて平野、いくつかトンネルを抜けて岡山に、平野部、トンネルと繰り返して広島、またトンネルを出たり入ったり、徳山の石油コンビナートではカーブのためかスピードが少し緩み、新関門トンネルを抜けると小倉、またトンネルに入り、出たり入ったりを繰り返すうちに博多到着となった。

| | コメント (0)

ラスト昭和(7)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 三回生で卒業に必要な単位はほぼそろえることができた。可が多いという突っ込みを受けるにしても・・・。四年で受講届けをしたのはパソコンをいじって判例検索を行う「法とコンピュータ」N証券の寄附講座「証券取引法」経済学部の「交通経済論」そしてゼミである。

 四月には新入生の勧誘が恒例だが、男子七人、女子三人が入った。何人残るのかが気がかりであるが、男子の一人は高校の二学年下の者で浪人して医学部に入った。医学部は教養の単位を完全に揃えないと三年にはなれなかった。理由はキャンパスが離れているということである。医学部は試合では別枠があった。

 四月の末には府立大と和歌山のW大学との三大学戦が行われた。これも男子十五人、女子五人という形である。敦は二年生で先鋒、三年では中堅を務め、三勝一引き分けという戦績である。最終学年となって大将として出場した。府立とは六勝五敗三引き分けで回ってきて焦り気味の相手から面返し胴を二本奪って勝ち、W大戦は六勝六敗二引き分けとプレッシャーのかかる戦いで小手返し面を決めて三年連続の優勝に貢献した。

 このころから銀行や保険に入った卒業生が夜に電話をかけてくることが増えた。水面下での接触を他が始めているのか、どんなところを考えているのかをさぐっているみたいだった。敦は既にK電力や鉄道関係の業界セミナーに顔を出していた。どうやらこれは体育会関係の学生の囲い込みかなという感じはした。

 五月の連休明けには関西学生選手権が行われた。会場は大相撲も行われる体育館である。セミナーでみかけた者もいたが、それは国立大と四つの有名私立大学のみである。団体は五人制で大将に入った。初戦はO産業大で、二勝二引き分け、敦は無理をせず相手が面に来たのを返し胴で二本とした。

 次のK産業大は強豪のひとつだった。一勝二敗一引き分けで敦が二本取らなければ次に進めないという状況だった。結果は小手一本での敗北である。個人のほうはまずO外国語大の選手に小手から胴への技で一本勝ち、二回戦はR大の選手で小手一本ずつで延長になったが、面返し胴が決まって勝ち残った。次がD大学の選手で面と小手を取られた。この相手が関西を制覇して全国に進んだ。

| | コメント (0)

JTB ロンドン・パリ8日間

残っているのは八回 33万9900~37万9900円 上級エコノミーの JALは片道6万か8万 往復で10万か12万 全日空は往復のみの15万 ビジネスの JALは25万から35万 全日空は28万のみ シングルは7万9000円の

羽田を正午前に出て午後四時前にロンドン着 三連泊いたします 二日目はコッツウォルズとシェークスピアの故郷に 三日目は 午前に主要スポットを回って午後はフリー 四日目 鉄チャンには ユーロスターでパリに 到着後は主要スポットを

五日目 モンサンミシェルに 修道院を見て ここに投宿 六日目はベルサイユを経てパリに 七日目は午後三時くらいまでフリー 夜七時過ぎに飛び立って 午後三時頃羽田に着きます

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

マァいろいろと…

150105_125613本日は曇り 風が少し強かったです (;;;´Д`)ゝ

昨夜 札幌で消臭スプレーを処理していた不動産会社で爆発 隣の居酒屋まで巻き込んで42人が負傷 建物は倒壊 160m離れた建物にまで被害が・・・ これでよく死人が出なかったなぁ モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

西鉄が 有料着席サービスを始めると発表 天神からの帰りに という需要を見込んでのことらしい でも車両は? 二人がけシートの奴なのかなぁ もう8000系はいないのが (´Д⊂グスン

| | コメント (0)

ラスト昭和(6)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 昭和63年が明けた。年末から家に段ボール箱入りの就職情報誌が届くようになっていた。それは兄の時もそうだった。分厚い会社情報に資料請求ハガキが添付され、興味を持った企業に送るというものであるが、それが一番最初の選考でもあると兄からアドバイスされた。とりあえず、話題となるビールを出したA社、関西エリアならばとK電力、JR各社、通学でなじんでいるK鉄道、H電鉄とN電鉄も関西に根ざしたところ、先輩の入ったM電器、食品では関西が基盤のG社、とにかく志望動機、学生時代に力を入れたことはどの会社も同じである。動機はそれぞれに合わせ、力を入れたことは剣道部と書いた。

 後期の試験が近づいてクラブがしばらくオフになるため、防具を大学から自宅に持ち帰る日の朝、阪和線の踏み切りで事故があって大学へは地下鉄で振り替えということになった。これは一年の秋に国鉄の分割・民営に反対するゲリラ事件でストップして以来の事態だった。天王寺で乗り換えた電車は三本目でようやく乗れた。教養部の端にある学生寮はヘルメット集団の巣窟ともなっていたが、ここの出入り口が地下鉄の駅からもっとも近かった。そこは警察が封鎖していて正門に回りこむ形となっていた。

 この日も電車は混雑し、乗れたのは二本目である。道具を家から大学に運ぶ日だったら大変だったなと改めて感じた。八両編成だった電車は中百舌鳥への延伸に伴って十両編成になった。万博に備えて作られた車両は冷房がなかったが、一気に冷房車に入れ替わった。

 あびこ駅は道路の下にあって、ホームは二本向かい合わせになっていた。中百舌鳥に向かうホームから地上に出ると上の道路を渡らなければならなかった。ホームの間は線路の下をくぐる通路で移動することもできるが、それは面倒なので道を渡った。

 木造平屋の市営住宅や新しい賃貸アパートの混在したエリアの中を抜け、関西本線と阪和線をつなぐ貨物線を渡った。単線のレールは一年のときは昼間にコンテナを積んだ貨物列車が走るのが教養部の校舎からも見えたが、最近は通ることがなくなって赤錆が浮いていた。地下鉄車庫の跡はレールが外されて空き地状態、車庫と教養部の間の道を歩いて文型のキャンパスまで歩いた。

| | コメント (0)

ラスト昭和(5)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 三大学の選手が一同に会してのセレモニー、昼食会を経て午後一時から試合がはじまった。武道館はコートが二つ取れるので、男子のK対I、女子は敦たちのところがまずKと戦った。KとIの試合はKが八勝五敗二引き分けだった。女子は敦たちの大学がK、I両方に敗れて最下位が決まった。

 男子の次の試合は敦たちとKである。前の七人が二勝三敗二引き分けで回ってきた。敦が得意な面返し胴は決まらず、小手から胴への切り込みで小手を打たれて一本負けした。後ろの七人は一勝五敗一引き分けである。K大学の強さを今年も思い知らされる形となった。

 Iとの戦いは四勝二敗一引き分けで回ってきた。敦は相手が積極的に仕掛けてくるのを冷静に対応して出小手と面返し胴でストレート勝ちした。後ろは三勝二敗二引き分けとなり、敦たちは二位という結果だった。終わると一時間ほど合同稽古をして解散となった。死刑の針は午後五時を回っていた。

 I大学の一行は新神戸駅に向かって新幹線に、敦たちは阪急六甲から帰途についたが、明石や神戸市の西区から来ている者はJRの駅に行った。二人とも通学はJR利用である。敦は梅田駅の地価食堂街で夕食をして解散した。

「就職はどうするんだ」

 大阪駅の環状線ホームで商学部三年の吉野が敦に尋ねた。彼は福岡県に実家があり、阪和線の我孫子前の近くに住んでいた。大学までは徒歩で十分程度の場所にあるアパートに住んでいた。

「警察とか市役所を受けてみようかなぁ」

「景気も回復しているし、民間企業も考えてみたら」

「どんなところを考えているんだ」

「金融・保険を中心に、でもいろんな業界を当たってみるのがいいよ」

「福岡の企業は考えているの」

「受けに行くのがちょっとねぇ。西日本大会のついでにというのもなかなか」

 話を続けるために外回りの電車に乗り込んだ。

「大きなところだと全国どごにでもという覚悟がいるかもなぁ」

 敦はまだ地元にいるか全国を飛び回るようなところに行くのかはっきりとは決めていなかった。次男ということでどこにでもというのはあるが業種はまだイメージしていなかった。実業団で剣道部がある会社ならば考慮してもいいのかなという程度である。

| | コメント (0)

JTB イギリス八日間

残っているのは二月と三月に五回 火曜出発で31万9900円から34万9900円 上級エコノミーで片道7万か8万 往復は13万か16万円の ビジネスの追加が35万か38万で お一人様の追加は6万8000円

成田を正午過ぎに英国航空で出発して乗り継ぎでエジンバラに 二日目は 城や国立美術館 市内を一望できる丘などに ランチはサーモンだって 三日目は 湖水地方に移動 湖の遊覧もするけど 蒸気機関車は・・・ないねぇ 

