« 777とA330は | トップページ | 二番スポットに入りました »

2014年6月25日 (水)

和田守編著 「日米における政教分離と『良心の自由』」ミネルヴァ書房

今年三月の刊行 A5判328ページ 本体は6000円

和田先生は1940年生まれ 東京教育大学の博士課程を出て 山形大 静岡大 大東文化大と渡り歩きました  

序章 政教分離と信教の自由をめぐって 第一章 アメリカ植民地時代の宗教と政治 第二章 初期アメリカにおける政教分離 第三章 神話と現実 第四章 近代日本における政教分離

第五章 アメリカのクリスマス  第六章 アメリカの移民政策とWASP

第七章 天皇制国家と信教の自由  第八章 「宗教と政治」の現在

第九章 カナダに独自な政教分離の試み  第十章 戦後日本の政教分離と靖国問題

|

« 777とA330は | トップページ | 二番スポットに入りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田守編著 「日米における政教分離と『良心の自由』」ミネルヴァ書房:

« 777とA330は | トップページ | 二番スポットに入りました »