« 響灘上空から | トップページ | 横に長いのが洞海湾です »

2013年10月11日 (金)

内田孟男編著「国際機構論」ミネルヴァ書房

内田氏は国際基督教大学を出て 国連にかかわっていたそうで・・・これはテキストなのかな 332ページで本体価格3200円

第一部が国際機構の発展と課題 国連の歴史的背景と目的・減速・組織 国連システムの製作決定過程 国連の財政 二十一性器に向けた国連改革 さて 誤字はどれでしょう

第二部が21世紀における国連システムの役割と挑戦 国際の平和と安全保障 国連システムと開発 人権、法の支配 ジェンダーと国連 文化・知的国際協力 

第三部がグローバル・ガバナンスにおける国連システム 地域機構との強力 加盟国の国連政策とIMF体制への対応 国連のパートナーシップ 国連事務総長と事務局の任務 という具合

|

« 響灘上空から | トップページ | 横に長いのが洞海湾です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内田孟男編著「国際機構論」ミネルヴァ書房:

« 響灘上空から | トップページ | 横に長いのが洞海湾です »