« 航空宇宙実験棟 | トップページ | 武道場の »

2013年12月10日 (火)

藤本剛康編著「アメリカ政治経済論」ミネルヴァ書房

藤本先生は和歌山大学 268ページで本体価格は3400円です 

第一章 国内経済情勢 バブルのことを 第二章 対外経済関係 世界金融危機です 第三章は 産業構造の変化 から 雇用構造の変化 所得格差によるミドルクラスの崩壊

第五章 政治システム 小浜政権成立について 第六章 財政政策 赤字の問題ですね 第七章は 社会政策 医療保険のことが 第八章は エネルギー政策 代給しようが 金融政策 

第十章は ポスト冷戦期の外交・安全保障政策 栗きんとん ブッシュを 第十一章 小浜政権の外交政策 第十二章 変化する米中関係 第十三章 対外経済政策  

|

« 航空宇宙実験棟 | トップページ | 武道場の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤本剛康編著「アメリカ政治経済論」ミネルヴァ書房:

« 航空宇宙実験棟 | トップページ | 武道場の »