« 東日本大震災(2220) | トップページ | その先へ飛ぶこと〔65〕 »

2013年12月12日 (木)

浅野亮・川井悟編著「概説 近現代中国政治史」ミネルヴァ書房

浅野先生は同志社 川井先生はプール学院 456ページで本体3800円 

第一章 清朝後期から民国期まで なんと1830年まで遡って 1937年まで 第二章 抗日戦争期 これは1931年から45年 

第三章 中華人民共和国から改革開放まで 45年から81年となってます 第四章 改革開放から建国60周年まで これは82年から2010年にかけて 

第五章 近現代中国における交通・通信制度の形成 これは1840年まで遡って 第六章 国家アイデンティティと国民国家形成 

第七章 国旗・国徽・国歌 第八章 外国政治思想と国歌アイデンティティ これは日清戦争や辛亥革命 第九章 20世紀中国政治と「革命」 第十章 現代中国の政治・社会変動 戸籍のことです 第十一章 党・政・軍三位一体の「統治構造」 これは毛沢東以降 

|

« 東日本大震災(2220) | トップページ | その先へ飛ぶこと〔65〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅野亮・川井悟編著「概説 近現代中国政治史」ミネルヴァ書房:

« 東日本大震災(2220) | トップページ | その先へ飛ぶこと〔65〕 »