« 十五の春(3) | トップページ | 10月もオシマイ »

2018年10月31日 (水)

十五の春(4)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 合格者の初めて登校する日は終業式の二日後だった。制服の採寸や教科書の配布が行われ、午後はクラブである。Y高校の男子の制服は黒にボタン五つとオーソドックスなものだが、地域の中学の大半がジャケットにスラックスという出で立ちなので、採寸を受ける者がほとんどだった。その日の練習試合は三年生同士で、兄はキャプテン・副キャプテンに敗北、品川という三年生に一本勝ちだった。

 春休みに入って三日目には清二と一年二人、品川という対戦が組まれた。まず村井が相手である。小学校時代から何度か対戦しているが、以前は村井が上、中学からは互角だった。中学での最後の対決は団体戦で、そのときはチームの勝ちが決まった状態での大将戦、つばぜり合いから引き胴を打たれて一本負けした。初太刀は合い面となり、清二に旗が上がった。それから引き胴も浴びたが、相手が面に来るところを抜き胴に仕留めた。 

 次が弘中でこちらも小学校時代からのライバルだった。中学最後の対決は個人戦、反則二回の一本勝ちという微妙な戦いになった。広中の得意な胴が一本にならず場外に出てしまったのが二回もあった。こちらも最初は合い面で清二が制した。そのまま逃げ切るのは消極的と見られそうなので二本目は小手・面に出たらうまくかわされて胴を抜かれた。最後は山田と同じように竹刀をかついで誘われたのを小手に打ち込んで突き放した。

 品川にも立ち上がりに面を狙った。胴を抜きに来たが、自分の竹刀が先に左面を捉えていた。ヘソの上をなでるように相手の刃が走るのを感じたが、それは切れないだろうと思った。審判は三人とも面に上げていた。それから面で取り返しにきたのを出小手で沈めた。

「道場では稽古しているの?」

 着替え終わってから弘中が清二に尋ねた。

「推薦が決まってから稽古したのは中学とここだけだよ」

「入試が終わってから夜道場に行ったけど、まだ調子が戻ってないなあ。村井は?」

「俺も中学だけだよ」

 校庭の桜は二割くらい開いていた。入学式までにどこまでパワーアップできるのか。新たな競争である。

|

« 十五の春(3) | トップページ | 10月もオシマイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十五の春(3) | トップページ | 10月もオシマイ »