« 久々に市立図書館へ・・・ | トップページ | 道路工事 »

2015年1月28日 (水)

全日空 2月1日から3月28日までの時刻表

福岡と羽田は 787が3往復 うち午前が胴長タイプです スカイマークと提携するならどうなるのかな

787は 羽田と伊丹も3往復 全体に西日本中心という傾向は変わりません 胴長の777は 羽田・札幌が6往復 羽田・那覇は7往復 羽田と福岡が1往復 そうそう 整備新幹線の影響となると まず 羽田と函館が5往復で一往復が777 羽田と富山は6往復で 3月24日以降 2往復が320にダウンサイズ 羽田と小松は6往復で777が2往復だけど どうなりますやら

スターフライヤーと3往復ずつコードシェアしている羽田と山口宇部は 767のままですかぁ いずれ737に・・・ 大阪と熊本は6往復で半分はプロペラ 大阪と鹿児島も6往復で全てジェット あとアイベックスとのコードシェアでは 50人乗りと70人乗りの二種類が 

国際線では 787化されているのが 成田とシアトル・サンノゼ 羽田とフランクフルト・ミュンヘン 羽田とデュッセルドルフ 羽田とバンコク・ハノイ 成田とシンガポール・ジャカルタ 羽田とジャカルタ 羽田とソウル・台北 まだ747に乗れるのは 成田とサンフランシスコ・シカゴがユナイテッド 羽田とフランクフルトはルフトハンザ 羽田とバンコクがタイ航空 成田とソウルがアシアナ  

|

« 久々に市立図書館へ・・・ | トップページ | 道路工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日空 2月1日から3月28日までの時刻表:

« 久々に市立図書館へ・・・ | トップページ | 道路工事 »