« まだまだ厚さが | トップページ | 東京五輪まであと二年に »

2018年7月24日 (火)

奈倉哲三・保谷徹・箱石代「戊辰戦争の新視点」吉川弘文館

奈倉先生は1940余年生まれで後見学園の名誉教授 保谷先生は1956年生まれで 東大史料編纂の教授 箱石先生はその九年後の生まれで同じところの准教授

上下に分かれていて 上は208ページ 下はそれより十ページ多いけど値段は2200円で同じです 

諸外国からは 内戦という見方なんですねぇ そして 民衆はどう見たのか 支援の側 反発する側 つまり 東西に

|

« まだまだ厚さが | トップページ | 東京五輪まであと二年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ厚さが | トップページ | 東京五輪まであと二年に »