« 原北稽古(190) | トップページ | 東日本大震災(2026) »

2013年7月19日 (金)

吉村昭「零式戦闘機」新潮文庫

いわゆる ゼロファイターについては それこそ多くの書が・・・ 吉村氏は他に「戦艦武蔵」というのも書いておられます

ええっと なるのが 三菱名古屋製作所から 最寄の各務ヶ原飛行場まで 四十八キロを一日かけて 車で運ぶ あのぉ 飛行機を作る工場にどうして滑走路がないんだろ と突っ込みたくなりますわなぁ

そういえば 787の翼は三菱で作られて シアトルのボーイング工場まで運ぶんだけど 747の胴体後部が横にパカッと開く特別仕様を使っているそうです ん?問題は工場から中部国際空港の間はどうやって運んでいるのかぃ 

昭和十九年の十二月には 名古屋を大地震が襲い さらに米軍の空襲と この作品を書こうとした背景には 吉村氏と同年代の学徒動員された人たちのことを取り上げるということだったようで 

|

« 原北稽古(190) | トップページ | 東日本大震災(2026) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉村昭「零式戦闘機」新潮文庫:

« 原北稽古(190) | トップページ | 東日本大震災(2026) »