四日目は シェークスピアの故郷に行って コッツウォルズに 五日目は 村めぐりの後 ウィンザー城を経てロンドンに 六日目は 午前は二階建て←赤です を貸しきっての市内観光で 午後はフリータイム

七日目 午後二時前に英国航空で帰国の途につきます 成田着は 朝十時半 

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

大河ドラマも

今日でラスト 佐賀県知事選挙の当選確実テロップは開始と同時 現職とコミュニストじゃねぇ (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

150302_131849雨が一日中 降ったり止んだりでした (-.-)zZ

アメリカに不法入国したグアテマラ難民から死者が・・・でも 不法に入ったという事実をどう考えるのか 法学部出身者としては モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

| | コメント (0)

ラスト昭和(4)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 十一月に入って行われた関西学生新人大会は団体・個人ともに一回戦で敗北という不本意な結果だった。団体は大将として臨んだ。相手は京都にある私立のR大学である。中堅が引き分けたものの、三人が敗れて負け確定で回ってきた。敦は思い切って挑み、小手から胴に切り込んで一本勝ちした。

 個人の相手は強豪O体育大学で副将を務めている選手だった。背は低いがどっしりした体型である。敦はいきなり合い面で取られ、二本目は小手・胴に切り込んだが、審判の旗は一本だけだった。かなりいい音はしたのだが、相手の太い胴はびくともしないように見えたのだろうと後で言われた。そして面を取りに出た瞬間に胴を抜かれた。上半身と下半身を両断されたと思うほど強烈な一撃だった。

 十一月最後の日曜には三商大戦が行われた。敦たちの大学と神戸にあるK、東京のI大学は戦前派商科大学と呼ばれ、体育会だけでなく、文化サークルやゼミでも交流をしていた。こちらは男子が十五人、女子五人の団体試合という形である。敦は二年の時は先鋒として出場した。主催はI大学で、修学旅行以来の新幹線だった。I大と互いに有効なしのは引き分け、K大学戦は面で一本負けだった。

 朝九時に阪急梅田駅の下にあるK書店のスクリーン前に集合した。ここがキタの待ち合わせスポットのようである。男子は四年生四人、三年生六人、二年生五人がメンバーである。女子は四学年合わせて九人で、四年生と三年生が二人、二年生が一人という構成だった。

 阪急神戸線は特急と普通が十分に一本ずつというダイヤだった。特急が出た後に普通が出発する形である。特急は西宮北口のみに止まり、ここで普通に乗り換えてK大学のある六甲駅に向かうことになった。チョコレート色に塗られた車体と内装が木目のシックな電車で、いつも使っている電車に比べると客層も垢抜けた感じだった。

 梅田駅は神戸・宝塚・京都の三方向の起点であり、電車は九本並んだ。発射すると三つの複線となり、淀川の鉄橋を渡って十三である。ここでそれぞれの方向に分かれて進んだ。六甲の駅は真ん中に通過用の線路があってその両側にホームと停車用の線路があった。一同はバスに乗り換えて大学の正門まで上った。この坂道を毎日歩いているから足腰が自然に鍛えられていると四年の先輩が言った。三商大はいつもK大学が優勝していた。

| | コメント (0)

ラスト昭和(3)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 先に攻めるのは相手側だった。いきなり三遊間を破られ、次のバッターはピッチャーフライに討ち取ったものの、三番にはセンター前に運ばれた。四番は敦の頭上をライナーで抜き、レフと線を転々としているうちにランニングホームランで三点リードされた。そのあとも満塁にされたがラストバッターの女子がピッチャーゴロでチェンジした。

 裏の攻撃は三者凡退に終わった。二回表はツーアウトを取ってショートゴロが送球ミスで出塁を許して四番に回った。今度はライト前に運ばれて一・三塁になったが、五番は三振に討ち取った。敦はセンター返しを意識したが、打球がフライになった。五番がショートへの内野安打で出塁したが、あとの二人もアウトになった。

 三回にはソロホームランで一点を失い、裏も得点なし。四回にはまた四番からタイムリーをやられて、差は六点となった。二度目の打席は三塁にランナーがいる状態で敦に回ったが、ファーストへのファウルフライに終わった。五回には十点差がついて規定によりコールドとなった。

 少し早めのランチは370円の日替わり定食を選んだ。食堂は南向きの大きなガラスが普通の建物の二階くらいまである作りである。定食はご飯・味噌汁に大皿と小皿、小皿のないものは50円安かった。ゼミ生固まってのランチの話題は卒業後の進路だった。四年生は二人が司法試験を受けていたが、二人とも二次試験で涙を飲み、留年して捲土重来を期すとのことだった。公務員が大阪府・近畿運輸局・和歌山市役所、大学院に進むのが一人、企業に入るのが、H製作所・N生命・F火災・M電器である。

 ランチのあとは書籍部を覗いた。剣道関係の雑誌はなく、ゼミ仲間に何人かいる鉄道ファン向けのものは置かれていた。五時限目の時間帯にクラブをやることになっているが、それまでどう過ごすかが問題だった。三年生のうちに卒業単位がそろえられるように受講できるものは全部届けていたが、ソフトボール大会のために法学部の講義は休みである。文系の他学部は20単位まで認められるのだが、敦は特にいれてなかった。部の先輩の情報では経済学部の交通論がいいと言われていたが、この講義は隔年ごとで受けるとしたら四年になってである。

 図書館にも寄って三時半に教養部に移動した。入り口には「関西新空港建設阻止」の立て看板にヘルメットをかぶり、顔をタオルで隠したC派の活動家が門番のように立っていた。大学紛争の遺物がとても異様だが、敦は視線を合わさないようにして中に入った。武道場は教養部の東にあり、テニスコートや体育館に隣接していた。敷地の外は道をはさんで市営地下鉄の車庫があり、出入りする車両がレールをきしませる音をたてていたが、春に地下鉄が延伸されて車庫も移転した。

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

JTB ロンドン6日間

十二月から三月で残っているのは七回 水曜出発 21万9900円から26万9900円で 上級エコノミーは 片道で7万か8万これは英国航空のみ 往復だと 13万から16万 ビジネスは 30万から38万円 シングルは4万6000円 そしてサーチャーは込みで 空港税が2万1800円 ビジネスで3万4000円 高いのぉ 

羽田は全日空 成田は英国航空 いずれも正午前後に出発 現地には午後四時頃 二日目はコッツウォルズとオックスフォードを回ります ランチはフィッシュ&チップス 夕食はロースとビーフ 三日目は 二階建てバスを貸しきっての市内観光です  アフタヌーンティーも

四日目は一日フリーで 五日目は全日空なら三時くらいまで自由 の出発は午後七時 英国航空は午後二時前に出発です 成田着は午前十時半 羽田は午後三時前という具合

| | コメント (0)

平成30年も残り半月に

140225_104837_m今日も気温は低かったけど 日差しが出ると室内ならマァ (*^-^)

カナダが受けたとばっちりは 観光イベントにまで しかしまぁ 拘束されたカナダ人 どうなるんですかねぇ いつ華為の幹部がアメリカに引き渡されるのかも ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

医学部入試の問題で 「女子のほうがコミュニケーション能力高いので補正した」という言い訳 もとい弁明をしたのが 順天堂 波紋を起こしているんだって (;-ω-)ノ

| | コメント (0)

ラスト昭和(2)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 杉本町駅の改札は大学の反対側だけで、キャンパスには駅の両側にある踏切を渡らなければならなかった。敦は入学以来ずっと南側の踏切を渡っていた。阪和線は普通・区間快速・快速に加えて紀伊半島への特急「くろしお」も走っていたので、一時間のうち四十分は遮断機が閉まるという状態だった。

 四本の線路に加えて関西本線とつながる貨物線もあって踏切は結構幅があった。線路の東側のキャンパスは駅の横が理系地区、道路をはさんで南に文系地区、理系地区の東に教養部という配置である。なお、医学部は天王寺にキャンパスがあった。踏切を渡るとすぐに経済・文学・商学部の研究棟に行くには便利な門があるが、敦はさらに向こうの専門から入った。

 正門からは本館が正面に見ることができた。三階建ての昭和初期に作られた建物で中央には時計塔があった。誓文から本館までは100m近くあり、芝生とワシントンパームの列ができていた。法学部の事務室は向かって左の図書館の端にあり、大学に来るとまずここの休講掲示板などをチェックする習慣になっていた。今日は法学部自治会主催のソフトボール大会が予定されていた。

 事務室を出ると本館に向かって左の生活協同組合の建物にある手洗いに寄った。個室の中で用を足すついでに運動しやすいように着替えた。隣の個室からは規則正しい音が響いていたが、何をしているかはともかく、誰なのかはわからないように出るタイミングが注意かなと思った

 本館の南には野球場があり、ポプラ並木をはさんでラグビー場もあった。その先は大和川が流れていて対岸は堺市である。ラグビー場の横を走る阪和線の電車が鉄橋を勢い欲鳴らして走り抜けた。

