« 東日本大震災(2062) | トップページ | 森靖夫「永田鉄山」ミネルヴァ書房 »

2013年8月12日 (月)

JAL123便事故から28年 他

六・九そして十五と慰霊の日が続くけど・・・ヤッパリ歴史上の出来事なのよねぇ それに対して この事故は 仕事でよく飛行機を利用していた頃は 表向きの理由として 客室乗務員の平均年齢ということで マイレージも「穴」でしか しかしネットのニュース見ていると 高齢ドライバーの車は JALより怖いかも

「穴」の 8月1から10日は 696フライトで 遅延2 少しよくなったかな この十日間は盆で子供連れの乗客が多いから・・・

の被害 山口の道路通行止めは三箇所に 秋田は住宅の全壊5 床上浸水238 床下浸水371

今日の ソーラーは 1万5248kwh 風は1万6637kwh どちらかというと風力のパフォーマンスが大幅に

|

« 東日本大震災(2062) | トップページ | 森靖夫「永田鉄山」ミネルヴァ書房 »

コメント

123便の本当に墜落原因、アメリカ軍誤射という
実しやかな話が今もってささやかれていますが
実際はどうなんでしょう・・・

投稿: な~が | 2013年8月13日 (火) 23時16分

なーがさんの読んだ噂の元は、右翼では?
在日崩壊ニュースとか。右だか左だかよくわかんない類ですよね。
プルトニウムの怖さはいまの福島ですから。
そんなもの打ち緒としたら長野県吹っ飛びますよ。
ほんのわずかのウランご含まれたミサイルですら、イラクがああなりましたからね。
日本に輸入されたフランスからの廃棄物プルトニウムは船か陸路でないと運搬は不可能です。
とある県に運ばれたプルトニウム原料も、夜中の搬送で陸路だったと聞きましたよ。たしか現場でプルトニウムを取り出すシステムと聞いてます。
それに、情報元が不明。
対して回収されたフライトレコーダーは、偽造はできないでしょう。記録を分析して、資料に半永久的に歴史資料として残してる仕事なので。そこはわかります。
そもそも、日本の核開発をさせないための太平洋戦争だったんですから。
アメリカが許さないはずですし。情報統制は完璧。
噂から、反米に誘導したい輩は、日本はわんさかいます。
残念ながら、中国が今のままだと、アメリカとの関係を悪くさせようと思う純粋な日本人はいないと思いますが。

はてさて、前の政権は?ですもんね。
お盆なので、このくらいは、ご愛敬にさせてくたさい。

投稿: ミッチ | 2013年8月14日 (水) 00時16分

圧力隔壁の破損で垂直尾翼が本当に吹き飛ぶのか?
何かが当たって外れたのでは?
色々と言われてますね
JALも 国鉄と同じように 大手術が必要だったから・・・ そのためには 事故でも起こしてくれたほうが というような・・・ 検閲により削除

投稿: イワノブッチ | 2013年8月14日 (水) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL123便事故から28年 他:

« 東日本大震災(2062) | トップページ | 森靖夫「永田鉄山」ミネルヴァ書房 »