« 木の葉モールの | トップページ | ソーラー発電の状況 »

2014年7月 1日 (火)

安田佳代「国際政治のなかの国際保健事業」ミネルヴァ書房

四月に刊行 A5判 320ページ 本体6000円 

著者は1981年 広島県生まれ 灯台で博士を取り 今は関西外国語学部の選任講師です

序章 国際政治研究からみた国際保健事業 第一章 国際保健協力の歴史的系譜 第二章 東アジアでの事業展開と国際関係 1925から38年 第三章 伝染病の撲滅から「ポジティブ・ヘルス」へ 

第四章 テクノクラートたちの戦後構想 1943年 第五章 国際連盟保健機関から世界保健機関へ 1943から45年 第六章 世界保健機関の設立と初期の活動 1945から46年 第七章 戦後初期東アジアにおける国際保健事業 1946から53年 終章 国際政治のなかの国際保健事業 

|

« 木の葉モールの | トップページ | ソーラー発電の状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安田佳代「国際政治のなかの国際保健事業」ミネルヴァ書房:

« 木の葉モールの | トップページ | ソーラー発電の状況 »