 一・二回生時代はクラス単位でのチームだったが、専門の場合はゼミである。もっとも人数が少ないと連合チームを組むかあるいは有志というような形でエントリーすることになった。敦は刑法ゼミに所属していた。将来の進路ははっきりしていなかったが、もし警察に入るとしたらやっておくのがいいかなという動機である。先生は刑法では日本随一の有名な先生だった。各学年で十人以上が所属し、司法試験を目指す人もいた。

 敦はサードで四番というポジションだった。一・二回生からずっとこの位置で、一回生の秋には優勝も果たした。最初の相手は一回生のCクラス、互いに女子一人ずついたのでハンディの点数も二点ずつと同じで試合が開始された。相手の投手は剣道部で、T高校の出身、しかも四番に入っていた。

| | コメント (0)

ラスト昭和

また新しいものを・・・ 昭和最後の大学生の就職活動というのが 

 生駒山のトンネルを抜けたなんば行き急行は、大阪平野を見下ろしながら坂を下った。ドア際に立った敦は遠くに見える六甲山地に目をやった。秋になって空が透き通るようになり、遠くも見えやすくなった。

 奈良の県立高校を卒業した敦は、大阪市の南端にある公立大学の法学部に入った。三つ上の兄も同じ学部だった。兄と同じように小学生のときから剣道をやっていた敦は高校・大学もあとを追いかけるように続けた。兄は四年になって県庁を受けるための勉強に専念し、道具もゼッケンも敦が受け継いだ。

 三年の九月になって敦は新キャプテンに指名された。ずっと兄よりは強いと言われ続けていたが、全国大会に出るような選手にはなれなかった。大学一年の秋に三段まで行き、兄は三段のまま県庁職員となり、剣からは離れた。

 電車が鶴橋に到着すると大阪環状線に乗り換えた。国鉄から西日本旅客鉄道に名前が変わってオレンジ色の車両には白いマークが施された。天王寺から大阪、そして環状線を一周して奈良に向かう快速は白に朱色の帯を入れたものだが、鶴橋と天王寺は各駅に停まった。

 天王寺では二回目の乗り換えである。大学のある杉本町は天王寺寄りにしか改札口がないため、乗るときはいつも行き止まり式のホームの車止めがある側からである。水色に塗られた電車は鳳か日根野行きの普通電車しか乗れなかった。和歌山に向かう区間快速や和歌山の先に行く快速は杉本町に停まらなかった。快速は白に水色のラインの入ったタイプだが、区間快速は水色、鳳から先が普通となった。

 天王寺を出ると大阪環状線や奈良に向かう関西本線をまたいだ。右手に見えるT高校は在学生の出身校として最多だった。芥川賞作家の大先輩、開高健の母校でもあった。電機メーカーとして有名なS社の本社が池越しに見えたり、長居公園の最寄にある長居では快速を先に通すことがあった。杉本町も退避できる駅なのでそれは学生たちに不評だった。

 杉本町は入学したときは平屋の木造駅舎だったが、秋には二階建ての駅舎に建て替えられた。ホームと駅舎は跨線橋でつながれていた。それは新しくなっても同じである。改札口は二階に設けられた。一階には国鉄が経営多角化の一環としたハンバーガーショップがオープンしたが、地元商店街からは反対の声があって、駅のすぐ前に看板が出ていた。

| | コメント (0)

JTB 独仏9日間

12月から3月の間に残っているのが六回 36万9900円から49万9900円 上級エコノミー利用で往復が11万から25万円 ビジネスは往復で28万から45万円 シングルは8万4000円です 

羽田を十一時過ぎに全日空で出発 フランクフルトに午後四時前に到着して ローテンブルクに投宿します 二日目は市内の散策をしてフュッセンに 三日目は ノイシュバンシュタイン城を見てスイスのインターラーケンに 四日目は鉄チャンのハイライト 登山電車でユングフラウヨッホに 夜にはフランス新幹線でパリに移動します

五日目はモンサンミッシェルに 修道院を見て このエリアに宿泊 六日目 ベルサイユを見てパリに 七日目はフリーとなります 八日目も全日空の出発は午後七時以降なので 午後三時くらいまでフリー 帰国は9日目の午後三時過ぎ

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

今日も…

朝の冷え込みがかなり 昼間も気温はそれほど (;;;´Д`)

170221_102925あおり運転での危険運転が認定されました まっ 当然でしょ (#`Д´)

米中対立に巻き込まれたカナダ あれぇ 二人目の人質が・・・ ところで 靖国神社に火をつけようとした 中国人が逮捕されて なんだか あちらに行くと 人質にされそうな ┐(´д`)┌ヤレヤレ

医学部の不適切入試 やっと 校名が発表されました。十校 で九校はすでに自分から発表したけど 一校だけは・・・ あのぉ 「柴犬」大臣殿 どういう制裁しますかぁ (・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (0)

JTB フランスに8日間

ストラスブールでの銃撃テロ犯人は当局が射殺 ところで・・・ゴーン容疑者の件で もしかしたら人質交換の材料にされるかもしれませんなぁ くれぐれもの部屋に現地の「若すぎる女の子」を連れ込んだりなさいませんように・・・ で 三月末までに火曜日出発で七回残ってます 一番安い元日出発が32万9900円 クリスマス翌日が一番多角で7万円 上級エコノミーは片道7万円 往復なら13万円の追加 ビジネスの追加は30万か40万 お一人様の追加が5万円 サーチャージ込みで空港税が1万3000円程度 これもビジネスだと5000円のアップ

成田を十一時にエールフランスで出発 パリ乗り継ぎでニースに 到着は夜ですね・・・ 二日目はモナコにちょっと入って ニース市内観光をすると260キロ移動してアビニョンに 三日目 ゴッホの絵の舞台 アルルと ローマ時代の水道橋を これは一番上に そして鉄チャンのハイライト  新幹線でパリに移動します

四日目は ベルサイユを見てさらに200キロ移動 ロワールの城を見て の試飲もします 夜はロワール地方に投宿 五日目は300キロの行程でモンサンミッシェルに到着するとオムレツのランチ そして修道院を見て 夜はここの宿に 六日目はパリに移動して エッフェル塔 凱旋門 ルーブル美術館を・・・

七日目 帰国のエールフランスは 午後一時半には飛び立つのでフリータイムはありませんのぉ・・・ 八日目の朝九時過ぎに成田に到着します 

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

まだまだ寒さが・・・

150101_134001今夜は原北に 年内にあと二回 天皇誕生日の後も稽古って 小倉以来かなぁ (*´д`*)ハァハァ

イギリスの 保守党党首信任投票は首相の続投に落ち着いたけど 不信任も三分の一に達していて・・・ 前途多難だのぉ (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

大阪の警察署から容疑者が逃走した事件 あらまぁ 大事なこと発表してませんでしたねぇ 留置場の担当者が スマートフォン見ていて それが アダルト (ノ∀`) アチャー

| | コメント (0)

日本旅行 三浦半島・横浜の続き

オプションはさらに・・・ 横須賀軍港クルーズ 1300円 猿島 1200円 ソレイユの丘 900円 油壷マリンパーク 950円 葉山マリーナクルーズ 2400円 水中観光船 900円 城ヶ島渡船 900円 レンタ 1350円 三浦ガラス工芸体験 1950円

飛行機については 福岡・羽田が基本で 時期による追加は500円から3万3000円 北九州だと 最大で1000円マイナス 佐賀は福岡と同じから割り増しが・・・ その他の九州は500円の追加から でホテルについては 京急の 観音崎 城ヶ島 鎌倉プリンスはいずれもお一人様の設定なし  横浜の桜木町ワシントンホテルで 4万2400円から4万9300円 飛行機とセットで一泊二日という場合であります

| | コメント (0)

日本旅行 三浦半島・横浜

170712_122210→を利用します 羽田と横浜の往復は620円 JALだったら無料のクーポンが モジモジ(。_。*)))

京浜急行の二日間フリー切符は 品川から2030円 横浜 1620円 上大岡 1510円で φ(・ω・ )メモメモ

三浦半島周遊のオプション 観音崎 3200円 横須賀4700円 葉山 一万500円から1万5100円 これはタクシーを使うため 一番安いので四人利用のひとりあたり お一人様はなさそう (A;´・ω・)アセアセ

レンタカー 日帰りで5200円から1万5500円 なお同一営業所でという条件で一日あたり3900円で三日間までというのも (≧∇≦)

横浜から御崎口までの京急とエリア内のバスに まぐろ というフリー切符は3400円 横浜エリアでの宿泊で2000円割引なんだって・・・ ほかに三崎のまぐろを楽しむのが1600円 横須賀海軍カレー 1300円 江ノ電一日フリーが600円で m(_ _)m

| | コメント (0)

東日本大震災(3220)

か微妙 朝は冷え込みがかなり・・・

飯舘村 5714人中 村内は958 16.7% 県内4477 福島 2922 県外 277 

川口 12月4日 最大値 0.14 

伊達 12月6日 最大値 0.60 

那須塩原 12月10日 市役所 0.08 

東北大学 12月4~7日 災害管理情報システムの国際会議 14カ国から80人が 被害と心身の影響調査も

国土交通省 災害情報提供 メディアとの連携ガイドライン作成だって 

福島県 12月12日 15時 福島市 0.14 郡山市 0.08 南相馬 0.07

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

今年の漢字は…

災 になったんだって 台風 地震 人災によるものも多々 Σ(;・∀・)

