« 日本旅行 岡山・倉敷・ | トップページ | 日本旅行 呉・江田島 »

2018年5月 7日 (月)

運輸と経済 2000年3月号

巻頭で藤井先生が 少子均衡社会と交通市場という一文を 投資の問題がやはり・・・ ノックアウト義塾の経営は ブランドと卒業生の母校愛が通用する限り m9(^Д^)プギャー

150530_122352座談会は 鉄道を考える 社会文化論の視点から 人文科学の先生方によるものです ヨーロッパでの馬車が鉄道へと それで移動空間での過ごし方が問題に 貴族の人たちは 読書ということで そして現代人は ネットの世界に あと興味深かったのは 柳田邦夫が昭和初期に飛行機にのってそれで 民俗学のヒントを得たこと 当時は低空を飛んでいたし 鉄道もまた それが新幹線となってしまったら もはや ((ノ)゚ω(ヾ))

JR北海道の顧客の志向と営業展開 都市間の特急はスピードアップしたし 札幌都市圏でまぁ しかし 新千歳空港アクセスの件まで 筆が回らなかったので 別の機会があれば・・・と その機会は来ましたかな (-.-)zZ

地域レベルの都市交通研究者の生態 まっ 大学と地域とのかかわりをどうすべきが いろんな先生方が悩んで折られたんですなぁ モジモジ(。_。*)))

物流における大型トラックの役割 これは国際会場コンテナ輸送とのからみですが 日本の道路インフラは貧弱で 港と荷主企業のアクセスで苦労しているということ 通れる道が限られていて遠回りしないといけないとか コンテナの重量制限クリアのために 港で一部を積み下ろしでコストアップになっているとか (ノ_-。)

|

« 日本旅行 岡山・倉敷・ | トップページ | 日本旅行 呉・江田島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本旅行 岡山・倉敷・ | トップページ | 日本旅行 呉・江田島 »