« 鉄道模型の | トップページ | 構内見学ルートに »

2014年10月 7日 (火)

運輸と経済 82年4月号

まず 世界・日本・国鉄 という論稿 国鉄の人が書いたんだけど 当時の高木総裁が「日本は今、皆、平和だと思っているが、ほんとうは国際的には戦時下みたいなものだ」と述べたことを紹介してます 確かに・・・ そして海外技術協力の話を 

都市モノレール等の導入計画 これれは日本モノレール協会の方が 北九州を皮切りに 岐阜 那覇 熊本 千葉 大阪 長崎 東京の多摩 川口と浦和で検討されたんだけど 実現したのは・・・ それと福岡の七隈線はガイドウェイ これは新交通システムのようで 小倉のモノレール 計画時の駅名は今とほぼ同じだけど 桜橋が徳力嵐山口 志井車庫前が企救丘という具合に

全日空の広報室が 767の解説を そして山田俊明という高校教員が中国の交通に関する文献紹介 この方今は何を・・・ 1980年度の輸送機関分担率は 旅客は鉄道が60%で航空が2%弱 貨物は鉄道が47%で水運が42%だって 

|

« 鉄道模型の | トップページ | 構内見学ルートに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運輸と経済 82年4月号:

« 鉄道模型の | トップページ | 構内見学ルートに »