« 東日本大震災(2079) | トップページ | 東日本大震災(2080) »

2013年8月25日 (日)

吉川弘文館 人をあるく シリーズの続き

武田信玄と甲斐 上杉謙信と越後 北条氏と小田原城 織田信長と安土城 豊臣秀吉と大坂城 徳川家康と関が原の戦い 長宗我部元親と四国 真田氏三代と信濃・大坂の合戦 伊達政宗と仙台 

宮本武蔵と九州って 小倉と熊本どっちにウェイトあるのかな? 赤穂浪士と吉良邸討ち入り 徳川吉宗と江戸城 植え過ぎ鷹山と米沢 松尾芭蕉と置くの細道 歌川広重と江戸の名所 三遊亭円朝と江戸落語 さて 間違いはどこにあるでしょう

高杉晋作と長州 これは一坂太郎氏の担当 西郷隆盛と薩摩 勝海舟と江戸東京でオシマイ 百五十年後 アンダーブリッジ&オーサカ なんて出版されるのかなぁ 

|

« 東日本大震災(2079) | トップページ | 東日本大震災(2080) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉川弘文館 人をあるく シリーズの続き:

« 東日本大震災(2079) | トップページ | 東日本大震災(2080) »