« 地下鉄橋本駅です | トップページ | 橋本の歩道橋から »

2013年11月15日 (金)

藤田和子・松下○編著「新自由主義に揺れるグローバル・サウス」ミネルヴァ書房

藤田先生は 宇都宮大学名誉教授 松下先生〔○は にすいに列〕は立命館 408ページで 本体5000円 

序 グローバル・サウスを見るひとつの視点 第一章 自由主義帝国の過去と現在 イラク戦争に関連してです 第二章 アメリカの対外経済関係とNAFTA 第三章 欧州通貨統合と旧フランス領アフリカ植民地の包摂 

第四章 アセアン諸国における国家 社会関係 第五章 グローバル化と中国の「社会主義市場経済」 第六章 グローバル・サウスにおけるガバナンス運動 民主主義と社会運動の視点からだって 

第七章 変貌するラテンアメリカ 第八章 ベネズエラのチャベス運動における四大潮流と二大社会計画 第九章 ブラジル左派政権下の地域開発 第十章 メキシコとサハラ以南のアフリカにおける構造改革 

第十一章 「ジャスミン革命」とアラブ世界 第十二章 カナダとアフリカにおけるグローバル市民社会 第十三章 中国のアフリカ援助 第十四章 韓米FTAにおける経済外的要因 第十五章 フィリピンの民主化と地方分権 

第十六章 アメリカ領グアムにおける蜜柑の脱植民地化 第十七章 南ア・イラク・ネパール民主化にんける憲法制定の課題 第十八章 世界金融経済危機と発展途上国間通貨金融協力 

第十九章 「帝国」から地球人手当てのある世界市場社会へ 第二十章 戦後日刊関係と市民社会の課題 百年の葛藤を超えて・・・だけど 無効は1000年立っても恨み続けると言っているから はっきり言って無駄

|

« 地下鉄橋本駅です | トップページ | 橋本の歩道橋から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤田和子・松下○編著「新自由主義に揺れるグローバル・サウス」ミネルヴァ書房:

« 地下鉄橋本駅です | トップページ | 橋本の歩道橋から »