« 中庭から | トップページ | 地下に »

2014年1月 4日 (土)

大山耕輔・笠原英彦・桑原英明「公共政策の歴史と理論」ミネルヴァ書房

大山先生と笠原先生はノックアウト義塾 桑原先生は中京大です 328ページで本体2800円

これも三部構成 第一部の第一章が公共政策の歴史と理論とは何か? 第二章 戦後行財政改革の歴史と理論 

第二部は 第一章 医療政策の形成と展開 第二章 警察行政の形成と展開 第三章 環境政策の形成と展開 第四章 消防・防災政策の形成と展開 ここでは阪神大震災と東日本大震災が 第五章は 自治・文献政策の形成と展開 第六章 宗教政策の形成と展開 

第三部は 第一章が 討議民主主義理論と公共政策 第二章 不確実性の政策家庭モデル 第三章 歴史的新制度論 第四章 政策アイデアのモデル 第五章 政策評価論 第六章 政策転換論 第七章 政策移転の諸理論 ふぅぅ

|

« 中庭から | トップページ | 地下に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山耕輔・笠原英彦・桑原英明「公共政策の歴史と理論」ミネルヴァ書房:

« 中庭から | トップページ | 地下に »