« マタ豪雨で被害が・・・ | トップページ | 吉川弘文館「情報覇権と帝国日本」全二巻 »

2013年8月26日 (月)

祖父の遺品

祖父の遺品
昭和18年2月から敗戦のときまで 川西航空機に勤めていました 採用時に四十六歳 なので航空機の組み立てとかではなく 福利厚生関係の事務 給与明細をみると 最初は月75円 最後に残っている昭和20年7月には 105円でした ちなみに住んでいた場所は西宮市の甲子園口 (*^.^*)

|

« マタ豪雨で被害が・・・ | トップページ | 吉川弘文館「情報覇権と帝国日本」全二巻 »

コメント

ちょうど出征を免れた年代だったんですね。
私の祖父は三十代だったので、出征しました。
西宮は、空襲とかの被害はどうだったんだろ?
小倉はやられましたよね。
原爆は小倉の代わりに広島に落とされたとかいう噂今でもあるけど。

投稿: ミッチ | 2013年8月26日 (月) 16時13分

それなりに被害は受けていると思います
阪急電車は 淀川の鉄橋の上で丸焼けになってますし・・・
小倉は無傷で 八幡が酷かったです 製鉄所があったから
米軍の 原爆投下優先順位は 広島・小倉・長崎・新潟 なので 身代わりになったのは長崎です

投稿: イワノブッチ | 2013年8月26日 (月) 17時17分

立派なお祖父様ですね。

投稿: ミッチ | 2013年8月27日 (火) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祖父の遺品:

« マタ豪雨で被害が・・・ | トップページ | 吉川弘文館「情報覇権と帝国日本」全二巻 »