« 西日本新聞社の玄関 | トップページ | これは »

2015年11月30日 (月)

いつの間にか・・・

十一月最後の日に ブログの容量は 44%の半ばに差し掛かってます heart02

トルコが ロシアに 撃墜した爆撃機と 救出ヘリの乗員二人の遺体を引き渡し下そうで と思ったら クルド人の弁護士殺害事件が起きてまたまた 騒乱の火種が bomb

昨夕 福岡空港を離陸した羽田行きの 777がエンジントラブルで引き返し そして今朝は 大阪行きの プロペラ機が 車輪あがらなくなって 引き返し 二日続けてというのはねぇ coldsweats02

ヤフーのブログ もう コメントは IDがないと だめなようで となると これからのネットサーフィンも かなり見直しが必要だのぉ sleepy

|

« 西日本新聞社の玄関 | トップページ | これは »

コメント

なんかねー。すぐに遺体を引き渡せるくらいの関係なんだわー。と外国からは思われるだろうに。トルコ人て。
と、今日うちの田舎の県庁近くの病院に行ったんだけど、まあ、事故か事件かで警官がちらほらいたくらいで、あとはいつもの交通取り締まりの白バイがいるくらいで、平和でした。けれど、変なすぎて、中東の武装集団が大量に来たら、あっという間にやられそうで。やはり、難民の許可は難しいままでかまいませんよね。五千人も申請してるんだって。

投稿: エリー | 2015年12月 1日 (火) 00時00分

難民は受け入れないし その代わり 自分たちも 何があっても 列島の外には出ない 出るくらいなら 阿蘇山の火口や琵琶湖に身を投げるほうが・・・ということにします heart02

投稿: イワノブッチ | 2015年12月 1日 (火) 07時50分

日本人だって、太平洋戦争の時にかなり空襲を受けましたから。その時に難民は出てないですからね。私の家も空港の隣の村で、庭に穴掘って筵を上に被せただけの穴に家族五人が身を寄せ合って怯えてましたから。海軍のそばの村は全焼。米軍の航空写真を見た時はぞっとしましたよ。城下町も全焼で、そこに住んでいた親戚が四人引き揚げてきて、小さな家に九人も住んでたと聞いてます。父の家は大きかったので、満州からの引き揚げてきた五家族が屋根裏と倉に住んでた時期があったとか。よく助け合ったなあと思いますよ。まあ、シリアの場合は耕す場所もないし。賊が無法者だから、逃げるしかないですね。日本はまだ、秩序はありましたからね。

投稿: エリー | 2015年12月 1日 (火) 23時21分

周りが海だから 逃げようがないというのも・・・
基地の近くは確かに狙われやすい
福岡県でも 太刀洗飛行場の近くにある 西鉄の筑紫駅が機銃掃射で多数の死者を出したそうですcrying

投稿: イワノブッチ | 2015年12月 2日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西日本新聞社の玄関 | トップページ | これは »