« 平井駅の南にある商店街 | トップページ | 小倉高校の新体育館 »

2013年10月17日 (木)

市川顕・稲垣文昭・奥田敦「体制転換とガバナンス」ミネルヴァ書房

市川先生は関学 稲垣先生は高崎商科 奥田先生はノックアウト義塾 二百四十ページで本体価格は3500円 

第一勝が 体制の収斂か? 第二章 中東欧の体制転換とEU拡大 大山椒 体制転換と欧州か 第四章 ロシアにおける体制転換 第五章 転回する中央アジア空間 第六所 ラテンアメリカにおける民主化以後の市民の政治 第七章 生き延びた中国共産党 大発祥 ガバナンスと宗教 

|

« 平井駅の南にある商店街 | トップページ | 小倉高校の新体育館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市川顕・稲垣文昭・奥田敦「体制転換とガバナンス」ミネルヴァ書房:

« 平井駅の南にある商店街 | トップページ | 小倉高校の新体育館 »