« 今日は… | トップページ | 試合の様子です »

2018年5月 3日 (木)

運輸と経済 1998年11月号

巻頭では甲南大学の先生が サービス産業としての再生戦略 はい・・・大学と交通産業を微妙にからめて 危機感の共有ですのぉ 

座談会は 鉄道駅のパースペクティブ という題で JR北海道 東日本 西日本のかたがたと大学の先生で・・・ 札幌駅立替で時計撤去したらもう講義があったとか 東京駅にはいろんな思い入れをもつ人がいっぱいとか 駅は単なる建物ではなく 人生の節目とからんでいる 私にとっては 小倉駅かなぁ 

東アジアの都市交通 ということで灯台の家田先生 そして香港のことは 現地の大学 英国系の方かなぁ 首都機能移転というのは 福島大学の先生だけど 賛成なのか反対なのかなんとも 

海外トピックスでは 中国鉄道のスピードだけど 当時はまだ160キロまでだったようで・・・

|

« 今日は… | トップページ | 試合の様子です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は… | トップページ | 試合の様子です »