Dsc_7972_convert_20120731052706米中の対立にカナダが巻き込まれる形に・・・ ファーウェイの幹部は保釈されたけど 米国に引き渡されるのかどうかが今後の そしてカナダの元外交官でシンクタンク所属の人が中国で身柄拘束 これって人質外交 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

フランスでは クリスマス市で銃撃テロ そしてイギリスのヨーロッパ連合離脱では とうとう保守党内で党首の信任投票が行われることに 結果次第では ┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0)

スタートアッププレス

先日 大名小学校跡を活用した創業支援施設「スタートアップカフェ」を見に行きましたが 紙のパンフも拾ってきました で・・・ 二つほど話題が 

ひとつはエストニアの電子政府視察 もうひとつは インドの「ドレミング」という金融サービス 詳細は省きますが 世界では新しいトレンドが着実に 

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱでグアム・サイパン

Jellyfish4月26日の午後七時に東京から出発します でサイパン到着が30日の朝七時 滞在は十時間 5月1日の朝八時にグアムについて翌日の午後五時まで滞在 どちらもシャトルバスが出るんだった。6日の朝七時に横浜につきますが 下船できるのは八時半からなので 地方から羽田に飛んで来る人は帰りの飛行機に要注意だって m(_ _)m

お値段は52万から262万円 一月十一日までの早期割引で44万2000円から222万7000円だって φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

寒い日が続きます

今日はが降ったり止んだりでした

日産のゴーン容疑者が起訴されました で 法人としての日産も 

米軍機の事故で行方不明の五人が死亡認定に この辺 割り切り方が・・・

鹿児島の中学校で いじめ加害者とみなされた生徒が自殺した ということで担任の指導に問題があったと  非常に難しい問題ですよね

| | コメント (0)

三越のライオン像も

ライオン
クリスマスモードになってます ( ^ω^)おっおっおっ

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 博多→横浜

4月24日の午後五時に出発 関門海峡を通ります 何時くらいかな で四国沖 紀伊半島沖を経て26日の朝八時半に到着

9万4000円から47万2000円です 

| | コメント (0)

廊下の窓から

窓から
窓から
校庭を ここには再開発のビルが建つらしい・・・ 下の画像には 拙ブログで何度も紹介している西鉄グランドホテルが (=´Д`=)ゞ

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 横浜から広島 そして博多に

四月十七日の午後五時に出発 十八日は一日クルージング 土佐沖から豊後水道を通って広島に 十九日の朝八時から午後三時まで 市内へのシャトルが出ます オプションでは宮島が 関門海峡はいつ通るのかな・・・二十日の朝九時には博多に

12万5000円から62万9000円 なお 広島までは9万4000円から47万2000円 広島と博多が4万7000円から23万6000円 

| | コメント (0)

これも…

これも…
これも…
大名小学校の内部です トイレはスクワットが撲滅されてすべて「洋室」に・・・ トイレは校舎の端でそこから廊下を モジモジ(。_。*)))

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱで東北

四月十四日午後五時に横浜スタート 十五日の午後一時から七時までは仙台に オプションは松島遊覧 十六日は朝八時から午後五時まで小名浜に 三春のがオプションで

十七日の朝九時に横浜帰着です 13万3000円から66万9000円で 

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

旧大名小学校の内部です

内部です
内部です
昭和四年にできたという校舎 天井は高く電線とかがむき出し 階段のつくりも昭和初期の建物の特徴がよく 私が通った大学も 同じくらいの時期に完成でした (o・ω・)ノ))

| | コメント (0)

マダ寒い

一日でした まっ冬至冬中冬はじめ といいますからねぇ 

臨時国会は閉幕 今回も強硬突破があったけど 最高法規については 手出しができず・・・ 新しい憲法にビーバー総理の名が入ることになるのか はたまた 

東名高速でのあおり運転による事故 遺族のは ごもっともで 求刑は懲役23年 これでも軽いと 思うよね・・・

経済産業省肝いりの官民ファンド 役員報酬のゴタゴタで 辞任が続出だとか まっ 役人と民間との意識のズレなんだろねぇ  

| | コメント (0)

大名小学校時代の

大名
大名
面影が残る玄関です ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ Aスタイルクルーズ

4月12日の午後五時に横浜を出発 13日は相模湾をぐるり の上では 小野リサさんのステージが・・・ 14日の朝九時に横浜に戻ります 10万4000円から52万4000円で

| | コメント (0)

今日は天神に

今日は天神に
今日は天神に
行きました 上は福岡銀行本店のクリスマスイルミネーションの飾り 下は旧大名小学校 ハゲックスさん殺害事件の現場です (;´Д`A ```

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 名古屋→横浜ワンナイト

四月十一日の午後五時スタート 十二日の朝九時半に横浜到着 4万7000円から23万6000円です 

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

寒さが続きます

とうとう風邪ひいたみたい (ノ_≦。)

Venusフランスでの暴動では 商店が破壊されたり ルーブルやデパートが休業に 大統領が「切腹」しないと収まらないのかなぁ・・・ ドイツでは与党の党首選挙で メルケルさんの考えに近い人が僅差で勝利したけど ここも右派が力を増して そしてイギリスは ヨーロッパ連合からの離脱についての最終局面に ハードランディングは避けたいのに 議会はどうする キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

福岡県知事選挙に向けて 現職は「三段」目指すと・・・ でもアッソー閣下を怒らせて 自民党の推薦をもらえるのかどうか 「刺客」が用意されているのかは現時点では ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

| | コメント (0)

青春の影(8)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 電力との戦いも五分五分だった。先鋒は面で一本勝ち、次鋒は面返し胴で先行したが、小手で追いつかれ、面で逆転された。中堅は面を先に取られたが、小手二本で逆転した。清二は立ち上がりに面から入ったら胴に返された。小手から胴への必殺技を繰り出したら小手を打たれ悔しい二本負けである。相手の娘が拍手している姿が目に入った。

 大将が面一本で勝ったので、三回戦に進むことができた。相手はQ社でお揃いの赤胴で固めていた。向こうの副将も一年前のグループ大会で対戦した相手である。先鋒は面返し胴のタイミング遅れで一本負け、次鋒は小手二本で沈められた。中堅は小手を先取したが、逆胴と面でひっくり返されてチームの敗退が決まった。

 清二はまず小手・面から入った。相手も個人の勝敗がチームには関係ないという状態からいろんな攻撃をかけてきた。清二は相手の胴に三回切り込んだが、いずれも旗は上がらず、互いに有効なしの引き分けとなった。大将も引き分けた。

 四回目の五段チャレンジは見送ることにした。しばらくは剣道はほどほどにしてこれからの人生のことも見え砂糸いけないなという時期だと思った。

| | コメント (0)

河川の工事

河川
鉄板をかぶせているようですねぇ 日曜なので作業は休み なお反対側には 仮説の歩道橋が 桁の部分だけ (*´Д`*)

| | コメント (0)

青春の影(7)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 三回戦の相手はN通航空である。野村は中堅だった。チームお揃いの胴はなく、各自のものだった。先鋒と大将はオーソドックスな黒、次鋒は緑、野村がワインカラー、清二の相手はメタリックである。先鋒は面に行ったところを抜き胴で一本負け、次鋒は互いに面返し胴を決め、最後は向こうがつばぜり合いからの引き胴を決めた。野村は面抜き胴を二本決めてチームの勝利を確定した。

 清二は個人の戦いと割り切って臨んだ。攻めこんでの逆胴は旗が一本だけだったが、小手から胴に切り込むのは決まった。大将は引き分けである。N通航空はその次にE社と対戦した。先鋒と次鋒はE社が取り、野村は面抜き胴を奪ったものの、小手を二本決められて終了した。

 秋の市民大会は勤務明けの状態だった。前日は新大阪までの「みずほ」を運転して駅で仮眠し、翌朝の「みずほ」で博多に戻った。自宅からはバスで体育館に行き、午後に始まる二十代男子の部に出た。最初の相手がQ大学のゼッケンを着けた者で、学部ではなく院生だった。相手が出るタイミングを見計らって抜き胴を二本奪ったが、これでは最後まで残れないなと感じた。

 二戦目は陸自の一曹で既婚者らしく、赤ちゃんを抱いた妻が観戦していた。互いに有効が出ないまま延長に突入して面返し胴を狙った清二の手首が切り落とされた。時間内ぎりぎりで出した小手・胴が入らなかったのが痛かったなというのが反省点である。

 勤労感謝の日には北九州の総合体育館での大会に副将として臨んだ。駐車場の真下を新幹線のトンネルが通っていてそこを駆け抜けているのだが、この日は前日に勤務、調整なしでの出場である。

 最初の対戦相手はS大学OB会で、清二の相手は大学に残って准教授を勤めているという情報が監督から伝えられた。先鋒が院生、次鋒が大学の職員、中堅は付属中の教員、大将が付属高校の教員だそうである。

