« 原北稽古〔207〕 | トップページ | 四箇田団地の »

2013年11月29日 (金)

白井利明・高橋一郎「よくわかる卒論の書き方」ミネルヴァ書房

二百二十四ページで 本体価格は二千五百円です まず卒論とレポートの違い 何枚くらいとか 不合格になることとか これはシラバスからの転用かにゃ 年間計画に 指導教員との付き合い方も

それで まずゼミ選び そしてここでも批判的な読み方 議論の仕方とか 共同研究の進め方とか 人にやらせて 自分は とかとか してませんよね お二人とも・・・

論文の書き方では 引用の仕方 引用文献の書き方に並べ方 専門用語の定義の仕方 事実と意見の分け方 注と見出しのつけ方 そして パソコンは ワードとエクセルね 

文献の集め方 図書館に 新聞記事はあるけど でインターネットは触れてませんなぁ そして調査に関しては 質問紙 インタビュー フィールド 実験など 面接の受け方で 質疑応答が 結びがヤッパリ 大学院ね

|

« 原北稽古〔207〕 | トップページ | 四箇田団地の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白井利明・高橋一郎「よくわかる卒論の書き方」ミネルヴァ書房:

« 原北稽古〔207〕 | トップページ | 四箇田団地の »