« 早良体育館の入口に… | トップページ | 昨夜の原北稽古は など »

2017年4月21日 (金)

日本交通学会「交通学研究」60号

昨年 十月に一橋大学で行われた総会での報告の中からレフェリー審査に合格して掲載されたものが・・・ 統一テーマは 社会経済の構造変化と交通政策の展望 それに沿った講演が 人口減少時代の交通インフラ整備のあり方 

そして 自由論代として まずは 鉄道敗戦跡を利用した観光 東アジアのインバウンドと地方公共団体の海外展開 これらはローカルエリアの問題ですなぁ 

東アフリカのクロスボーダー回廊の貨物輸送 これは ケニア タンザニア ウガンダ ルワンダ ブルンジ の調査から イギリス鉄道のインフラ会社 アジアの航空ネットワーク これらはインターナショナルなテーマで 

ライスと 最近問題の高齢ドライバーとも関連するのかなぁ 注意力と交通事故の関連例  交通違反を繰り返すドライバーの特性 

そして 鉄道事業者の自身・津波対応   これは危機管理という観点

|

« 早良体育館の入口に… | トップページ | 昨夜の原北稽古は など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早良体育館の入口に… | トップページ | 昨夜の原北稽古は など »