« 元日稽古 | トップページ | 元日稽古(2) »

2015年1月 3日 (土)

吉原康和「靖国神社と幕末維新の祭神たち」吉川弘文館

いろいろと話題豊富な神社 大晦日に放火されたんだって 犯人像が報道されないということは・・・さては 

まずは祭神とは何か 幕末の「国賊」 あっ 松陰先生も 幕府から見れば テロリスト だよねぇ  だけど勝てば官軍で 幕末の祭神は2900柱 最多が 水戸藩なんだって これはビックリ・・・

そうなつたのは 水戸天狗党を加えたからのようで そして 東京招魂社として創建されたのが靖国の前身になるわけだけど これを主導したのは長州藩 となると ビーバー総理が こだわるのも 

去年七月に新刊として出ました 228ページで 2300円 これ 本体価格ですよね

|

« 元日稽古 | トップページ | 元日稽古(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉原康和「靖国神社と幕末維新の祭神たち」吉川弘文館:

« 元日稽古 | トップページ | 元日稽古(2) »