« 東日本大震災(2190) | トップページ | わたせせいぞうの世界 みたいな »

2013年11月18日 (月)

松下○「グローバル・サウスにおける重層的ガバナンス構築」ミネルヴァ書房

○はにすいに列 明治大学の博士を単位取得退学して 立命館で 356ページ 本体7000円 

序章で 新自由主義を超えるために 第一章 グローバル化とリージョナル 第二章 リージョナリズムと国家 第三章 リージョナリズムとガバナンス 

第四章 ローカルな民主的ガバナンスと参加型ガバナンス 第五章 ブラジルにおける社会運動と労働運動の交差 第六章 ブラジルにおけるローカル・ガバナンス構築の実験 

第七章 ケーララにおける「政治社会・市民社会」関係の変容 ケーララって何じゃ 第八章 インド・ケーララの民主的ローカルガバナンス 第九章 参加型ローカルガバナンスが提起する挑戦と課題 第十章 動揺する人間の安全保障   

|

« 東日本大震災(2190) | トップページ | わたせせいぞうの世界 みたいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松下○「グローバル・サウスにおける重層的ガバナンス構築」ミネルヴァ書房:

« 東日本大震災(2190) | トップページ | わたせせいぞうの世界 みたいな »