« 東日本大震災(2199) | トップページ | ジャスコ伊都です »

2013年11月25日 (月)

室崎益輝・幸田雅治編著「市町村合併による防災力空洞化」ミネルヴァ書房

平成の大合併が 防災力の低下をもたらしたという 視点で初めての研究だそうな・・・ 250頁で 3500円 今年八月の発刊

東日本大震災における市町村再編災害 自治体の合併と防災対策の動向 市町村合併による震災対応力への影響 市町村合併と災害対応 復旧・復興財政支援と被災合併自治体

防災の限定としての自治と連携 地域・自治概念の再検討 原発災害市町村はどのように行動したか 平成大合併と地域コミュニティのゆくえ 

そっそういえば 今年の災害も 萩の被災 あれ 旧須佐町となるんだよなぁ

|

« 東日本大震災(2199) | トップページ | ジャスコ伊都です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室崎益輝・幸田雅治編著「市町村合併による防災力空洞化」ミネルヴァ書房:

« 東日本大震災(2199) | トップページ | ジャスコ伊都です »