« 東海道本線の根府川駅 | トップページ | 根府川鉄橋の »

2013年10月21日 (月)

押村高・小久保康之編著「EU・西欧」ミネルヴァ書房

押村先生は早稲田 小久保先生は 東洋英和女学院 二百五十二ページで本体価格3200円 政治学のテキストということで

第一章 リスボン条約の制定と欧州ガバナンス 第二章 EU拡大のダイナミズム 第三章 ヨーロッパ政治統合 第四章 EUのテロ対策 

第五章 政府に対する監視とコントロール イギリス労働党政権下の議会、政権党、司法の役割 第六章 ブレア政権の対外政策 第七章 シラクからサルコジへ 第八章 ドイツ連邦国家の未来 第九章 シュレッダー政権の評価とメルケル政権の動向 

|

« 東海道本線の根府川駅 | トップページ | 根府川鉄橋の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押村高・小久保康之編著「EU・西欧」ミネルヴァ書房:

« 東海道本線の根府川駅 | トップページ | 根府川鉄橋の »