« 解体作業は・・・ | トップページ | 今日も色々と »

2018年11月17日 (土)

十七歳・五里霧中(8)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 岩本は面と小手のストレート勝ちでベスト8に進んだ。野村も面を先に取られたものの、相手を攻め崩しての胴と出鼻面を決めて逆転、弘中は面で一本負けした。山県は面一本で勝ち残った。品川と村松の戦いは面一本で品川が貫禄勝ちした。清二も面と小手の二本勝ちでベスト8である。

 亀井と青木の試合は夏のチーム編成の行方を占うものになった。一本目は青木が面に出るところを亀井がいいタイミングで胴を抜いた。亀井の面抜き胴が公式の試合で決まったのは初めてで大きな自信になるなと清二は思った。二本目は青木が亀井の面に抜き胴で応じようとして失敗し、面ありとなった。

 白川は面で先行、小手で追いつかれたのを面返し胴で突き放した。ベスト4をかける戦いはまず岩本対野村である。両者ともに面の応酬だったが有効にはなかなかならず、試合の終盤に岩本がつばぜり合いからの引き面、有効にならずに面へ折り返したところを野村が胴を抜いて直後に時間切れとなった。

 山県は面一本で勝ち抜いた。相手の胴攻撃に旗が一本だけ上がる状況もあった。清二は品川と戦い、面二本を決めた。これも返し胴を浴びて旗が割れるという際どい勝利である。亀井と白川の戦いは白川が胴を抜こうとした右手首に一撃を加えたのと小手を抜いた面で決まった。

 野村と山県の勝負は開始直後に面勝負、振り向いたところで野村が左足を前に出して冗談に構え、驚いた山県が空けた左わき腹に諸手で切り込んだ。破裂音が響いて野村は山形ににじり寄った。試合を見守っていた清二と白川は意表をつく技に驚嘆し、審判三人も旗を上げた。

 そのあとは野村がのど元と左小手を攻めながら、また意表をついて右の小手を打ち、勝負がついた。清二と白川は互いに技が決まらない状態で延長ぎりぎりまで進み、つばぜり合いからの引き小手で清二が決勝に進んだ。三分間の短い休憩があって野村と清二が進み出た。

 先に取ったのは野村だった。清二が面を打つタイミングを完全に読みきって胴を抜いた。これでは勝てないと思ったので、つばぜり合いからの引き胴で間をあけ、次の折り返しで小手を打って追いついた。「勝負」の声のあと野村が右足をひいて竹刀を左肩にかついだ。また意表をつくのかと清二は喉を突いた。

「面に行ったらまた胴抜かれたかもしれないなぁ」

 表彰式の前に清二は野村に言った。さらに「突きを出さないとこっちのペースに持ち込めないと思ったよ」と付け加えた。

 そしていよいよ高校三年最後の試合に・・・ またタイトルを変えて進めます  

|

« 解体作業は・・・ | トップページ | 今日も色々と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解体作業は・・・ | トップページ | 今日も色々と »