 先鋒は互いに小手一本の引き分け、次鋒はこちらの面、向こうの胴で引き分けた。中堅は互いに面を取り、最後はこちらが小手を決めた。清二は立ち上がるとまず裏から回り込んで面に飛び込んだ。奇襲はうまくいったが、その後は慎重になりすぎた。相手の反撃でひやりとする場面もあったが、なんとか一本勝ちで大将につなぎ、大将も一本勝ちで二回戦に進んだ。

 次の相手は一年半ぶりの対戦となる電力Cである。副将は同じ相手だった。今回も娘が同行していてチームのマスコットのようになっていた。

 

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱで名古屋発着 阿波・堺

四月八日の午後五時に出発 九日朝八時から午後五時まで小松島に 鳴門の遊覧はオプション 徳島市内にシャトル あと岸壁で阿波踊りの披露も・・・

十日の朝十時から午後五時までは 堺 ここ初めてだそうです しかしまぁ 目と鼻の先 たぶん世界遺産登録を目指す 仁徳天皇の墓とかが・・・ ここへのシャトルバスも設定されます あとオプションで京都や吉野に 

十一日の朝十時に戻ります 15万6000円から78万6000円 アスカクラブの会員には二割 の適用があるんだって

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

真珠湾から77年

ちょこっと 戦争のことを思い出す日 r(^ω^*)))

Type415今日は朝から冷え込みが・・・ 風も冷たくて~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

外国人労働者受け入れの法案 未明に成立したそうです それにしても強行突破が多すぎるのぉ ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

医学部入試の不公平な取り扱い 副題もやっていたと 現役優遇だそうだけど 女子のほうはどうだったの (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

フランスでは また暴動が・・・300人以上逮捕されているそうで これはもう 外務省が安全情報に (≧ヘ≦)

| | コメント (0)

青春の影(6)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 ゴールデンウィーク明けの地方実業団は連合チームの副将として臨んだ。一回戦はM電機である。二勝一敗で清二に回ってきた。清二は小手返し面で先手を取ったが、面返し胴のタイミングが遅れて引き分けにされた。大将も引き分けたが、二回戦に進むことができた。次の相手は警備会社だった。一引き分け二敗で回り、清二は取り返そうと全力をあげたが、出小手と合い面勝負に負けて敗北した。

 八月の三度目の五段挑戦も不本意な結果になった。電力会社の体育館は冷房が入っていたが、連日の暑さで鈍くなっていた動きは審査員の心に響く稽古を見せられず、またしても実技で自分の番号はなかった。今回は「24番」と少しずつ後ろへ移動していた。

 グループの剣道大会が行われた九月も夏の暑さをひきずった。予選は貨物とE社のDチームである。貨物は二勝一引き分けて回ってきて清二は焦る相手から面返し胴を二本奪った。E社Dはきわどいことになった。前三人が引き分け、清二は小手抜き面で一本負け、大将が二本取ってなんとか決勝トーナメント進出である。

 トーナメントの相手はいきなりE社のAだった。今度は二敗一引き分けという崖っぷち状態である。清二は持てる技のすべてを駆使したが、つばぜり合いからの引き面で一本負けしてまたしてもグループでの頂点はお預けとなった。優勝したのはE社のAである。

 一ヶ月後には国土交通大臣杯で上京した。今度もA空輸に乗り、両国のスカイツリーが見えるホテルである。東京武道館へは秋葉原に出て山手線に乗り換え、西日暮里で地下鉄にそして綾瀬へとアクセスした。

 初戦の相手はS商船である。相手の副将が欠場になったため、清二は不戦勝、三勝一敗一引き分けで次に進んだ。次の相手は関西のH電鉄、京阪神で火花を散らす間柄である。H電鉄の電車と同じチョコレート色の胴をみんなで揃えていた。先鋒は面一本ずつで引き分け、次鋒は小手で先行されたが、逆胴と面でリードを奪った。中堅は面抜き胴で先制したが、小手を二本決められた。

 清二は逆胴で先行した。いきなり左上段の構えを見せて相手が当惑したところを切り込むのが功を奏した。二本目は面抜き胴を奪い、V字斬り達成である ところが、大将が面と小手で二本負けとなり、代表戦を行うことになった。

「やってもらえるかな」

 監督が清二に声をかけた。向こうは大将がそのままである。ずんぐりした体型でたぶん胴も得意なのだろうと思った。案の定初太刀は面に出たところを抜き胴に来たが、相手の竹刀が当たったのは垂れである。どこで必殺の小手・胴を使うか、相手に悟られないように間合いを調節し、終了ぎりぎりで繰り出したのが決まった

| | コメント (0)

青春の影(5)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 二戦目の相手はF大学ОB会である。平均年齢は高かった。前三人が二勝一引き分けでつないで来た。清二も引き分けたが、大将の勝利で三回戦に進めた。その相手はN銀行である。今度は二引き分け一敗という苦しい状態でまわされた。清二は面を取りに出て胴を抜かれ。チームの敗退が決まってしまった。

 正月は元旦に「こだま」乗務、二日の早朝に車で帰省した。実家に立ち寄って昼食、それから母校に足を向けた。山田は前年に全国大会初出場を果たした。一回戦で負けたが、今年も出場できるように努力すると抱負を述べた。野村も帰省していて彼と稽古してから現役の元に立った。

 二月の審査は福岡武道館である。高校生の三段も四・五段と同時に行われるが、夏の審査で上がった者が多く、冬は少なかった。清二の番号は「17」と前回より五つ後ろになった。品川も資格は得たが申し込まなかった。

 武道館の手洗いはまだ「和室」のままで、高校生は閉まっている個室が「洋室」なのを期待しているようだった。稽古会でそれが「洋室」に改造されたのは知っていた。清二はあいている「和室」に入った。新幹線のトイレも500系には「和室」が残っているが、700系はすべて「洋室」にされていた。

「16」はずんぐりした体型で使い込まれた溜色の胴を着けていた。立ち上がりにいきなり出小手を食らい、次に小手・面を仕掛けたら軽くいなされた。最後は面に出る瞬間に銅をバッサリ抜かれた。「18」に対してはまず合い面、小手から胴に切り込んで相手の細い胴を両断した手ごたえがあった。ふたを開けたら「16」が合格していて、清二も「18」もだめだった。

 三月の部内試合ではAチームに引き続き残ることができた。品川が選手を引退して支社の副将は清二、Aチームでも副将である。

 四月からは「さくら」に乗務することになった。博多・新大阪を走り、新神戸・岡山・広島・小倉に止まるというパターンである。最高速度300キロは動体視力を鍛えるにはベストだった。「こたま」の場合は車庫に出入り、あるいは博多南駅に停車となるが、「さくら」の車両基地は川内と熊本なので博多との移動はもっぱら「のぞみ」や「こだま」に便乗という形になった。

 

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 神戸→名古屋ワンナイト

四月七日の午後五時に出発 八日の朝十時に下船 4万7000円から23万6000円で 

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

だんだん寒さが

170221_154433増しています 風も冷たくなって明日は真冬モード (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

ソフトバンクの通信障害 総務省は「重大事故」として 報告を求めたそうです スウェーデン製のソフトに不具合があったとか・・・ それにしても 公衆電話 現金 紙の地図 とアナログが予備として重要なことが ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

カナダで 中国の通信機器ファーウェイの 幹部が逮捕 なんとまぁ アメリカの要請によるんだって これでまた米中対立が そういえば アメリカは 「メイドインチャイナの機器はスパイ活動に利用されている」と 同盟国に 使わないよう求めているんだって ∑(゚∇゚|||)

付け人に暴行した 貴ノ岩が引退することに 皮肉というか (-.-)zZ

| | コメント (0)

青春の影(4)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 最初はゼネコンのO組が相手だった。副将が欠けたため、清二は不戦勝、チームも二回戦に進んだ。次はJ航空で、お揃いのワインレッドの胴に金色の社章が施されていた。先鋒は面抜き胴で一本勝ち、次鋒も胴を取られながらも面抜き胴二本を奪った。中堅は胴一本ずつで引き分けた。清二は焦っているのを見透かして面返し胴で一本勝ちし、三回戦への進出を決めた。

 野村のいるN通航空はN鉄道とゼネコンのK建設を破ったが、E社に敗れた。野村は中堅で一敗二引き分け、負けたのはE社との試合である。四回戦で当たることになっていたのだが、清二たちはN通運が相手だった。先鋒は引き分け、次鋒は小手で一本負けした。中堅は小手で先行したが、逆胴と面を浴びて逆転された。

 清二は深呼吸をすると面と小手・面を織り交ぜた攻撃を組み立てた。開始から一分で小手から胴に切り込んで、胴ありとなったが、そのあとつば競り合いに持ち込まれて引き面を決められた。最後は面に飛んで胴を抜かれた。

 福岡に戻って秋の市民大会にエントリーした。また小学生の試合の審判を勤めて二十台男子に出たのだが、一回戦で前年に対決した空自の人に小手で一本負けとなった。優勝したのはQ社Aチームの胴を着けていた者である。

