« 東日本大震災(2446) | トップページ | 原北稽古(234) »

2014年6月26日 (木)

カール・ポパー「社会と政治」ミネルヴァ書房

今年五月に刊行 A5版 360ページ 本体4200円

カール・ポパーという人は「開かれた社会」の著者で冷戦に関する考察をしていたそうで・・・ ちなみに監訳で三名の方が 皆さん京都大と大阪市立大にゆかりが 

第一部 オーストリアの思いで 第二部 ニュージーランドでの交誼 第三部 「開かれた社会」について 第四部 冷戦とその後 ハイエクに を出してたりして・・・

|

« 東日本大震災(2446) | トップページ | 原北稽古(234) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カール・ポパー「社会と政治」ミネルヴァ書房:

« 東日本大震災(2446) | トップページ | 原北稽古(234) »