« これは | トップページ | そして »

2015年12月27日 (日)

内山一幸「明治期の旧藩主家と社会」吉川弘文館

これもお値段は1万1000円とかなり・・・ A5版で312ページだって 

廃藩置県によって 大名は領地から切り離されたということになるのですが いえいえ縁はそう感嘆には・・・ 地元に残った家臣たちの生活支援 のために地域経済に関わり 子弟の教育ということで学校も 優秀な者を東京の大学へということだって それを福岡県の柳川 立花家を例にあげて記したそうで 

|

« これは | トップページ | そして »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは | トップページ | そして »