 本業はといえば、博多・広島の運転が続いた。朝、広島に向かって午後戻る。夜の広島までの運転をして駅で仮眠し、朝戻るというパターンである。新大阪までの運転、これは「のぞみ」「みずほ」「さくら」に使われる700系になるが、基本的には500系と同じ操作だった。博多・新大阪の全線を走るのは年が明けてからということになった。

 勤労感謝の日の北九州での試合は品川が新婚旅行に出ることになって清二が副将に入った。品川は高校の後輩、世良と同じ学年だった女子の副キャプテンと一緒になることになった。彼女は福岡の大学に入って空港に勤務していた。旅先はシンガポールである。

 最初の相手は電力会社だった。これはY高校のあるエリアである。市民大会で対戦した人が中堅に入っていた。前の三人は二勝一敗で回してきた。中堅は味方の一本勝ちである。清二は面一本勝ちで二回戦進出を決めた。また面返し胴を浴びて旗が割れるという状況だった。

| | コメント (0)

青春の影(3)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 5月には前年と同じく地方実業団に連合チームで出場した。会場は福岡空港の近くの体育区間でジェット機の音がひっきりなしに聞こえた。最初の相手は地元の電力会社のCチームである。清二の相手は大将によるとQ大学のキャプテンだった。大将も同じ大学であ。三十歳を超えていて四段という情報も得た。

 前三人が勝ったので気楽に戦えた。清二は思い切って面勝負をして二本勝ち、二本目は胴に返されて一本だけ旗が向こうに上がっていた。次の試合を待つ間、その相手チームがすぐ近くに道具などを置いていたのに気づいた。対戦した相手には五歳くらいの娘がいてその視線が怖かった(;´Д`A ```

 次の相手は拘置所で、先鋒の貨物機関士は一本負け、次のQ社は引き分けに持ち込んだが、中堅の貨物の選手が二本負けした。清二も小手を取られて一本負け、大将はQ社で、引き分けで終わった。

 Q社の少年剣道大会の手伝いはしたが、八月の五段審査は見送った。品川がチャレンジしたが、実技で散った。とりあえず二月に再チャレンジを期することで一致した。

 九月のグループ大会の予選リーグは通信とE社のCチームとである。通信との戦いは前3人が勝利、清二も面返し胴を二本決めた。E社Cとは二勝一引き分けで回ってきてこちらも面返し胴二本で勝ちを決定させた。

 決勝トーナメントはまずT社のAだった。前の三人が引き分け、清二には少しプレッシャーだが、向こうも同じと割り切った。清二は相手の手元を浮いたのを逃さずに胴を抜き、一本勝ちで大将につないだ。大将も引き分けて、次はQ社Aが相手である。こちらは一勝一敗一引き分け、本数も同じで回ってきた。清二はこの試合も面返し胴一本で大将につないだ。大将は面一本で勝ってチームは決勝に進んだ。

 相手はE社のAだった。先鋒は小手を取られ、面で追いついて小手で突き放された。二人目は小手返し面で一本負け、中堅が面返し胴を打たれて負けが決まった。清二たちは完全に個人のモードとなった。まず清二が面返し胴を取り、次は相手が面返し胴で引き分けた。

 それから一ヶ月後に国土交通大臣杯が行われた。「のぞみ」ではなく航空機利用が許された。A空輸の777に乗って羽田から品川のホテルに、会場は東京武道館である。

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 神戸発着で 岩国・土佐

四月三日の午後五時に出発 瀬戸内海ではなく土佐沖をぐるっと回って岩国に向かうので四日は一日の上 五日朝八時から午後五時まで岩国に 錦帯橋へのシャトルが・・・ 六日の朝九時から午後五時までは高知に 城までのシャトルが出ます

七日の朝九時に下船 20万8000円から104万8000円で 

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

今日は雨が降ったり

Dsc_7550_convert_20140318064815止んだりの一日でした 夜は原北に 先生に並んで ラスト中学生一人と地稽古 (;´Д`A ```

岩国基地所属の戦闘機と空中給油機が 土佐沖で接触 たぶん給油訓練だったんでしょうねぇ Σ(`0´*)

ソフトバンクの携帯にトラブルが起きたそうで モバイルがストップ これで (#゚Д゚)y-~~イライラ となった人多かったんだろなぁ

| | コメント (0)

青春の影(2)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 最初の相手は陸自の三曹で三段だった。二十代に入ったばかりで勢いはよかった。清二はじっくり相手を見て面返し胴を二本取った。二人目は南福岡の車両センターにいるQ社の若手でAチームの赤胴を着けていた。小手を取られたが、守りに入って左脇が空いたところに切り込んで追いつき、最後は面返し胴で逆転した。

 三人目は空自の二曹で三十歳近い四段だった。互いになかなか決まらずに延長へ突入した。清二は小手から胴への変化を見せて終わりにした。決勝はF大学の学生だった。こちらも試合中盤に相手の左脇が空いたところに切り込んでそのまま逃げ切った。ひさびさの優勝ではあるが、変化球ばかりだなと反省した。

 本業では500系の「こだま」を博多・広島に限って運転することになった。かつては十六両で「のぞみ」として博多・東京のスーパースターだったのだが、そう遠くないうちに引退するだろうと言われていた。最高速度も300キロから285キロになってまさに余生という趣である。それでもホームでは小型ジェット機のような丸みのある車体にカメラを向けてくる姿が目に付いた。午後二時半に広島を出る車両は特別塗装が施されたものが使われていた。

 勤労感謝の日には支社チームの中堅として出場した。品川が副将である。前の二人は新人に変わった。最初に当たったのはB電器である。前の二人が勝って来たので清二は気楽に戦えた。合い面勝負で取り、小手を抜いた面を決めた。品川も面返し胴を二本決めて大将は引き分けた。

 二戦目はどこかのサークルというチームだった。今度は前の二人が引き分けて清二にプレッシャーがかかった。一本目は面を取りに行って胴を抜かれ、そのあと小手を取り返して三引き分けでつないだ。品川も面返し胴を食らい、大将にプレッシャーがかかったが、大将は面二本で逆転させた。

 三戦目はまたしても刑務所チームである。先鋒が一本負け、次鋒は二本負けした。清二は面一本でなんとか勝ったが、後ろ二人も敗れて終了した。

 年が明けて二月に清二は五段挑戦した。実技では対戦した二人に一本ずつ面抜き胴を奪ったが、発表された番号は三人ともなかった。どこかで壁が来るとは聞いたが、これがそうなのかなと思った。

 三月の部内試合で再びAチームに復帰することができた。今度は副将だそうである。市民大会の優勝も考慮されたのかもしれなかった。とにかく秋には再び国土交通大臣杯に出られるのは嬉しかった。 

 

| | コメント (0)

片側交互通行

片側
河川改修工事によって しばらくはこのように 三週間後には この交差点を右折することはできなくなります c(>ω<)ゞ

| | コメント (0)

青春の影

青春の彷徨から タイトル変えました 「文化・芸術」をご参照ください m(_ _)m

 トンネルを抜けると線路は緩やかな右カーブだった。速度は100キロ・95キロと徐々に落ち、上を高速道路が横切った。前方に小倉駅のホームが見えた。本線側を進み、ホームの端で60キロ、停車位置までは200メートル、ドアの所定位置より三メートルほどオーバーランして止まった。

 博多車両基地でのシミュレーターによる訓練が始まったのは四月である。住む場所も基地の近くのアパートだった。勤務は研修期間ということで事務系と同じ時間帯である。部内試合ではAチーム復帰はならずBチームの副将ということになった。稽古場所は近くの小学校で夜に週三回という会である。

 小学生の稽古は六時半から、七時半からは中学生以上、基本に試合稽古という具合である。福岡市の南に隣接した市には陸自・空自の駐屯地があり、JRも車両基地を持っていた。五月には地方実業団の大会があってJRの連合チームに急遽かつぎだされた。三社の合同で清二は中堅だった。

 相手はいきなり拘置所だった。先鋒は貨物の機関士訓練生で、面二本負け、次が九州の車両整備の若手、小手で一本負けした。清二は互いに有効なしの引き分けに持ち込んだが、副将に入った品川は銅を取ったものの逆転まけした。大将は貨物で引き分けに持ち込んだ。

 月に一回行われる合同稽古にも参加して電力や銀行などの剣士とも稽古したし、夏には九州が主催する少年剣道大会を手伝い、小学生の部の審判をやった。八月に行われる五段の審査は秋の市民大会に出たいという気持ちや稽古が不十分という理由で辞退した。

 グループの大会は予選で貨物・T社のAとあたった。貨物には前三人が二勝一敗で回ってきた。清二は面と小手を決めて勝ちを確定させた。T社には一引き分け二敗で対戦することとなり、清二はオレンジ色の胴に一撃を加えたが、自分も胴を抜かれて引き分け負けが確定した。

 秋の市民大会では中学一年の部での審判を依頼された。この地区には件大会で上位に進む学校があり、レベルは相当高かった。六十人による個人トーナメントをこなすと二十代男子に出た。こちらは十六人でのトーナメントという形である。

| | コメント (0)

東日本大震災(3219)

