« 絶滅危惧種 | トップページ | 少しずつ厚さが・・・ »

2014年5月24日 (土)

超高齢コミュニティにおける買い物弱者

北九州市立大学の法政論集〔平成二十四年十二月 四十巻〕からです 英語表記では Research on the Food Problem in Super-aged Communities: 北九州市の門司区を対象としています 門司区も海峡に面した部分は急な斜面に住宅地が張り付いた感じで・・・

生鮮食品やその他の食品        を買う場所は スーパーが主体で 距離的には一キロ以内 移動時間は十分未満が一番多くなっていますが 徒歩圏外というのも・・・

移動手段は か  バスはまだ何とか利便性は保っているものの 将来的には マイカーは高齢者が運転できなくなるし そうなるとどうするかという課題が出てきます 今のところは 親族とか近隣住民による手助けがありますが

|

« 絶滅危惧種 | トップページ | 少しずつ厚さが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超高齢コミュニティにおける買い物弱者:

« 絶滅危惧種 | トップページ | 少しずつ厚さが・・・ »