« 十七歳・五里霧中(3) | トップページ | 今夜は原北で »

2018年11月15日 (木)

十七歳・五里霧中(4)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 野村は二回戦も相手の手元を浮かせて胴を抜いた。そして小手に来たところをすりあげ面である。世良も小手抜き面で一本勝ちし、ベスト8に進んだ。品川を倒したN学園の者は村井も面と小手で破った。山県はY大の学生と戦い、面勝負で一本を奪われて終了した。

 清二は二回戦を面二本でストレート勝ちした。次は弘中を倒した商工の者と勝負である。先に試合が進んだ二十代男子の部では副顧問がベスト8に入り、Y大学の学生と勝負した。延長に入るかと思われたが、学生が小手を決めて一本勝ちした。

 野村と世良の対決は互いにいろんな技を繰り出して気の抜けない戦いとなった。試合の終盤に世良が面勝負にかけたのを野村は見透かしたように胴を抜いた。「二本目」の掛け声と同時に時間が来た。準決勝の相手は品川と村井を倒したN学園である。

 清二の試合も激しい攻防となった。終盤に来て出小手が決まりそのまま終了することができた。次の相手はY大学の一年生である。出身高校はI高校で、前年のインターハイ予選で清二が対戦していた。胴を一本入れたが、胴二本で負けたのだが、とにかくあのときのリベンジである。

 野村は面返し胴で先行したものの、面フェイント小手を決められ、最後は面勝負をかけて出小手を決められた。清二のほうは延長までもつれて面で一本勝ちした。相手は面返し胴に来て審判の旗が面二本、胴一本に割れた。

 決勝は意外に早く決着した。合い面勝負は旗がまたしても二対一に分かれ、清二に軍配が上がった。次に相手は反時計回りに旋回して小手・面を打ってきたが、清二は小手を剣先を下げてかわし、次に面にくるところで胴を抜いた。

 十一月の新人戦で、個人は清二と野村になった。団体は弘中・野村・白川・村井・清二でスタンバイが世良と山県である。弘中と世良が微妙で、経験値や元気のよさではまだ弘中、また山県の上段も未知数というところである。

|

« 十七歳・五里霧中(3) | トップページ | 今夜は原北で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十七歳・五里霧中(3) | トップページ | 今夜は原北で »