 今年の分もあと3回かな・・・

山田町 広報誌に11月4日の三陸鉄道タイ見解が小額4年で初めてだったとか・・・ 道の駅はシャケ 牡蠣 マツタケだどが 

伊達 11月30日 最立ち 0.58 

那須塩原 12月3日 市役所 0.08 

復興庁 避難 全国 5万4288(-1346) 福島 9825(-643) 岩手 4440(-278) 宮城 2602(-302) 福島から他県 3万3383 これは変わらないなあ 北海道 1750 山形 2010 茨城 3383 栃木 2875 埼玉 3508 千葉 2598 東京 4719 神奈川 2304 新潟 2618 

大熊町 モニタリング出てません  1月9~15日 特別立ち入り 予約が必要 1日10世帯まで 被害状況も 死者135 直接12 関連123 不明0 全壊268 対規模よび半壊 2056 一部25 非難 いわき 4665 郡山 1077 会津 900 県外は茨城485 埼玉 365 東京 252 仮設入居 会津 41戸 いわき42戸

福島県 12月6日 15時 福島市 0.14 郡山市 0.08 南相馬 0.07

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

昨日に比べると…

180314_124848気温は少し下がりました (=´Д`=)ゞ

日馬富士に暴行された貴乃岩が えっ 今度は自分の付け人に暴行したって それは 厳しい処分になるだろなぁ (ノ∀`) アチャー

ハローウィンのときに 渋谷で軽トラックをひっくり返した十数人 防犯カメラや見物人が撮影した動画で特定されたんだって うち四人は特に悪質ということで逮捕 どういうお仕置きが待っているのやら ((・(ェ)・;))

| | コメント (0)

ニッポン丸 GWに日本一週

4月25日の午後五時に横浜を出発 26日はずっとに 関門海峡を通って 27日の朝八時に 糸島に ここは初めてです 接岸できないので通船で上陸 糸島観光が6800円で 午後五時には出航します

28日の朝八時から午後五時までは境港に 宍道湖のしじみと松江茶を楽しむのが1万円で 29日は伊根に朝八時から午後五時まで ここも通船です 舟屋めぐりの遊覧船が7500円で 

30日の朝八時から午後五時までは七尾に 食事と酒を楽しむのが1万3000円で そして平成から新元号に切り替わるときはカウントダウンでもするのかな 五月一日は 佐渡に意外なことに始めての寄港 朝八時から午後五時までで たらい舟体験 1万3000円

二日は 函館に朝十時から午後五時まで 函館山トレッキングが6000円 三日は根室に朝十時から午後五時 失言と日本最東端の岬 まっ 島四つは 1万6000円 四日の朝九時半から午後五時までは久慈に 三陸鉄道乗車が1万7000円 

四日は一日の上 五日の朝九時に横浜到着です 全行程で 54万9000~240万円 七尾下船は 25万~109万1000円 七尾から乗るのは30万~131万円で

| | コメント (0)

全日空 12月~1月の時刻表

140330_115629_m747がいなくなって まもなく五年 四発機がいよいよ戻ってきます まだシートマップは出てないねぇ (*´Д`*)

でかけよう西日本 なるキャンペーンが・・・ 羽田から岡山と広島が最安値で8000円 松山が8700円 そういえばこの三つは豪雨災害の ヾ(;´Д`A

来年二月十七日から羽田・ウィーンが就航するんだって 機種は787 羽田を午前一時五十五分に出発 現地着は朝六時 向こうは十一時五十分に出て 帰着は朝六時五十五分頃 φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

ニッポン丸 那覇から横浜へ

四月二十二日の午後五時に出発 二十三日の朝八時から午後三時半まで奄美大島に オプションは8500円か1万3500円で 二十四日は一日の上

二十五日の朝九時に到着です 9万9000円から42万6000円 

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

師走だというのに・・・

160829_145232福岡では夏日に 観測市場初めてなんだって 今日は薄手の長袖だったけど 昼は半そででもよかったかも モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

日産の会長だった ゴーン容疑者の拘留が延長されました そうそう 官民ファンドの役員報酬が高すぎるという問題もあがって 経済産業大臣が給与を自主返納に 格差への ひがみ 日本では根強いのよ ( ´艸`)プププ

山手線の 品川と田町の間にできる新しい駅 高輪ゲートウェイ と名づけられるんだって ネットのニュースでは「ださい」という声が ご自分がそうだから じゃないの ( ´_ゝ`)フーン

で 東日本の発表は社長会見によるもので・・・ 他にも山手線での自動運転実験開始とか 新小岩駅のホームドアが次の土曜から運用開始になるとか φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

ニッポン丸 沖縄Dコース

4月19日の午後九時に那覇を出港 20日の朝八時から午後三時まで伊江島に ここ初めてなんだって が接岸できないので通船で上陸 オプション8000円で 21日の朝十時半から午後四時までは与那国島に ここも接岸はできません オプション8000円

22日の朝九時に那覇に戻ります 11万5000円から61万9000円 まだは大丈夫かな・・・

| | コメント (0)

ニッポン丸 沖縄Cコース

Lighthouse4月16日の午後五時に那覇を出発します 17日の朝九時から午後五時までは石垣島に オプションが1万5000円 18日の朝七時から午後四時までは 台湾の基隆に 台北観光が1万7000円で 十九日の午後一時に那覇へ戻ります 11万円から59万9000円で φ(・ω・ )メモメモ

| | コメント (0)

ニッポン丸 沖縄Bコース

四月十三日の午後五時に那覇を出て 十四日の朝九時から午後五時まで南大東島 が接岸できないので通船で 十五日の久米島も朝九時から午後五時で同じく・・・ こちらはオプションが5800円

16日の朝九時に那覇に戻ります 11万5000円から61万9000円で 

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

道の反対側から

反対側
反対側
マラソンを 選手はダンゴ状で このときはいないタイミングでした ヽ(*≧ε≦*)φ

| | コメント (0)

すっきりしない空でした

雨が降ったり止んだりで  気温は十二月にしてはずいぶん高く・・・

東名高速での あおり運転の裁判が始まりました 危険運転が成立するのか どうか でも・・・弁護士に一言いいたくなるよね 「そんな主張してたら 坂本ツツミみたいになるでぇ」 と 

フランスでは への税が高くなって暴動が シャンゼリゼは無法地帯に これじゃ のイルミネーションどころでは 

| | コメント (0)

これは…

これは…
陸橋の下 単線の線路をまたぐ割には長いのは 向こうにある川も一気にまたぐためなのです (lll゚Д゚)

| | コメント (0)

ニッポン丸 沖縄Aコース

4月10日の午後五時に那覇を出港 11日は朝九時から午後五時まで西表島 ここは通船で上陸 ボートをチャーターして波照間島に行くのが1万7000円 12日の朝九時から午後五時までは宮古島 四つの島を回るのが1万3500円 

13日の朝九時に那覇に戻ります 11万5000円から61万9000円で 

| | コメント (0)

陸橋の下です

陸橋の下
陸橋の下
かつて国鉄の筑肥線が走っていました 今は道路に (o・ω・)ノ))

| | コメント (0)

ニッポン丸 博多→沖縄

4月7日の午後五時に出発 8日の朝十時から午後五時まで屋久島に トレッキングが1万8000円  9日朝九時から午後五時は徳之島に のバトル8500円 島一周 1万1000円

10日朝九時半に本部着 これで9万9000円から42万6000円です 

| | コメント (0)

女子だと・・・

女性
このアングルはヤバイかもねぇ ι(´Д`υ)アセアセ

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

本日は丸一日

でした 福岡国際マラソンは気温高めの中 日本人選手が十四年ぶりに優勝 二時間七分台でした

ブエノスアイレスでは 大統領と習近平国家主席が会談 貿易戦争は一時的に休戦・・・ あと来年早々に 子クンに再会するとか で 帰りのでは パパ「潅木」さんの国葬を五日に そして臨時の休日と

あと 日露平和条約について 外相同士で話し合うとか まっ どうなりますやら 

| | コメント (0)

陸橋にて

陸橋に
陸橋に
ランナーを待つこと五分 既に道端は人がいっぱいで離れた位置からとなりました (;;;´Д`)ゝ

| | コメント (0)

青春の彷徨(14)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 秋の市民大会の一回戦で当たったのはY大学に進んだ田中である。間合いに入って左わき腹が空いたので切り込んだが一本にならず、引き面を浴びてしまった。二本目は小手から胴に切り込む前に面に飛び込まれて幕切れとなった。田中は勢いで決勝まで行き、岩本に面一本で勝利した。

 清二に新年度から新幹線運転士訓練を始めるという通知が十一月になって来た。勤労感謝の日に北九州へ行って品川にその旨を伝えた。晋一も意思国家試験に合格して大学病院での研修医になるそうである。

 一線目の相手はトイレなどの住宅機器で有名なT社だった。先鋒が面一本で勝ち、次が引き分け、清二は面返し胴を決めて品川につないだ。品川は小手を食らい、大将も面一本で敗北、勝者と本数が同じになって代表戦となった。

