« 下流のほうは | トップページ | 川を »

2014年4月15日 (火)

交通学研究57号 安心・安全のための物流施策

発表は 東京海洋大学の苦瀬博仁先生 災害時の緊急物資に関するものです

東日本大震災では 津波による被害により 備蓄・在庫がゼロの状態になった 平時における無在庫はコスト削減を追及したものだが リスク増加のもとになった

緊急時に必要な対策としては 限定した超法規的な措置 例えば 道路交通法ではトラックの荷台に人を乗せるのは違反だが 非常時ならば・・・

トリーアージの応用 被災者の年齢 距離 症状に応じた配分の優先順位 救援物資のプッシュ化とセット化 これは必要物資の想定 最低限必要なものをまとめて 

|

« 下流のほうは | トップページ | 川を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通学研究57号 安心・安全のための物流施策:

« 下流のほうは | トップページ | 川を »