« よかとピア通り | トップページ | 福岡市博物館 »

2014年1月17日 (金)

死して朽ちず〔11〕

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 一週間過ぎて新年二回目の会見の発表事項は、上京してキャロライン・ケネディ大使に面会して要望したことだった。

「まだ本県にお越しになる予定は決まっていませんが、米軍岩国基地の慰問、広島訪問のついでにという形で訪問いただきたいと話をしました。また、岩国の中高生だけでなく、本県全体でのアメリカへのホームステイや英語講師の派遣ということもお願いしております」

「ケネディ大統領の就任演説にあった Ask not what country can do for you, ask what you can do for your country. は松陰先生の 私を使して公に資するを大人とし 公を使して私に資するを小人とする と共通点があるということも申し上げました。本県にはザビエルの教会もあり、ぜひご来訪いただきたいということを伝えました」

 さらに知事の資産公開ということで資料が渡された。土地や不動産はなく、定期性の預金が100万円程度、あとは流動性の高い普通預金や外貨預金でドル・ユーロ・ポンドにタイのバーツまであるということだった。ゴルフはやらない。国産の普通乗用車はT社のセダンだが、H府に工場のあるM社でないといけないかなと彼は苦笑した。株はなく、それは関係業界を持つのはとんでもないことである。しかし、Q電力の社債200万円というのは質問に出た。

「それはですね。私の妹がQ電力に十年ほど勤めさせていただいていました」

「今は退職しているのですか」

「はい。職場で年下の、鹿児島県出身の優秀な男を捕まえて、あっ、捕まえるは人聞き悪いですね。ご縁ができて・・・ということで」

 それでは電力会社の立場にとても理解があるということにみられる可能性が高まった。次の質問はK関にC電力が原発を作るための埋め立てを申請していることに移った。それは前知事が棚上げにしたもので彼が踏襲するか改めて確認というつもりである。

|

« よかとピア通り | トップページ | 福岡市博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死して朽ちず〔11〕:

« よかとピア通り | トップページ | 福岡市博物館 »