「行ってみるか」

 清二はチームの命運を託された。相手は副将を出してきた。清二は面返し胴を奪い、そのまま逃げ切って二戦目につないだ。その相手はまたしても刑務所である。

 前の二人が敗北、清二は逆胴を浴びせたが有効にならずに引き分け、品川と大将も負けて終了した。

 とりあえず といたします

| | コメント (0)

今日は福岡国際マラソンを

今日は福岡
今日は福岡
見てきました コース内で一番アップダウンのある陸橋で 下はその陸橋に上がる階段ですが 高低差わかりますかぁ モジモジ(。_。*)))

| | コメント (0)

青春の彷徨(13)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 五段の受験資格はできたものの、市民大会への出場を続けたくて見送った。三月の部内試合ではBチームに降格となったが、中堅に移った。ゴールデンウィーク明けの地方実業団大会にも中堅として入った。副将は品川である。最初の相手はSスチールだった。N製鋼との合併でなんとかメンバーをそろえることができたところだが、意外に強くて前の二人が敗北して清二に回り、清二は逆胴のあとに打たれた面で負けた。品川も負けて大将が引き分けである。

 先鋒は小手で一本負けし、二人目も面返し胴を二本取られた。清二は面返し胴を取ったものの、相手からも面返し胴を打たれて引き分け、品川は面で一本負け、返し胴のタイミングが遅れた。大将は気を吐いて小手で一本勝ちしたが、上位の壁は厚かった。

 国土交通大臣灰には出られなかったが、ネットでチェックした。野村のいるN通航空は三回戦まで進んだ。野村は去年に引き続き次鋒で、一勝二敗という微妙な結果である。

  春の市民大会も不本意な結果に終わった。初戦がY大学の学生で、上段を取っていたが、面でなんとか勝つことができた。次の相手は商工の顧問となった三十歳前の四段である。延長までもつれて小手で一本負けを喫した。

 夏も五段は受けず、新幹線運転士選抜試験にチャレンジした。合格すると博多の車両基地で研修、そして勤務地も博多ということになるので始めての県外生活となることが期待された。

 全日本予選も出場しなかった。山田が決勝まで行ってあと一歩というところだった。春の市民大会で有償した岩本はベスト8まで行った。

 JRグループの試合は予選が四国とE社のFが相手である。四国はメンバーの一人が出られなくなって副将を抜くということになった。清二たちの副将にち品川が入っていた。

 四国との戦いは先鋒と次鋒が二本勝ちし、清二も引き面と抜き胴を決めて後ろにつないだ。大将も一本勝ちで上場のスタートを切った。E社のFとはシーソーゲームとなった。前の二人は一勝一敗で取った本数も三本ずつ、清二は逆胴と面抜き胴でVの字をやってリード、品川も面抜き胴で一本勝ち、大将は引き分けた。

 E社Fの先鋒にアクシデントが起きた。四国とは二勝一敗二引き分けということで勝者数で清二たちがトーナメント進出である。その最初の相手はE社のAだった。

| | コメント (0)

ハローーデー冬のギフト ここまで

日本酒や 十二種類 3500円から6000円 

お菓子の詰め合わせ 二十八点で 1800円から5300円 

やジュース これも二十八点 2300・3300・4300・5300円の四パターンで

オリーブオイルや缶詰なども二十八種類 これも上と同じ価格設定 

さらに缶詰や洗剤 これも二十八種類 価格設定は同じく 

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

師走に入りました

かはり気温高い一日でした 明日の福岡国際マラソン 選手には暑いかも (;;;´Д`)ゝ

250pxjapan_airlines_boeing_787846_dJALパイロットの飲酒操縦未遂事件・・・ロンドンの裁判所は禁固十ヶ月と そして懲戒免職に 二人のパイロット飲酒に気づかなかったそうですが バスの運ちゃんが気づいたのに鼻が悪かったのかな 処分受けたみたいですが ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ビーバー総理は G20で トランプ大統領と会談 フランスの大統領とは「レナウルト」のことで 検察羽交い絞めは頼まれなかったのかな? あとはプーチン閣下と ( ̄ー ̄)ニヤリ

元アメリカ大統領の潅木さん パパのほうです 九十四歳でお亡くなりに 湾岸戦争は日本にとっても (TωT)ノ~~~ バイバイ

| | コメント (0)

青春の彷徨(12)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 秋の市民大会は二十四時間勤務明けだった。既にI・Y・Sの東西三時間に及ぶ区間をどの時間帯でも走ることになってSまでの終電・仮眠して始発をYまで運転してきたばかりだった。昼前に体育館に着くと小中学生の部では一緒に稽古している子たちが何人か入賞していた。二十台の部ではまず十代から移ってきた井上と対戦である。

 一本目は清二が面抜き胴を取った。まだまだ体のキレはあると思ったが、二本目は小手返し面に行こうとして逆胴を浴びた。これは今まで経験したことがなくいったい何がと思った。最後は面を取りに出て小手をやられた。井上は岩本に破れ、決勝は岩本と杉山の対決となった。杉山はY大学の新しいキャプテンに就任した。一進一退の攻防の中で岩本の面に杉山が逆胴を返した。それが勝敗を決した。

「うちは最近、これを基本でやっているんです」

 表彰式のあと杉山は集まったY高校出身者の中でそのように言った。

 北九州で勤労感謝の日に行われた大会は支社チームの中堅として出場した。副将は新幹線整備に配属された品川が入った。初戦の相手は産業用ロボットで有名なY電機だった。先鋒・次鋒が勝利して清二は焦る相手を見切って面抜き胴を立て続けに奪った。品川と大将は引き分けである。

 二戦目の相手は地元の市役所、ここの最初の相手は刑務所だが、問題が起きて辞退していた。最初の礼で相手が長短二本の竹刀を持っていることに気づいた。先鋒は引き分け、次鋒が二本勝ちして相手に少しプレッシャーとなった。清二の相手は右に短い竹刀、左に長い竹刀というスタイルで逆二刀と言われていた。

 初めての対二刀だが、突きを意識して攻めた。左右の胴に切りつけたが、右胴で旗が一本上がった程度で最後まで有効はとれずに引き分けた。品川が面返し胴で一本勝ちしたので次に進むことができた。

 三戦目の相手は拘置所となった。鬼門ではあるものの、全員が必死の攻防である。先鋒は小手を取られながらも面を二本決め、次鋒は面で一本負け、清二は面抜き胴で先行したが、面二本で逆転された。品川は引き分け、大将が小手で一本勝ちしたが、商社数と本数が完全に並んで代表戦ということになった。向こうは中堅を出してきたがこちらは大将をたてた。結果は面返し胴で相手が一本勝ちした。

| | コメント (0)

青春の彷徨(11)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 春の市民大会準優勝で全日本予選に出ることとなったが、対戦相手はいきなり県警の山田との戦いになった。清二は五分間目いっぱい戦った。山田はなにか余裕で清二の技量を測っているような感じだった。延長寸前に面に飛んだところを返し胴で終了した。山田はベスト8、岩本は16、この二人の対決はなかった。

 山田が婚約者の応援を受けていたのは表彰式後に知った。そういう話題になると清二も道場の先生からも来ていた。相手が大卒だと気後れもあり、専門学校あたりかというようなことも言っていた。山田の相手は警察内部の職員だそうである。出身はH高校だが、剣道部ではなかった。

 JRグループの大会は予選リーグで北海道と九州Bにあたった。北海道は副将が不在となって前三人が鍵だった。まず北海道との戦いは先鋒が面一本勝ち、清二は引き分け、中堅が面二本、大将は引き分けた。九州Bとは先鋒が小手を二本決め、清二は引き分け、中堅と副将が一本勝ち、大将引き分け。本数の差で清二たちは決勝トーナメントに進んだ。

 トーナメントの初戦は九州のAである。先鋒が小手で一本負けして戻ってきた。清二は小手から胴に変化してチームカラーの赤胴に快音を響かせたものの、最後は面返し胴が遅れて引き分けた。中堅・副将が敗れて終了である。

 もうひとつのビッグな大会、国土交通大臣杯は東京武道館で行われた。一回戦の相手はN通航空、野村も次鋒という巡り合わせとなった。先鋒は引き分けで戻ってきた。清二は野村の面を胴に返して先行したが、二本目を面で取りに行って返し胴を奪われた。結局引き分けで時間が切れた。中堅が勝ち、副将は負け、大将引き分けで代表戦となり、敗北した。

「東京暮らしはどう」

 終わってから清二は野村に声をかけた。彼は羽田空港支店に配属されて国内貨物のターミナルでの事務だった。通勤はモノレール、稽古は週末ということである。次の試合はN通航空はE社と戦い、野村は面返し胴失敗で一本負け、チームも中堅が勝っただけで、あとは敗れた。

 

| | コメント (0)

ハローデーの冬ギフト まだまだ続きます

老舗の海鮮 山口県の国近 五点 萩・井上商店 四点 呼子の木屋 五点で 3000円から6000円の範囲 

明太子 かねふく やまや で 十七点 3000円から5500円の範囲です の肉は 十種類 4200円から1万円

ハムは 二十五種類 3000円から5000円 ビールが 十九書類で3500円から5500円

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »