« 駅に向かいます | トップページ | 最後に… »

2018年11月14日 (水)

十七歳・五里霧中

タイトルを変えました それまでの内容は「文化・芸術」のカテゴリーで 

 清二の学業は一学期の期末で130番と振るわなかった。山田は引退したら警察官の採用試験を目指すと公言したが、変に難易度の低い大学に行くよりもいいのではないかと進路の先生も言っていた。

 インターハイ予選の個人は山田と杉原に決まった。杉原は初戦で一本負け、山田はベスト8まで進んだが、地方大会をかけた戦いでH商工のキャプテンに突きを食らって一本負けした。

 団体は白川・村井・清二・末次・山田で、スタンバイ要員が世良と弘中で届けられた。一番最初のU高校戦は先鋒が引き分け、村井の相手は一年生で、出鼻の面と面抜き胴で二本勝ちを収めた。清二と末次は引き分け、山田が小手一本で勝って二回戦に進んだ。

 次の相手はI高校である。白川が足首を痛めたらしく、世良と交代した。その世良は小手で一本負け、村井は引き分けで戻った。ここはなんとしても追いつこうと清二は攻め崩して打つことを意識しつづけた。相手の手元が浮いたのを逃さず胴を抜いて一本勝ちした。

 末次は相手の反撃を許してしまった。試合中盤に面を食らい、取り戻しに出て小手を打たれた。最後は山田が清二と同じように攻め崩して胴を抜いたが、勝者数が並んで本数の差で敗退した。

 新チームは清二がキャプテンで白川が副キャプテン、弘中が幹事となった。八月に入ってすぐ、四・五段の審査が行われた。品川が四段挑戦できるのは次の二月だが、副顧問の稽古相手ということで連日やってきた。大学は七月中旬からクラブが休みとなっていて体をなませらない目的もあった。

 副顧問は四段に合格し、盆の前後には帰省した大学生も交えての稽古が続いた。自分の進路も少しずつ意識するようにしていたが、大学なのかあるいは高卒で警察・自衛隊・消防・刑務所に入るのか考えるようになった。実業団となると電力やJR・NTTという選択もあるよというアドバイスもあった。

|

« 駅に向かいます | トップページ | 最後に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅に向かいます | トップページ | 最後に… »