« 東日本大震災(2163) | トップページ | 武蔵・小次郎まつりでは »

2013年10月28日 (月)

城山三郎「男子の本懐」新潮文庫

タイトルは 浜口雄幸総理が東京駅で右翼のテロリストに銃撃されたときに発した言葉です ゴルゴみたいな腕前だと眉間に穴開けられて一言もでしょうけど・・・頭って意外に当てにくいのよねぇ 胴体のほうが

東大のまで 車で搬送される間に 段々危ない状態に 一命はとりとめたけど 野党から無理やり国会で答弁に立たされて それで容態悪化してお亡くなりに ビーバー総理は恵まれてますよぉ 国会会期中なのにトルコ訪問できて

この小説は副主人公がいて 井上準之助 日銀総裁になったわけですが 浜口に続いて暗殺されてしまいました 今は本当に殺さないで暗殺と同じ効果も ブラックライスフィールド相殺が政府の言うこと聞かなくなったら 中学生の職場体験を実施して 女子生徒一人だけ総裁室に 服装が乱れてシクシク泣いて出てきましたぁ というミッション

|

« 東日本大震災(2163) | トップページ | 武蔵・小次郎まつりでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山三郎「男子の本懐」新潮文庫:

« 東日本大震災(2163) | トップページ | 武蔵・小次郎まつりでは »