« 運輸と経済 1996年2月号 | トップページ | 運輸と経済 1996年4月号 »

2018年4月13日 (金)

運輸と経済 1996年3月号

巻頭には 阪神大震災一年と交通という一文が 神戸高速鉄道の大開駅が復旧したのがちょうど一年だったんですねぇ (;;;´Д`)

150530_122928座談会は 鉄道を語る というもの 五人のうち三人は交通学会の先生で みんな鉄チャン やはり「好きだから」この研究分野に m9(^Д^)プギャー

あとの二人は イギリス文学の小池滋先生 生まれた場所が線路の脇で・・・ もうひとりは「鉄道ジャーナル」創業者の竹島紀元氏 国鉄に這いたかったのに・・・と ところで 竹島氏によると 当時は 鉄女はほぼ皆無 でも旅は好きという傾向が 雑誌の売り上げの四割が首都圏で 大学生から三十台が中心 部数は十五万と・・・ そして 海外の鉄道について 関心あるとないが半々とも φ(・ω・ )メモメモ

あとは旅行・観光・レジャーについての有識者 高速バスの経営課題 来日中のイギリス鉄道幹部へのインタビューに ユーロトンネルの経営危機とかが c(>ω<)ゞ

 

|

« 運輸と経済 1996年2月号 | トップページ | 運輸と経済 1996年4月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運輸と経済 1996年2月号 | トップページ | 運輸と経済 1996年4月号 »