« 佐道明広「自衛隊史論」吉川弘文館 | トップページ | 色々な出来事が・・・ »

2015年1月 7日 (水)

拝殿への列が

拝殿の
山門の外 この写真から後方に50mくらいまで連なっていました そこまでしてど真ん中にこだわる必要もないから 右に回り込んで 大日本帝国の5銭コインを ((w´ω`w))

|

« 佐道明広「自衛隊史論」吉川弘文館 | トップページ | 色々な出来事が・・・ »

コメント

懐かしいなあ。
私が行ったときは冬眠から目覚めたばかりの主様(大きな青大将)が手前の池に股がってましたよー。

一応私の本家の古い墓(ほうきょういんとう)が室町後期で、日本姓氏事典だと、鎌倉くらい?までは太宰府の役人やってたらしいので。私の名字はそこで途切れてます。我が家の言い伝えだと、本家は太宰府にあってお参りの時は挨拶してたらしい。いつの時代だろ?

近くのお宮は(といっても江戸時代はうちの藩で一番の格でした。)太宰府の神官の分家です。太宰府の神官とおんなじ名字。今でも付き合いあるそうです。

九州の学芸員は私とおんなじ名字の人がたまにいて、良い人らしいです。まだ会ったことないけど。

投稿: エリー | 2015年1月 8日 (木) 23時39分

ご先祖さま 大宰府ですかぁ
九州の学芸員の方も たぶん・・・

投稿: イワノブッチ | 2015年1月 9日 (金) 08時26分

日本姓氏事典だと、藤原純友の征伐のために、朝廷の命を受けて海グンを指揮して博多湾で撃退したそうです。
朝廷に使える前は、後漢の霊帝のひ孫が兵庫に落ち延びたそうですよ。中国人が元の先祖らしい。天皇に役職を与えられたそうなので、技術力を持ってたのでしょうね。そんなわけで、中国に関心あるし、天皇家はご恩がある家です。

投稿: エリー | 2015年1月10日 (土) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝殿への列が:

« 佐道明広「自衛隊史論」吉川弘文館 | トップページ | 色々な出来事が・・・ »