« 東日本大震災(2416) | トップページ | 増税から八週間 »

2014年5月26日 (月)

加藤久雄講演録

これも北九州市立大学の法政論集〔平成二十六年二月 四十一巻〕から

加藤先生は高校まで に没頭 慶応義塾に進んで 博士号は大阪大学で 滝川先生のご長男に指導を仰いだとかで 滝川刑法の信者に・・・ 

ロンブローゾがらみの研究もされていたそうで しかしドイツ留学では 遺伝学的手法というのは不興だったとか 

ドイツで幼女殺害事件をきっかけにロリコンを社会から隔離する政策がなんとまぁ ヨーロッパ人権条約違反になるとかで しかし死刑もないとなったら なんかヨーロッパって変 

死刑に関しては「安上がりの刑事政策」と批判されています 人の命を奪った者は自分の命で償えという 社会の意識に抵抗するのが法学者の使命だって  

法学部への志願者が  という傾向は悲しい とも それで法律を学ぶ者は 「哲学」そして「語学」も と仰せです 

|

« 東日本大震災(2416) | トップページ | 増税から八週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加藤久雄講演録:

« 東日本大震災(2416) | トップページ | 増税から八週間 »